アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏だし遊ばNITE!
2009-08-11-Tue  CATEGORY: 未分類
昨日は新木場ageHaにて夜間クラブ活動w

お目当てはDJ ystkですが、DEXPISTOLSやRYUKYU DISKOもいい☆

やっと慣れたイカついセキュリティのお兄ちゃん達のボディチェックを
受けてクラブ内へ。月曜だというのにぱーてーぴーぽーの多い事w

とりあえずメインステージの最前列に陣取って始まりを待つ。

まずはDJ4thこと岡田義徳さんのプレイ。

彼は俳優ってイメージが強いけどいい感じ。かっこいいしね。そういや
彼はアミューズ所属w

Black Eyed Peasがかかって岡田さんも観客もノリまくってる中、何人か
仁王立ちしてステージを見つめる男性の姿がちらほら。まぁ楽しみ方は
ひとそれぞれ。

と、思っていたけれど約30分後にその謎が判明。

岡田さんのプレイが終ると同時に一部のお客さんが最前列に殺到!

なんだ~??と思っているとMEGの登場!

自分があんまりMEG聴かないもんで自覚してなかったんですが、仁王立ちMENS
の皆さん、みんなMEGのファンだったんですねw

恐ろしい密度の中でMEGを鑑賞。いや~近くで見るとかわいいっすねぇ☆

あんまり曲知らないんですけど、「MAGIC」、「甘い贅沢」、「HEART」はわかった。
「SUPER SONIC」はやったような??

前後をMEGみたいなかっこした女子に囲まれつつ思っていたのは…、

「この距離でPerfume観られたらいいのになぁ♪」でしたwwかなり失礼。

DEXPISTOLS、RYUKYU DISKOのプレイを楽しんだ後の27時過ぎ…、

いよいよ神ystk登場!

いや~、近くでみるとキレイな顔してますよね~。

開始直後にいきなり「FLASH BACK」!!

これで一気に会場のボルテージは最高潮になり、腹に来る重低音を響かせた
後、聴きなれたメロディがバックに入り込み始める。

Perfumeのどれかやってくれるんじゃないかな~と思ってましたがやってくれました!

しかも「edge」!!

残念ながら「⊿mix」ではなかったのですがクラブのスピーカーで聴くedgeは堪らない♪

その後、「more! more! more!」や「JUMPER」も聴けて最高にいいステージでした。
後半はystk氏完全に酔っぱらっておりましたがw

こんな遊び、当然毎日はできないし、したいとも思いません。でもたまに思いっきり
やるのはいいですね。何故か遊んでると仕事のことが気になってあれやんなきゃ
これやんなきゃって考えちゃうんですけど。

遊んだ分しっかり仕事もせにゃあ!

じゃないとニシエヒガシエPerfume遠征ができないw

追記

かずさん、本当に短い時間でしたけどお会いできてよかったです。
次はクラブ以外の場所で是非w

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
思い出す「⊿」
2009-07-12-Sun  CATEGORY: 未分類
CDTV恋人にしたいアーティスト、またしてものっちのみランクイン。
10位でした。前回よりちょっと落ちたかな。1位はYUIでした。

恋人に…、ちょっと若すぎるよね~。妹ってのも離れすぎ。
部下か、数代後の後輩ならギリかな。


「⊿」相変わらずヘビーローテーション。

四の五の言わずに聴けばいいのだけど、感触の変遷を書き留めて
おこうかと。毎回印象がかわるからねぇ。

何か色々思い出す。

あの頃はそんなに気入れて聴いてなかったのになぁ。

今聴くといいなぁと思う。Perfumeのせいなのかはわからん。


⇒ Virtual Insanity
⇒ YUMEGIWA LAST BOY 

この時代にもすごく好きになれたであろう人達いっぱいいたんだ
よなぁ。

知らないとか、気を入れてきかないと本当に素通りしちゃうねぇ。
もったいない。

だからPerfume、出会えて本当に嬉しい。


出会えない内に形を変えた存在になってしまう方もいる。でもこの人の
作品はきっと100年残る。いやもっとだ。


トラックバック0 コメント4
Mステ
2009-07-11-Sat  CATEGORY: 未分類
出ましたね。「I still love U」、どうやって踊るんかなぁと思って
おりましたが、あの音飛び?部分の振りは秀逸ですね。

番組サイズのショートバージョンで少し戸惑う場面もありました
が良い感じです。LIVE、楽しみだぁ。

 ⇒ Mステ(090710)
 ⇒ Mステ-ISLUのみ
 ⇒ Perfume LOCKS!(090709)

さてさて、寸暇を惜しんで「⊿」をローテーション中です。みなさんも
きっとそうなのでしょうw

Take offから願いまで、流れを大事に通して聴くのが一番気持ちいい♪
既出の曲から新曲へ繋いでそこからさらにギアが上がる様な感じ。

個々の曲はもっと聴きこんでからなんか書きたい気分です。


それとは別になんだか、この「⊿」から更にPerfumeが身近になった
気がします。一連の騒動もちょっと影響してるのかもしれないけれど、
自分は今までPerfumeをどっか偶像視していた気がしてます。

アイドルという語そのままに。

曲の硬質で冷やかな響きも手伝って、どこか超然とした遠くに在りて
感じるもの、というスタンスで見ていた。性差を超越してPerfumeという
もの、として認識していた。
3人が喋っているのを見たり聞いたりしている時はまた別の感覚で見て
いたけれど、ことPerfumeとしてパフォーマンスする時にはそういう感覚
があった。

今、Perfumeはさらに3人に近づいている気がする。エフェクトが更に強
くかかって、capsuleを彷彿とさせるような楽曲があるにはあるけど、今まで
より確実に3人に近い。

