アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うたの日(Perfume編)
2010-06-28-Mon  CATEGORY: Perfume・LIVE
昨日は帰る道々ずーっと考えていたものをざっと書いてみたのですが
まとまりにかけますね。取りとめのない、とはこのことですわww

さて、満を持してのPerfume編。

2side1BRAINのメタルなパフォーマンスが終わった後、すっかりと舞台は
片づけられました。察しの良い方々はすでに予兆を感じとったようで先に
トイレを済ませたり周りのものを片づけたり、来るべきステージに期待を
寄せている様がありありと見てとれました。

私もきゃんさん、いずみ&やよいさんがトークに花を咲かせている間に
水分を補給。(ここでいくつか素敵な出会いがありましたが後述)

エリアに戻り、少し待つと用意が整ったようで高らかにNEXT ARTISTを宣言。

大方の予想通りにPerfumeの登場!


……、


のはずが、ん?若干シルエットが…。

…きゃんさん、いずみ&やよいさん、冗談きついっすww

司会の3人がPerfumeに扮するという小ネタを挟んだ後に場内にedge-⊿mixが
鳴り響き、会場が一気にテンションアップ!!

若干のゆとりがあったエリアは忽ちにして埋まり、今日一番の熱狂が会場
を包み込んだところで颯爽と3人が登場。

小花柄で統一された衣装であ~ちゃん、かしゆかはワンピース、のっちはチュニック
風のトップス。あ~ちゃんはゆるやかなライン、かしゆかはウェストに絞りの入った
メリハリデザイン。3人とも沖縄の海のようなエメラルドグリーンが涼しげなアンダー
を着込み、目に鮮やかなレイヤードスタイル。
あ~ちゃんはサイドに髪を一房ずつ残す変則ポニーテール?、かしゆかはRIJ08の
時のように後ろを少し束ねてボリュームをダウンさせた感じ、のっちは綺麗におでこ
を出したおにぎりスタイル。

3人は登場するやステージ中央まで進むとおもむろに横を向き、足を交差させて人差し
指が晴れ渡る空を突き刺す例のポーズ。「ワンルームディスコ!」

ザラザラしたシンセの音が会場に充満するとPerfumeファンはおろか、周りの
方々全員が人差し指を高々と突き上げて揺れる揺れる☆
あ~ちゃんの煽りを受けて会場からは地鳴りのような歓声があがります。これ
だけの観客を一瞬でアげてしまうこの曲はすごいです。

ORDが終わり、あっという間に会場の温度が数℃上がったような錯覚を覚えて
いるところでさっと陣形が横に開いてイントロ無しの「エレクトロワールド!」

フェス仕様の大変危険なセットに最前付近はモッシュの波が左右に振れて
います。自分はそこより少し後ろにいましたが振りあがる一糸乱れぬ腕の
上下がなんとも美しかったです。歓声というか怒号というか、何とも分厚
い掛け声がスピーカーから降る重低音に負けずに響き渡る様、圧巻です。

熱狂の中エレクトロワールドが終わると3人揃って深々とお辞儀。

そして自己紹介。半ば予想していましたが「みなさ~ん、はいさ~い!!☆」

の声に客席の地元女子を中心に「かわい~☆」の声が♪

沖縄にお仕事では初上陸したことの喜びと感謝をまず述べてまたお辞儀。
相当に熱い会場に向けて「暑いですか~?」との問いかけに当然の返し。

「暑い~!!」

実際日差しも強くかなりの暑さでした。あ~ちゃん、かしゆかの肌も汗が光って
いたし、のっちはポタポタ垂れるくらい。あれだけの運動量をこなすわけですか
ら当たり前ですね。

いつもより長めの給水タイムを挟んで会場に各種の問いかけ。

「飛行機乗ってきた人~??」の質問にAゾーンの大半が挙手。まぁなんとも
遠征組の多いことwそしてLSG10及び9の着用率の高いこと。

暫しいつもの声出しをした後にあ~ちゃんが手拍子を要求。と拡散していた音が
収束してくるようなイントロから重低音が被さってくる「ナチュラルに恋して!」

弾むようなステップが何とも美しいこの曲。しかしあ~ちゃんのリズムで手拍子
すると…、ノれないww
あ~ちゃん、かしゆかのスカートがふわりと翻り、のっちのトップスが上半身の
動きに合わせて軽やかに揺れています。なんでしょう、観ていてとても涼しげです。
やっぱりこの曲は見惚れちゃいます。

