アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日という日に感謝を 2011年12月23日
2011-12-23-Fri  CATEGORY: かしゆか
年の瀬で、何かと気忙しい時期ですが何とか
暮らしています。

今日は天皇陛下を始め、様々な方のお誕生日
であります。
そしてPerfumeのファンとしては何とも嬉しい
かしゆか、こと樫野有香さんのお誕生日であり
ます。

まず、心よりの祝意を表したいと思います。本当に、
本当におめでとうございます

彼女の良いところを挙げていけば、それは枚挙に
暇がありません。彼女達に触れれば触れるほどに
その発見は多く、ますます好きになっていきます。

来年から始まるJPNツアーでは、また新たな魅力
、そして変わらぬ魅力を我々に表してくれること
でしょう。

23歳の1年、また実り多き年となることを心より
祈念致します。

かしゆか、今年も好きッス!


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
その先へ
2010-12-23-Thu  CATEGORY: かしゆか
かしゆかこと樫野有香さん、22回目のお誕生日おめでとうございます。

きっと彼女を知る人達全てが皆同じように彼女の生まれたこの日を
嬉しく思っていたことでしょうね。



かしゆか、沢山の魅力を持っています。

容姿や声など見て聞いてすぐにわかるものもあるし、ある程度長く見ている
と見えてくるものもあります。

私が彼女に惹きつけられて止まない魅力はその「向上心」です。

誰であれ嫌なものからは目を背けたくなります。戦略的撤退ということだって
あるわけで、全てを身に受けていたら正直身が持たないでしょう。どこかで逃
げ道ではないですが退き所を持っていないときついものです。

でも、彼女はそういうことをしないように見えます。

正面からその問題に向き合い、自分なりに答えを出し、必ず次に繋げるように
消化をして血肉にする努力を怠らない。

当然そうするのが良いことだというのはわかるのだけどなかなかできない。

彼女が実践していることはそういう部類に入るもので、理想はそうでも現実は、
なんて言い訳をしたくなってしまうことでもあります。
だって右に左に受け流した方が楽だし、自分がやらなくても誰かがやってくれ
るかもしれないし、そう思っているのは自分だけかもしれないし、誰もそんな
ところまで見てないかもしれません。

だからいいじゃない。

いいと思います。誰もそのことでその人を責めることはできない。どこまで行って
も自分の中のこと。そうだから難しいのです。

内なる戦いほど克つことが難しいものはないと思います。

そしてその戦いはとても孤独です。周りは優しい言葉を掛けてくれるし、気遣って
もくれる。それはとても嬉しいけれど、みんなと一緒に笑いたいけれど、でも自分
の中にある基準まで達していないから心からみんなとそれを分かち合えない。