Perfumeから、「オンナノコ」の香りがする。
トラックバック0 コメント2
ストレス解消っ♪
2009-06-21-Sun  CATEGORY: 未分類
最近のモヤモヤをぶっ飛ばすべく…

昨日は夜通しクラブへ行ってきました~。

 ⇒ 【ageHa】-official HP

昨日は以前にかしゆかがお気に入りの一つに挙げていたDAISHI DANCE
のレギュラーパーティ「FEVER×DD DAISHI DANCE“the L.O.N.G.set”」

エントランスで街であったら絶対に道を譲ってしまいたくなるようなイカつい
黒人さんに体を弄られ、「薬、持ってないよな??」と冗談に聞こえない冗
談を飛ばされ中へ。

その後は24時から6時までノンストップで音に酔って参りましたっ。

大音量スピーカーのお陰でまだ耳が若干遠い感じがしますw

何やらデカダンスな香りが漂う空間、時間が経つにつれて秩序も何も無く
なっていくような雰囲気。

あんま得意じゃないんですよね~w

でも、DAISHI DANCEのプレイも堪能できたし、麻衣やCOLD FEET、arvin aya homa
KATのLIVEも聴けたので良しとしましょう♪酒も呑めたしねぇ☆

さ、次はWIREだっ!その前に茨城…。悩むなぁ。

最後に…、

私ん家は神奈川の奥地、クラブは江東区。結構な移動距離があります。
移動の間、例の中吊りに悪態をつきつつROCKIN'ONJAPANの7月号を
読んでました。

Perfumeの記事、いろいろ思います。

でも総じて感じるのは若いねっていう感想。良くも悪くも。

どこまでいっても彼女達はまだハタチのオンナノコですよ。若くて当たり前。
トラックバック0 コメント8
チケット界隈
2009-06-11-Thu  CATEGORY: 未分類
本日はアミューズモバイルでの先行受付結果発表でしたね。

結果は時の運ですが、どんなにPerfumeが好きで、いっつもPerfumeの
ことを考えていて、一度でいいからLIVEで彼女達を観たい!というファン
であっても手に入れられないこともある。
ファンクラブ入ったり、アミュモバ入ったり、プレイガイドに登録したりして
確率を上げる努力はいろいろあるけれど、それにしたって当選を保証す
るものではないです。チャンスは平等のはず。

でも、一部の心ない輩のお陰でその平等は歪められています。

転売チケット。大変根の深い問題です。

転売業者なんて言われますが要は「ダフ屋」のことですね。ちなみに
ダフ屋の「ダフ」は「札(フダ)」の倒語なのだそう。

これを取り締まる根拠としては各地方自治体の迷惑防止条例であり、
抵触すれば罰金等が課されます。売り手はもとより買い手も処罰の
対象となる場合があります。
しかし、地域によっては条例で禁止をしていない自治体もあります。
現在8つの自治体にはダフ屋行為を取り締まる条例がありません。
つまり、この地域で行えば取り締まることはできないのです。
とはいえ、ほぼ全ての自治体がその行為の迷惑性を認知しているし、
興行元がもっと統制を利かせればいいではないか、と思いますが余り
に明確にそれをすると独占禁止法に抵触してしまう恐れが出てきてし
まいます。
独占禁止法は公正な競争を促進するための法令であり、いわゆる出来
レースのような仕組み作りを禁じています。また、そもそもがダフ屋行為
は資本主義の観点からすれば取り締まるに値しないという意見もあります。

このように大変上手に隙間ビジネスとしてダフ屋は存在しています。

もうそこへ落ちてしまったものは法外なカネをもってしか救い出すことは
できません。

毎回そういう転売チケットを買う、買わないで論争が起きることがありますが、
一番糾弾されるべきはダフ屋であってその周辺ではない。
そういうところから買ってでも観たい。そこへ向かうまでに色々な手立てを講
じたけれども手に入らなかった人がそこへ向かいたくなる気持ちは痛いほど
わかる。
そういう人の弱みに付け込むようなものを生業にする輩の卑劣さに心の底から
憎悪を覚えます。未必ではない、明確な故意の悪業ですから。

本来は健全な世界にいる人が不意にそういった違法性との狭間に陥ることの 
ないように、興行元さんには今少し頑張っていただきたい。もちろんサービスの
受け手である我々も自分でできる解決法を模索すべきです。

ただ、本来は同じものを嗜好する仲間であるはずのファン同士がそんな卑劣な
輩が仕掛ける卑劣な商売でいがみ合うことだけは避けたい。

だって、こんな素敵な存在を素敵だと思える者同士なのだから。

3人①

これ、自分のお気に入りのシーンです。

代々木での「SEVENTH HEAVEN」

ニコニコと笑顔を見せる3人が輪になって、誰ともなしにミラーボール
を見上げるシーン。
この曲を演ってくれる時、必ず彼女達はお互いに笑顔を交わし合う。
そこにお互いへの慈しみを感じるんです。その場面を見る度に自分
も自然と笑顔になる。
このシーン、代々木で確かに自分も観ました。とても温かい絵がそこ
にあったんです。

この3人が最高。この3人でなければいけない。誰が欠けてもこの
完璧な⊿は完成しない。誰がどんな状態であってもここへ帰って
来て欲しい。

3人を守り、助けられる立場にいらっしゃる皆さん、頑張って下さいよっ!

ファンはただ、この3人を観ていられる幸福を感じ、できる精一杯を
やるだけ。ファンとしてね。

さ、明日も頑張ろうっ☆
トラックバック0 コメント6
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。