最新シングルで会場を沸かせるとそのまま会場には4つ打ちのリズムが響き、
PTAのコーナーへ突入。
暑いからか回数こそ少ないものの会場中から声を引き出し、そのまま次曲へ
の流れを作っていきます。「ちょこれいとっ」と言われれば「でぃすこっ!」

この曲は本当に鉄板です。割合明確に季節を表した歌なのにいつ聴いてもやって
もしっくりときてしまうのだからさすが。LSGと一般音楽ファンのミックスゾーン
もしっかりと調子を合わせてディスココール。こういう風景って素敵です☆

土曜の夜の熱狂よろしくディスコティックなポーズで曲が終わるや3人がさっと
ポジションを変えて体と顔を寄せて視線を据えるこの曲は…「ポリリズム!」

もうこの曲は説明不要の代名詞。私のちょうど前にいらした女性二人組も顔を
見合わせて嬉しそうにしていました。会場は再び音に乗って右に左に揺れてい
ます。ポリループに差し掛かるところでは大きなどよめきが包み、ブレイクで
は大きな拍手が広がって行きます。何度聴いてもゾクゾク来る曲です。


会場が大きな盛り上がりに包まれている中でまだまだコンサートは続いて
いきますので楽しんでほしい、との言葉を残してまたしっかりとお辞儀、
3人はステージを去ったのでした。

できれば軽やかに弾むベースが楽しいあの曲を沖縄の皆さんとやりたかった
のですが、大満足のステージでした☆


…、とここまででかなり長くなってしまったので続きはまた改めて♪
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
うたの日、おめでとう。
2010-06-27-Sun  CATEGORY: 雑記
沖縄は西原マリンパークにて開催された「うたの日コンサート2010」に
参加して参りました。

沖縄は自分にとって憧れの地であり、今回我らがPerfumeがライブをすることと
同じくらい彼の地に立てることが楽しみでした。

うたの日コンサート、参加された方ならわかると思いますが素晴らしかったです。
楽しくて、暖かくて、そこにいて一緒にうたの日をお祝いさせてもらえることが
本当に嬉しかったです。

二万人の期待を集めて開演したステージはオープニングアクト・沖縄交響楽団の
妙なる調べでゆったりとした沖縄の空気に似て穏やかに幕が開けました。

楽団の幕が引かれると司会のきゃんひとみさん、いずみ&やよいさんがすかさず
会場を盛り上げます。

続いて登場したなゆたさん、17歳の女の子がウクレレ一本であっという間に会場
全体を引き込みます。溌剌として、少しはにかみながらも思いの籠もった素晴ら
しいステージを披露してくれました。

何とはなしに優しい雰囲気の会場を次の演者である2side1BRAINが爆音で一気に
ペースチェンジ。激しいヘッドバンキングを繰り返し、荒削りながら溢れる情熱を余す
ことなく表現します。

熱いステージが終わり、司会が上手に場を取り持つ間、ステージ上は舞台転換が
進んでいます。機材がなくなり、楽器がなくなりしてついにステージは空っぽ。

会場全体がその予感に期待をかけたところで颯爽とPerfumeの登場。

野外のフェスに似合うセットで会場をぐいぐい引き込んでいきます。県外からの
遠征組、県内組の別なくしっかりと巻き込んで完全なホームゲームを演じました。
最早Perfumeの行くところにアウェイはないのかもしれません。

Perfumeで汗だくになった体を心地よく響く演奏と歌声が後を受けてすぐに会場に
響き渡ります。平均年齢70歳超、結成64周年を迎えるバンド・白百合クラブが今
までの熱さとは打って変わっての柔らかい空気を演出。伸びやかな歌声とPerfume
もかくやという矍鑠とした踊りに感嘆と称賛、優しい笑顔が満ちていきます。

幕間に沖縄ローカルヒーロー「琉神マブヤー」の面白過ぎるヒーローショーを
堪能。悪の組織・マジムンのハブクラーケンが繰り出すポリリズムの振りコピ
にはやられましたw

そうこうしている内に会場に照りつける日差しも和らぎ、抱きすくめられるような
柔らかい温度に変わっていきます。

そんな中で南こうせつさんの登場。アコースティックギター一本でステージに立ち、
期待を軽やかにいなすかのようなトーク、虚飾のない優しい言葉。そして歌い出せば
すぐにみんなが虜になる名曲ばかり。会場は独りのこうせつさん手拍子で支えるバック
バンドと化していました。