申し訳ないな、と更に自分を痛めてしまう。

それでも自分が本当に笑えるその瞬間まで刻苦勉励を絶やさない。


不器用なのかも知れませんし、正直の上にバカがつく、なんて揶揄されてしまう
かもしれません。

でもね、それは何よりも尊い、美しくて強いものだと私は思うのです。


その美しくて長い髪も、笑うと三日月に変わる瞳も、しなやかで長い手足も、
少し鼻にかかる柔らかな声も好きだけれど、貴女のその心が私は好きです。

またこの一年が貴女にとって幸多く、実り多き年になることを心からお祈り
申し上げます。


そして、ここで謹んで一言。


かしゆか好きッス!(はぁと❤)
トラックバック0 コメント4
GW終了
2010-05-05-Wed  CATEGORY: かしゆか
でございます。

私学生時代からGWなどの大型連休を休んだことがありません。

世間がお休みの時に忙しいところでいつも働いていた為、もう休む
習慣自体がありません。

その為Perfume界隈が湧いていた5月3日10:53なども普通にスルーして
仕事をしており、少しずつ時間差を持ってPerfumeに触れております。

今日久々に「GAME」を聴いていたらその余りの聴き心地の良さに昼休み
を若干超過したりしてますから全然Perfumeからは離れてないんですがw

で、その昼休みにやっと手に入れて参りました。

100506_0040~0001

おお、携帯でも意外と綺麗に映りますね♪

お昼を買いがてら必ずPSが売っているコンビニにてしっかりゲット。
一人会議室でお昼をしたためつつゆっくりと鑑賞。

三者三様のファッションがとても素敵です。

マニッシュなのっち、ガーリーなあ~ちゃん。

そしてそのどちらにも触れているようで触れていないかしゆか。

表情、ポーズ共に今回のかしゆかは出色です。

見開きページでのちょっとはにかんだような笑みが何とも可愛らしい。
そして今回のキーアイテムであるハット使いもとっても上手です。

サラサラの黒髪にストローハットというのはグッドバランスですね。

普段着るブランドがG.V.G.V.HELMUT LANGというのもかしゆかっぽい気がします。
どちらもモノトーンを基調とし、色味の深いところまでをイメージされたカッチリした
スタイル。そしてその中にしっかりと洗練された女性の芯の強さ、美しさが表現され
たブランドだと思います。

この間のMステでいう男性のキュンと来る仕草の話や、以前にHappy!で言っていた
「私が働けばいい」発言など、柔らかいスタイルの中に一本通った芯の強さが垣間
見えるかしゆか。

マニッシュだけど不自然なガールに共感しすぎて胸が苦しくなってしまうほど乙女
なのっち、普段からガーリー全開のあ~ちゃん。

その中にあってかしゆかのポジションはとても興味深い。

あ~ちゃんを中心にのっちとかしゆかが脇を固める盤石の⊿。

のっちとかしゆかが上手に機能を分化させてPerfumeとしてのバランスを取っている
ことで甘くなりすぎることもなく、かといって辛口に過ぎることもない。

鮮烈なトップ、ふわっと甘いミドル、キリッとスパイシーなラスト。

のっち、かしゆか共にどちらにも振れる幅を持っていると思いますがバランサーと
しての機能は恐らくかしゆかに一日の長がありそうです。

かしゆかを見ているとその挙動や言動、ファッションで言えばコーディネートの全て
に明確な意図が備わっていそうなまとまりを感じます。

彼女の才能がもっと花開く日はそう遠くないでしょうね。

かわいいかわいい彼女ですが私の眼にはいつもかっこよく映ります。

素敵な女性になられましたね。とってもかっこEですよ♪

かしゆか20100506015958
トラックバック0 コメント2
祝祭日和の佳き日-かしゆかBirthDay-
2009-12-23-Wed  CATEGORY: かしゆか
予約中w

早く書きたいけどじっくり。
トラックバック0 コメント0
かしゆか②
2009-05-20-Wed  CATEGORY: かしゆか
またちょっと代々木近辺に戻っちゃいますw

代々木2DAYSの前夜、阿佐ヶ谷ロフトで非公式記念前夜祭が行われた
そうです。仕事がなけりゃ行きたかったんですが。

レポをあげて下さった方がいらっしゃるのでリンク張ります。詳細はそちらで。
 
 ⇒  Aerodynamik - 航空力学  ⇒ notieren

Perfume初期の楽曲の作詞を手がけた木の子さんが登場して様々な
お話を聞かせて下さったらしいのですが、Perfumeのことにも言及し、
そこでかしゆかのメンタルを心配していたそう。

