アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空に吸われし
2010-10-14-Thu  CATEGORY: Perfume・楽曲
日中は少し汗ばむくらいに暑くて、どこかに夏の名残りを感じさせる毎日。
ですが日が傾く毎に熱は引いて、残照が末期の盛りを西の空に焼き付け
る頃にはしっとりとした涼しさが全身を包みます。

秋の日、その夕暮れは徐々に薄れている熱に名残惜しさを感じながらも
訪れる夜を粛々と受け入れる様な潔さを感じます。そこに少しの寂を感じ
つつ。

この時期、もう彼女達を知ってから毎年の事になりますが「マカロニ」が
聴きたくなります。


「これくらいの感じで、多分ちょうどいいよね。」


このフレーズに象徴されるように良い意味で実に脱力した想いの歌。

愛情はお互いの意識が揃うことが大事ですが、それはなかなか儘ならない
ものです。思い入れが強いが故に前に前にばかり目が行ってしまったり、
その目的を見失って手段に終始してしまったり。

特に若いうちはその出し入れができず、自分の気持ちにすら戸惑いを覚え
しまうようなことがあると思いますが、この歌の世界にはそういうものが一切
ない。

けれどとても深い愛情を感じます。

かくあるべきと定義付けを敢えてせず、そこにあるありのままを受け入れる
様な懐の深さ。求めるよりも与えることに重きをおき、不確実な事柄さえも
楽しむ。

この歌の世界、すぐには辿り着けない境地にあると思います。

この境地に辿り着くには相応の時間・経験が必要でしょうし、ある種の無常観と
諦観を悟る必要があります。寂とも言えるかもしれません。
変わらないものを信じられたなら日々や時間を概念としてもつ事はなく、惜しむ
ということをしないでしょう。今日も明日も明後日も同じであるなら今日一日に
かける想いは相対的に軽くなる。
全てを手に入れようと思ったなら物事の本質を捉え、取捨選択をする努力を疎か
にしてしまうでしょう。全てを手の内に納めるなら一つ一つへの思い入れもまた
軽くなる。

そんなものを踏まえた上にある想いが感じられるこの歌は、十代の子達が歌うに
は少し荷が重いように感じます。けれど彼女達は見事に歌いこなしました。映像
の中で躍動し、笑み崩れる彼女達は可憐で世界の終わりなんか永遠に来ないよう
に思います。けれど少し遠くを見る目、表情、一瞬のカットの中に見事なまでの
寂が表現されている。

そこに彼女達の表現者としての確かさ、重ねた時の重さを感じずにはいられません。

わが世の春をこれから謳歌すべき時、年にそれらが過ぎた後に訪れる境地をも
内包する彼女達。


僕が彼女達とこの歌を愛してやまない理由の一つはここらあたりにあるような気
がしています。


それはずっと想い続けていなければ霧消してしまうのようなものではなく、その時
その場の感覚で持つことのできる変わり続けるけれど本質は変わることのない想い。
煮詰める内に形は消えてしまうかもしれないけれど、その存在が失われるわけでは
ない。わからないことは不安ではない。

もし、最後の時が来るのだったらせめてそれまでは守り続けたい。そんな思いを込めて
今年もまたしみじみと耽溺しています。




タイトルは石川啄木の歌集「一握の砂」中より部分拝借。

無常の中にあるかもしれない不変、もしそんなものがあるならば。答えなどなくても
いい。けれど探し続けはするだろう。それが見上げた空にあるかのように。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
575でラップする
2010-08-18-Wed  CATEGORY: Perfume・楽曲
そのことについては一連のインタヴューで3人とも色々語っています。

初の試みであるわりにはすんなりとこなせていますね。

ラップは飽くまで歌唱法の一類型でメロディよりはリズムに乗せて歌って
いくことが特徴だと思います。そう思えばどちらも歌であり、そこにそれ程
差はない。

575はCM曲なのでそのイメージもちゃんと備えています。

ポチポチボタンをプッシュなう。

紡がれたlyric、内面を汲みだしては弾き出される無機質な液晶画面の文字達。
込められた心のrhyme。

素直でもないけどあの子には負けたくない私のflow。

伝えたいhookはただ一つ。

ケータイから繋がって、気だるい夏夜を飛んでいく気持ち。教科書はないし、
指南書もない、あなたと私のfree style battle。

ケータイから溢れていく気持ちは歌うようにと言うよりはラップのそれかも
しれませんね。

なんて深夜につらつらと思うなう。

何となく思い浮かぶ曲を二つばかり。イメージはとても安易。





トラックバック0 コメント0
VOICEをヘビーローテーション
2010-08-14-Sat  CATEGORY: Perfume・楽曲
しながらの雑記です。図らずもPerfumeとAKBの新譜タイトルが
同居しておりますね。

さて、本題。フルで初めて聴いたときに感じたこと、かしゆかが
MUSIC LOUNGEのWEBインタヴューで答えています。

 ⇒ MUSIC LOUNGE WEB interview

>でもこの曲、久しぶりにわかりやすいストーリーの歌じゃないな、と思い
>ましたね。だから恋愛の歌にも、人間関係の歌にもとれる歌なんじゃない
>かなあって。

VOICEはライブが先だったのでイメージはライブよりです。だから底抜け
に楽しい!が当初のイメージ。ライブでは音に乗って盛り上がってしまう
ので中々曲を聴き込むということができません。