こうせつさんの最高のステージで熱気も期待も最高潮に達したところでいよいよ大トリ、
BEGINの登場です。雲が飛ぶように流れる中でいつの間にか空にはやけに近く、輝く月が
登っています。

この素敵なコンサートを開ける喜びを噛みしめるように会場に向かって語りかけ、会場
全体の後押しを背にBEGINにしか歌えない数々の名曲を披露。もう言葉はいりません。ただ
ひたすら音に乗り歌に乗り、思うままに体を動かせばいいのです。歌を、音楽をとても大事
にされている沖縄の皆さんに混じり、ただこの一時を楽しみました。

歌が会場を一つの存在にまとめあげた後、今日私達を一日楽しませてくれた出演者の方々
全員で大合唱。うたの日の祝福を高らかに響かせてコンサートの幕は閉じました。



…書きながら思い返していても涙が滲むくらい幸せな一時でした。


沖縄に立ち、その空気を感じながら思ったこと、その全てが雲散霧消し、ひたすらに音を
楽ませてもらえた喜びが今も胸に迫ります。

このコンサートを肌で感じながら、終始一貫した思いが感じられた気がします。
私が感じたもの、なゆたちゃんの歌の中に見いだすことができます。

「ほら、みんなつながった」

年長者から年少者へ、親から子へ、往きあう人の手から手へ、発信された思いは受信した
人の手を介して更に拡散していく。

そういう伝道者を育んだ大地。

そんな場所で、歌を傍らに置いて生きてきた方々の前でPerfumeが溌剌とパフォーマンス
できたこと、きっと感受性豊かな彼女達は色々なものを受け取ったであろうことがとても
嬉しいです。彼女達がしっかりとつながって一体となる瞬間にその場にいられてよかった。

とても幸せでした。

追記

Perfumeのステージについては日を改めて書かせていただきたいと思います。
後もう少し浸らせてニヤニヤさせて下さいww

トラックバック0 コメント4
沖縄行
2010-06-25-Fri  CATEGORY: perfume
学生時代何度も計画しながら必中の台風直撃で飛行機が飛ばず、今
の今まで行くことができなかった場所。

辿り着きたかったあの場所、沖縄。

今回は何とか辿り着くことができそうです。

それにしてもこの一週間は辛かった。フツーのサラリーマンが半期末
のこの時期に土日が絡んでいるとはいえ、3日も休むのは大変です。
まして今までまとまった休暇を取る癖のなかった奴が休暇を取ろうと
すると何かと調整が大変ww

それでも何とか明日、行って来ます♪

外で楽しむPerfume、約一年振りです。今は天気が悪いみたいだけど
晴れて欲しいな。曇天よりは晴天の中で楽しみたい。


それにしてもPerfumeのライブ、その味を知ってからは随分国内を飛び
回っております。お陰で各地に知己ができ、各地で楽しい一時を過ごす
ことができています。

でも自分にとって旅の醍醐味は独りを感じること。

誰も自分を知らないところで知らない人に囲まれ、知らない街を歩く。
ひしひしと孤独を感じます。

そして人との関わり、そのありがたみを改めて実感する。

慣れてしまうとどんなに有り難いことでもそれがあることを当然のよう
に受け止めてしまう。知らず知らずの内に適当な関係を築いてしまう。
そんな自分の増長を戒めるのに一人旅はとても大事。

自分の日々を見つめ直し、そしてそのご褒美として人の中で活かされて
いることをしっかりと実感しながら感謝と共に周りをも活かしていく彼女達
の力を身にいっぱい受けてきたい。

そしていつもの仲間との再会、もしかしたらまた新たな仲間との出会いも
当然期待しつつ…。



ゴー、
オキナワ、

ゴオーーーーーー!!!!!!





スミマセン、パクリましたww

トラックバック0 コメント4
Perfume好き好きブロガーの気持ち
2010-06-20-Sun  CATEGORY: perfume
久方振りの更新でございます。

掲題の件、ブロともになっていただいているelectrocatさんの記事に
触発されてのものです。

 ⇒ 「6ヶ月目のブロガー」

私がそもそもブログを始めたきっかけはタイトル付近にもうたっております
通り、「アイコンとして稀有な存在、Perfumeを応援する日々の記録」を取る
為です。

開設当初はとにかく胸に溜まっていた気持ちや実際に目にした彼女達の
素晴らしさをとにかく書き散らしていました。自分ひとりでこの衝撃を持って
いることが耐えられなかったんです。