ステージに立っていても自分でいいのかと思ってしまうらしい。

これ、彼女自身色々なところで発言されていますよね。代々木であれだけ
の観客を文字通り「かっしかし」にした彼女は未だにそういう感じを持ってい
るのでしょうか。

掟氏は「残り2人が大物すぎるから」と仰っているらしいです。

ある面、それは当たっているかもしれません。それは2人に比べて彼女が
劣っている、ということでは決してないですが。
以前にちょいと触れた通り、かしゆかはアクターズに入学した時にそれほど
明確なビジョンを持っていたわけではない。対して他の2人は自分の名前を
知らしめたい、自分の歌を沢山の人に聴いてもらいたい、など今の活動に
直結する目標を持っていたように見受けられる。
Portfolioで彼女は2人との違いの解決を外側に求めた。LIVEを観に来てくれ
るお客さん、自分を支えてくれる人達がそうしていていいよ、と思ってくれるか
ら頑張れる。期待に応えたい。というような。

恐らくそれが未だに「自分でいいのか」と思ってしまう心持の基なのかも。

あ~ちゃん、のっちが大物だという掟氏の主張は、2人がどう道に迷っても
自分が帰る場所を早いうちに持っていたことを言っていると思う。こうしたい、
こうなりたい、という思いを育てていた2人はちょっとやそっとでは崩れない
メンタルを時間をかけて築くことができている。
だから、トークをみていても、LIVEを観ていてもああ、あ~ちゃんぽい、のっち
だなぁと思わせる面が多い。変わらないクォリティがある。

かしゆかはちょっと違う印象。彼女は場面場面で求められる役割をこなす
努力をしているように見える。トークの時、あ~ちゃんが先頭切って話をす
る時、しっかり聴いて、適切に相槌を打つ。のっちがおいしいボケをかまし
ている時はしっかりと突っ込む。また殺人的に男心を手玉にとるロールプ
レイw
LIVEでは当初、柔らかくて特徴的な声だった彼女はその声の個性を伸ばし
ながらのっちにはない柔のダンスを磨き、披露してきた。

2人が持つ長所の隙間を補完的に埋めるかしゆか。自分にはそういう風
に映る。

それは同時に環境にとても依存するもの。例えば、未知の空間、未知の
観客を前にすればやはり自信を持つのは難しい。その観客はこの間、自
分をすごく応援してくれた人とは違う。その箱は自分が慣れ親しんだ箱と
は違う大きな大きな箱。
そこに立つ時、また思ってしまうのではないか。「本当にここに立つのが
自分でいいのか」と。
当然そういう感情はあ~ちゃんにしろのっちにしろ思うだろう。でも彼女達
は柱を内側に持っているから、最終的には開き直るだろう。今自分ができ
る最高をやるしかない。

かしゆかはどうだろうか。きっとLIVEが始まって、観客みんなが彼女のキラ
キラした姿を求め、そのパフォーマンスを歓声とムーブで肯定するまで2人
よりずっと大きな不安と緊張を持っているもかもしれない。それはきっと彼女
がそういう部分に柱を置いている限りなくならないと思う。

じゃあそれは悪いこと?

いや、今やそれこそが彼女の魅力だと思う。別にそういう不安を抱えながら
やっていることがではなく。

結局、彼女にしても確固たる柱がもうできている。それは2人の確固たる柱
に挟まれて今までを過ごしてきたから、あ~ちゃんとのっちにはないかしゆか
独自の魅力が醸成できた。
自分の立ち位置を求めて模索したことで、周囲への配慮、心遣い、今何を求
められているかを敏感に察知してその部分をPerfumeの活動に添加すること
ができている。所々で脱線したり、脈絡がなくなってきてもかしゆかがきっちり
元に戻しにくる。雰囲気が固定しかけても彼女の振る舞い一発が空気を変え、
次へ進むことができる。

思うに彼女はチェンジオブペースの達人。

精神的主柱はあ~ちゃんだと思う。先頭を切ってベースを作るペースメーカー
はのっち。そして、その流れを止めず、強弱を調節し、時にスクランブルをか
けて自己主張をするかしゆか。

ブログ用94


いろんな時代を経て、本当にいいグループになっているのだな、とつくづく思う。
何度も何度も繰り返すが、この先のPerfumeへの期待、いやが上にも高まる。

トラックバック0 コメント4
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。