けれどCDが届いて、一回聴いて二回聴いて、繰り返すVOICEループで夜が明けて…。

久しぶりだなって感覚でした。

自分が最初に好きになった頃のPerfumeの曲、どこか線引きが曖昧な、
良い意味でどうとでも取れる自由度に溢れていました。

曲、PV共に鮮烈なイメージを受けた「マカロニ」もそういう部類に入ると
思っていますが、かしゆかが言う通り分かりやすいストーリーじゃない。

中田さんが作るPerfumeの曲は行間を読ませたり、言い切りをしないことで
表現に含みがあるものが多々あります。その先を例えば正負どちらの表現に
しても通じるし、転じて違う方向へ導くこともできそう。

TSPSやedgeのように掛詞があるわけではなく、印象が人によって様々に
変わるような歌詞とでもいいましょうか。

この感じ、すごく好きです。

絵画で言うなら素描のような感じ。

構図、配置、道具立てはされている。

ただ、モチーフは中田さんとしてはあるだろうけど綺麗に抜かれている部分
だと思います。それはMIKIKO先生の振り付けにしてもそうだし、関さんのPV
もそうなのですが、今回久々だからかそれを強く感じました。

最終的にアクトするのはPerfumeでそこで完成される全て。

そこで彼女達が現したものはまた様々な印象を我々に与えてくれます。

どんなものなのかな、ということを考えたいという欲求はいつも自分の中に
あります。けれどどこかに普遍の真理があるとも思ってません。その時の彼
女達を見てその時の自分が感じたことを覚えておきたい。

こういう曲に出会えてしまうとついストーリーを考えちゃいます。

新たな層に浸透するまでは比較的キャッチーに耳触り良く、分かりやすい
ストーリー展開で彼女達の躍進をフォロー。
そこが一服したところでまた彼女達の力量に委ね、魅力を引き出すような
曲を用意する。

そんな開きと絞りを神が意識していたら、なんてね。


キュンとする一瞬の恋が 輝く宝石みたいに続くなら


一瞬で花開いた思いが 輝く宝石のように凝集していく時。確かな結晶が
彼女達の手にあるのなら、それは僕らにも見える。

けれど、その輝きの持つ意味は彼女達だけのもの。

VOICE Perfume
トラックバック0 コメント0
PV観ながらの雑記帳
2010-08-12-Thu  CATEGORY: Perfume・楽曲
今回のPV、Perfume Questを地で行くような仕上がりです。

宝の地図を片手に山あり谷あり、浮遊ありの落下あり。

型抜きされたパネルをその形のままにすり抜けてやり過ごし、二枚目は
ちょっと戸惑って合う形のものを探してはまりこむ。

ショーウィンドウに飾られた良く似た宝石、でもこれは探し物では
ないようだ。

きっちりと構成されたポートレートをこなし、計算された表情を演じる。
でも素の表情はこんなだし、並んで揃えばふざけちゃう。

線は絡み合って沢山の点(ハート)に色を付けていく。

沢山の点の中にはそれぞれの3人がきちっと収まっているようだ。

でも、この型抜きされた私達は私達?

探し物をしている内に、自分の形が見えなくなった。

人間を惑いながらふと開いた中には探していた輝きが。



ん~、辻褄合わせをしたいわけじゃないんだけど、イメージが散らばって
よくわからん。

単純に面白可愛いんだけど。

何だか意図を探したくなるのは良くない癖です。正解が欲しいわけじゃなくて、
自分が感じる映像に輪郭を与えたい。


トラックバック0 コメント0
なうな当世恋愛事情
2010-08-11-Wed  CATEGORY: Perfume・楽曲
575の世界観、当世の若者たちにとっては「なう」なものなので
しょうか。

私の思春期はちょうどポケットベルから携帯電話・PHSへの移行期。
出始めであったので今に比べたらずっと狭い世界での活用であった
ように思います。

ポケットベル、ほんの数十文字しか送信できない。

自然普段話す会話の続き、約束、ちょっとした愛言葉の伝達ツール。

電話はといえばやっとコードがなくなったくらい。

深呼吸をして勢いで押したナンバー、家人が寝静まった後の密やかな
時間。流れ込む声に静かな高なりと幸福感。

それが携帯電話の出現で誰の目を気にせず、自分の好きな場所でできるように。

でもそれは返ってタイミングを計りかねてしまうことに。

いつでも捕まえられるは逆にいつ捕まえていいのかわからなくなる。

事前に約束をしてみたり、メールを送ってみたり。

自由に逆に縛られて、耳元で聴こえる声に言いようもない距離を感じる
ことさえあった。

まぁと言ってもこれはまだOne to Oneの頃の話で世界は依然自分の
手の届く中に収まっていたし、それらが自ずと限界を作ってくれていた。


それが今はあらゆることを不特定多数と共有できてしまうツールに溢れてる。

つぶやくという極私的な行為まで誰かの目に触れる場所である意味意識
された行為として行われる。

それは目測の誤差を大きく広げているような気がする。

「あーヒマなう。」

本当にヒマなのか。ただのモノローグなのか、意識されたものなのか。

この距離が縮まればいいと願うけど、この距離ってどれくらい?

勝手な人?どっちが?

不機嫌なボーイ、不自然なガール。

逢瀬の代わり、言葉遊びに興じても、会えない気持ちはどこにあるのかわからない。

それでもポチポチボタンをプッシュなう。

勝手な人でも好きな人。

季節はまだ終わってないよ。

突き刺さったあの言葉のその先が知りたくて。

熱い風、吹く季節に心、揺れる。

結局それは不変のもの。当世恋愛事情は危ういまでにドラマチックだ。







良い感じの混ざり具合。四七抜き、見事。
トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。