井戸に向かって話すことのできない秘密を叫ぶような気持ちです。

そして自分の書いたものを眺めては改めて自身の心持ちと照らし合わせて
足したり引いたりを繰り返し、一人悦に入っていました。
実際目に映った彼女達の衝撃はCDや映像・動画の類で体験していたものと
は比べ物にならない強度があり、その衝撃を自身の中である程度取り込む
までにはかなり時間を要したように思います。

何しろ当初は(今もw)記事の内容がブレブレでしたからね…。

でもさすがに続けていくうちに少しずつ熱は収まり、そしてだんだんと文章
を書くことの効能を意識しながら更新をしていくようになっていきました。

頭の中である程度構築され、しっかりと認知ができていると思っているもの、
でも実際にそれらを書きおろして見ると頭の中ではあれだけ鮮明だと思って
いたものがなんだか漠然とした形に変貌することがよくあります。
それでも自分の目で確認できる形に落とし込むことで推敲することができる
ようになります。この部分の表現はこういうものだ、とかもっとこうした方が
いいな、などと修正を加えてより像を確かに結んでいくことができます。

それをくり返していくうちに自分が何を以ってこれほどPerfumeに魅了されて
いるのかがわかっていくような実感が持て、そしてどれほど彼女達が底知れ
ない存在なのかも浮き彫りになっていきます。


ブログを初めて1年半、今の私の位置はそんな場所。自身が当初思い描いた
ブログとしての機能は全うしていると思っていますが辿り着きたいあの場所は
もっと先だと思っています。
私にとってPerfumeのファンブログを書き綴ることは彼女達をその時々の自分
として捉え、より好きになっていく為のツールですからその気持ちに完成の時
は訪れないでしょう。

だって、まだ好きになれるんです。もっと好きになりたいんです。

そしてできるなら…、
「Perfume」という輝きを放つ3人を中心として様々な才能がその鎬を削り合い
組み上げられる芸術作品を、それらを愛して止まない数多の殉教者達と共に愛で
、その芸術作品が完成に向かっていく過程の中のどこかに自分も参加していたい
のです。

そう、まるで未完成であることでその芸術性を高め、完成に向かう過程のはずなのに
その実既に完成していると思わせる稀有な芸術的建造物の制作過程のように。
その作品を完成させる為に世界中から才能が結集し、その作品を構築する部材を購う
為に世界中から喜捨が寄せられるあの作品は私にとってPerfumeそのもの。


サグラダファミリア

またしてもブレブレでアリマス…orz
トラックバック0 コメント4
安定感
2010-06-16-Wed  CATEGORY: perfume
最近のPerfumeを見るにつけ頓に感じるものです。

なかなかまとまった時間を作れずに若干片手間に接しているので
彼女達の動向に触れることができないのですが、何をやらせても
及第点以上、不可能を可能にするのがPerfume!といった具合に
軽やかにこなしていらっしゃる印象です。

定番の仕事達はお約束とも言えるくらい不動のクォリティを保障
していますね。


彼女達が走り抜けた10年、その最後の一年くらいからのお付き合い。

出会った瞬間の衝撃、その過去を振り返る旅の中で出会った物事。
それら全てが鮮烈であり、今尚それに触れる度にその感動は甦ります。

でも、そこで立ち止まっていてはきっといけないんでしょう。

あの時のあれがどんなに素晴らしくても、それは過ぎてしまった一時点で
あって、今彼女達が立っている地点から見たらもう手を伸ばしても届かない
ものなんです。

安定的な成長とは実質的な退歩である。

ライフサイクルがそのステージに行き着いてしまったなら後はそこで享受できる
だけのものを享受してそのものから撤退して次に向かう事を考えなければいけま
せん。

だからでしょうか、安定感を感じると裏腹に不安が心を覆います。

ただその不安が糧になり、新たなステージを目指す力に変換していくことができた
ならそれはグッドサイクルが回っている証になります。

色んな事に挑戦する攻めの年。

やったことのないもの、見たことのない世界。初めての衝撃。

新たなサイクルが回り始める年にファンとして彼女達を感じることができて
本当に有り難いし嬉しい。

今年はきっと彼女達にとって一つのマイルストーンであるはず。

そしてきっと彼女達が新たな位置に付いた年にもなっているはず。

その年のほぼ半分が過ぎました。

自分は今彼女達が安定して供給してくれる成果物に間違いのない安定感を
感じていて、その感覚を持つこと自体がとても不安です。

でも、その不安はこれからの彼女達に対する曇りのない期待でもあります。

頑張れ、Perfume。
トラックバック0 コメント2
Perfume 2010年 第2弾SINGLEリリース決定!!
2010-06-14-Mon  CATEGORY: Perfume・楽曲
だそうですよ皆さんっ♪

 ⇒ Perfume Official Site

注目のリリース日は…、

2010/08/11(水)!!

両サイド共にタイアップ決定済みだそうで、残念ながら「Lovefool」の
収録予定はなしとのこと。

最も早いお披露目はモンバスあたりでしょうか??

楽しみに待ちたいものですね♪
トラックバック0 コメント0
おすすめ♪
2010-06-13-Sun  CATEGORY: Perfume・楽曲
remixやmush upは人それぞれ好き好きがあると思いますが私大好物で
あります。

Perfumeの楽曲周辺で起こるこういう二次創作、クォリティがとても
高く、オリジナルと同様にお気に入りとなるものがとても多いです。

以前からその界隈で知らない人はいないくらい人気を博していた方々
が一つのプロジェクトで様々な作品をドロップしています。

marginalrec」、名前をご存知の方もいらっしゃると思います。

DJ USYNさん、K.466さん、69(a.k.a 69mix)さん、Kashiyucard(かしゆか~ど)さん、
Post-marginalmanさんからなるプロジェクトでUSTREAMでも定期的に活動されて
います。

「marginal」というネームも振っていますよね。

私のような享受する側と創造する側の境界に位置し、模倣から新たなものを創り
出そうという気概を感じます。

marginalrecの皆さんやD-madさんのように音楽や映像を作り出す方々もそうだし、
ダンスやコスプレをUPする方、Perfumeをモチーフに画像を創作する方、そんな方々
の意欲を刺激するPerfumeという存在は他に類を見ません。

こういう素晴らしい作品を見るにつけ、Perfumeへの興味はいや増すばかりです。

このK.466さんのRMX、鳥肌が立ちます!クラブで聴きたいなぁ♪





KashiyucardさんのRMXもヤバいっす♪





トラックバック0 コメント2
World Cup 2010に事寄せて
2010-06-12-Sat  CATEGORY: 雑記
昨日より四年に一度のお祭り、サッカーワールドカップ2010南アフリカ大会
が開催されています。

私も若干サッカーを齧っていたこともあり、大変楽しみに眺めております。
更新の滞りも実はその辺に起因していたりww

開幕戦からなかなかに白熱した試合が展開されていますが、綺羅星の如く輝く
スターの美技と同じくらい見逃せないのが各国のチーム力です。個人競技には
ない集団としての力がぶつかり合うところにもサッカーの醍醐味があります。

ナショナルチームはクラブチームと比べてチーム練習に割く時間が短く、個々
の力もまちまちになることからクラブシーンよりも凡庸な試合が多くある、と
言われることもあります。
けれど、国という大きな団体を背負って、そのシンボルを胸に戦うことは大きな
誉でもあり、選手もファンも深い思い入れがあります。
そういう思いを胸に強国と呼ばれるタレント揃いの国に自力で劣る小国が善戦
し、時にサプライズが起こったりするのも楽しみの一つです。

強国の選手はクラブシーンでも多忙であり、なかなかチーム力を高める練習に
時間を割けないものです。反して小国のチームはそこに費やす時間が強国に比
べて長く、チームとしてよく熟成されてるチームが多くいます。スター選手という
のは相応にプライドも高く、どうしてもチームより個人を優先させる傾向がある
面もあります。

ポンポンと点が入らないスポーツですがそういう面に目を向けていただけると
ちょっと違った面白さがあるかもしれませんね。

ちなみに私はそんなチームとしての結束の高さや熟成度合いに特に目が行くし、
利他的なメンタルで結果を残す姿勢にとても熱いものを感じます。

それはPerfumeを見ている時も同じ。

個々の力が決して低いわけではないけれど、あ~ちゃん、のっち、かしゆかという
3人が集まった時の爆発力に言いようのない魅力を感じています。しかもその3人
を取り巻く中田さんやMIKIKO先生、関さん、その他多くのTeam Perfumeのみなさん。
そのチームが世に送り出すPerfumeという総合芸術はちょっとやそっとでは真似の
できない一大エンターテインメントです。

サッカーの場合は試合、という勝負事に勝つという明確な目標、それに向かう為に
のディシプリンが必要です。

Perfumeが歩む道には勝利、というような明確な目標がありません。Perfumeという
名前をもっと沢山の人に知って欲しい、というのが初期の彼女達が持っていた目標
ですが今は少しずつ意味合いが変わってきているでしょう。
攻めに攻めている今年、沢山のシーンで輝く彼女達を目にできることは大変に幸せ
です。しかし同時に彼女達は更なる目標を掲げてやっていかなければならないはず
です。

今までも浮足立つことなく着実に地歩を固めて歩んできたPerfume、これからの日々
も同じようにやっていくことができるでしょうか。

楽しい時間が続けば続くほどそれに対して裏腹な不安が出てきてしまうのは何故なの
でしょう。今、楽しいんですがどこかで不安があるのです。

まぁそれも楽しさの一つなんですが。
トラックバック0 コメント0
不安な職場…
2010-06-09-Wed  CATEGORY: 雑記
さて本日芸能系のニュースをほぼ独占していたのはやっぱりこれです。

 ⇒ Yohoo!ニュース AKB総選挙結果

私のように存在を認知している程度の人間にとって前田敦子さんがセンター
にいる図、というのは至極当たり前のことでそういうものなんだ、という風
に思っていたのですがその座は大変に厳しい争奪戦を経ていたものなのです
ねぇ…。

何と言うか、当人達もそうでしょうし、ファンにとっても胃がキリキリして
来そうなイベントです。

選ばれた方々はその重責を胸にファンに活躍を約するわけで、ファンサーヴィス
の一類型としては充分相互にその機能を果たしているのでしょう。



ま、…という話題は枕であります。


こころから掲題の内容に話は移っていくのですが、このタイトルは私の上司
より頂戴致しましたお言葉でございます。

何が不安なんでしょうね??

それは私と私の相棒である同僚S君の性向に由来致します。

私共名字の頭文字は全く違うのですが良く「P&A」という呼ばれ方をします。

ちなみに私はP。

まぁ当然生粋の日本人である私のイニシャルにPなんて字が入る訳がないですね。

はい、大方の方が予想される通りこの「P」はPerfumeの「P」です。

とすると相棒は必然的に「A」となり、枕から察する通り彼の「A」はAKBの「A」。

そう、同じ職場に今を時めく二大アイドルアイコンを愛好する人間が存在するわけですw

そりゃ傍から見たら不安でしょうww

しかもその二人が職場の中枢を担っているわけですから周囲の皆さんの不安も
また一入であろうことは想像に難くないです。そんな我々が職場で今の立場を
守るには人一倍の苦労があります。

私、昨年からPerfume関連においては色んなものの箍が外れていますので彼女達が
出演するライブには余程の事情がない限り参加しています。基本彼女達を目にでき、
ライブを楽しめることはプライスレスだと思ってます♪
そんな私に触発されてか元々の資質の問題か、彼もAKB関連のイベントには足繁く
通っております。劇場公演やライブ、握手会、サイン会等々…。


そんなP&A、少なくとも仕事は真面目と思わせなきゃいけません。


当然仕事は厳しくこなしているつもりの我々でありますが、見る人が見れば休憩時間
やちょっと一息する時に手にしているものが苦笑を誘うはず。

そんなブレイクタイムのお供、お気に入りの飲み物は当然これこれww

お互いその他の音楽についても趣味が合う事が多いので、自分達が最も愛好する
もののライブにどうにか連れて行こうと誘いあっているのですが中々足を運ぶ所
までに至らず。

彼は今度の7月10日は休めというし、私は11月3日はドームへ来い!と言っています。

この関係にデタントは訪れるのでしょうか??

ちなみに彼はPerfumeのこの曲が好きで私はAKBのこの曲が好きです♪
なんだかこの曲聴いていると安易なのですがこれを思い出します。



……、

………、

…………。

こんな職場、不安ですか??

たの、しそうじゃありません??ww


トラックバック0 コメント6
PEPSIさんありがとう♪
2010-06-08-Tue  CATEGORY: perfume
昨日帰宅後、ブログに目を通そうとPCを立ち上げながらソファに
腰掛けたら朝でしたw

で、目が覚めたと同時に目に入ってきたのは点けっぱなしのTVから
流れたPerfume新CMのニュース。

昨年ツアー中に散々やり倒したおいしいところがいい飲料のCM♪
曲は中田さんがアレンジ、カーディガンズの往年の名曲です。
今回は振り付けもMIKIKO先生担当ということでTeamPerfume気合が
入っております。

しっかしかわいい曲をカヴァーしてきましたね~。







別にPerfumeがラモーンズでも…。ダメかww
トラックバック0 コメント4
Perfume@Music Lovers LIVE2010
2010-06-06-Sun  CATEGORY: Perfume・LIVE
掲題の通り、REQUESTAGE8以来のPerfumeライブへ行って参りました♪

当日の朝に突発的な仕事があり、若干焦ったのですが何とか無事に
参戦する事ができました。疲れた体にPerfume、なかなか厳しいです。

だってとっても楽しいからねww

さてさて、ではまずセットリストなど。

1. Dream Fighter
2. 不自然なガール
3. ワンルーム・ディスコ
-MC-
4. SEVENTH HEAVEN
5. ナチュラルに恋して
-「P.T.A.」のコーナー-
6. チョコレイト・ディスコ
7. Puppy love

一部では神だ奇跡だと騒がれているようですが 確かにそうかもしれません。
直近のシングル曲をバランス良く配し、風合いの違う曲を挟んでレパートリー
の広さをアピール。後半は一気に熱量を上げるような我々ファンにとっては
定番の終わり方です。

今回Perfumeは4組中3番目に登場。

まだ液晶画面にAUのCM映像が流れている最中にぱっとステージに現れ、CMが
終わるか終らないかという瞬間でのライブ開始にまず会場が驚きの渦に。

Perfumeをよく知らない方にも馴染みのあるDream Fighter、会場はステージ上
で舞い踊る3人に一気に釘付けとなっています。
サテンのような質感の柔らかい色合いの衣装が軽やかに揺れて大変に美しく、
暫くぼ~っと目を奪われてしまいました。

そのまま間髪入れずに不自然なガール、ワンルームディスコ。ORDは我々ファン
が突然人差し指を突き上げるので皆さんびっくりされてましたが周りの方には一
緒にやっていただけて嬉しかったです♪
不自然なガールのダンスは揃うところ、個々に振りが分かれるところ、立体的な
陣形移動など大変に難度が高そうです。恐らく最もファンの心臓を射抜いたのは
今回はちゃんと入っていた最後の「かしソロ」でしょうねw

一気呵成のパフォーマンスの後は少しMC。

まずいつもの通り深いお辞儀からこのライブに参加できたことへの感謝の言葉を。
前ステージを盛り上げたKREVAへ賛辞を送り、東京ドーム公演開催の告知。そこへ
向けての意気込みを少々。今回はMラバ向けの曲を用意してきたとのこと、それを
赤坂氏のモノマネで曲紹介w…。

『それでは聴いて下さい。Perfumeで「SEVENTH HEAVEN」』

これを聴いた時の会場、主にPerfumeファンの驚きと喜びの声はすごかったww

ピアノの美しい旋律、少し歪んで伸びる歌声があまりにも美しいこの曲。Perfume
ファン以外の方々にはどのように見え、聴こえたのでしょうか。間奏のサークル
ダンス、笑顔で向き合う彼女達の姿はどのように映ったのでしょうか。少なくとも
周りの方々はステージに見入っているように見えましたけど、良い印象を受けても
れたら嬉しいですね。
振りの途中で少しよろけるかしゆかを何気なくすっと支えるのっち、これはファン
にしかわからない点かもしれませんが恐らく見逃したファンはいなかったことでしょう。
漢のっち、さすがです。

SEVENTHの余韻がまだ残っている内に会場にはナチュラルに恋しての重低音が響き出し
ます。この曲はNBBのCMでも再三放映されたからか会場の認知度も高いようでリズムを
取ったりニコニコしたりするお客さんがだいぶ増えたように感じました。この曲の振りも
さらっと魅せますが難しそうです。3人が横へポジションを変えるところなんてまるで地面
が動いているかのような滑らかさ。曲にノるより見入ってしまいますね。

会場の暖気が程良く合わさってきたな、というタイミングでPTAのコーナー。

ここは我々Perfumeファンの腕の見せ所です♪

男子・女子・そうでない人、メガネ・コンタクト・裸眼(レーシックはなしw)、
センター・アリーナ・スタンド、あっち・こっち・まえ、みんな~!とあ~ちゃん
の無茶ぶりをしっかりとこなし、Say HO!、歯磨き、ウルトラソウル×4まで
完璧な仕上がり!

会場の皆さんも頑張ってついてきて下さっていました☆

しっかりと3人からお褒めのお言葉を頂戴してから次曲へのコール練習を兼ねた声出し。

「チョコレイトッ!?」 ⇒ 「ディスコッ!!」

充分に暖まった会場、ミラーボールの輝きが乱反射する中でのチョコレイトディスコは
納得の盛り上がりです。この曲、たまには3人の姿を見ていたいといつも思うのですが
盛り上がってしまっていっつも見られません。照明の具合も大変綺麗で会場をいつも見
回してしまいます。今回もセンター、アリーナ、スタンド問わず笑顔の花が咲き乱れい
る会場を見ているととても幸せな気分になりました。この曲の力を最大限に引き出す彼
女達の腕にはいつもの事ながら感服させられます。

会場中を完全に掌握したところでラストの曲、Puppy Love。

特に予備練習なく入ったので会場の皆さんは突然湧きだしたPerfumeファンについて
来れず。ファンはこの曲に対するモチベーションが恐ろしく高いでしょうからねww

間奏中に3人から↑↓↑↑↓↑↓↓の指導が入り、会場中めでたく上下する腕の波で
一杯に。3人がステージをワンマンの時のように駆けまわって会場の熱を更に押し上げ
ます。センターを広く開けたY字構造のステージなのでステージサイド、アリーナの最
前列からは本当に眼の前に3人が来るような距離感だったのではないでしょうか。

かしゆかはあまりの近さに照れてしまい、終始照れ笑いをしながらも会場に散らばる
LSG集団に笑顔を振りまいてくれました。恥ずかしそうに、でもそれ以上に嬉しそうに
笑う彼女のまぁなんと愛らしいこと…。かっしかしのみなさんの気持ち、よくわかります。

あ~ちゃんはなんというか泰然自若の振舞い。笑顔一つ、目線一つとっても余裕がある
ように見受けられました。会場中を見渡しながら熱気をしっかりと味方に付けていたよ
うです。MCの時は少し早口でいつもの軽快さが少し影を潜めていたのですが最後はしっかり
と帳尻を合わせてくるところはさすがです。

のっちは本当にライブで覚醒するということば通り。終始圧巻のパフォーマンスで魅了
してくれました。その視線は時に憂いを帯び、時に熱を湛え、そして大体眉毛は八の字w
Puppy Loveの時、会場脇の通路でもう楽しくってたまらないっというように身を震わせて
眼を閉じ、腕を振り上げるのっちは可愛らしく、かっこよかったです。


途切れ途切れの記憶を頼りに書きましたが大体こんな感じ…だったはずですw

ライブの後は全国から集まった仲間達と反省会を催しましたがその模様はまたその内に。

フェス形式としてはかなり長い持ち時間と7曲も披露してくれて大変満足できました。場所も
思い入れの深い横浜アリーナということで気持ちの乗り方も違いました。疲れた体に鞭打って
参加させていただいた甲斐は十二分にあったと思います。

チケットを取って下さったRさん、本当にありがとうございますm(_ _)m
一緒に盛り上がってくれたM君、Kさん、楽しかったですね♪
今回初めて遠征の味を覚えてしまったMちゃん、癖になるから気を付けてw
(あ、ポーターのたきくんもお疲れw)

そして会場に入る時に手渡されるフライヤー。実はものすごく感動してました。みなさん、
Perfumeはついにやりますよ♪

Perfume LIVE@東京ドーム
トラックバック0 コメント10
かっし歌詞
2010-06-04-Fri  CATEGORY: 雑記
さてさて、Perfume LIVE@東京ドームが発表されて早3日。

気候も少しずつ夏らしくなって参りました。去年から続く私の
奇行も少しずつ夏らしくなって参りますw

とりあえず今週末は昨年巨大な感動×4回転を経験した横アリに
行って参ります。今回は同県内での移動なので大変楽ちんです♪

楽しみ♪

さて掲題の件。

語呂のみで付けましたので特にかしゆかについて書こうというのではあり
ません。当ブログに足を運んで下さる方は比較的かしゆかに魂を抜かれっ
ぱなしの方が多いのですがご勘弁m(_ _)m
ここのところPerfume以外の曲をお供に通勤することが多かったのですが、
ドーム発表後はイメトレを兼ねてPerfumeが何度目かの重回転中であります。

そこで何となく考えていたのですが、Perfumeの歌、私はそこから「湿度」
のようなものをあまり感じないのです。

温感や冷感は様々に感じるし、場面設定がありありと思い浮かんだり、
彼女達の表情、MVの世界観からその歌詞が持つ物語性を想像したりする
はできるのですが「湿度」はいまいち感じない。

ただこの「湿度」について明確に言葉にするのは難しいです。

強いて言うなら木の子さんが作詞されていた頃は若干感じたもので中田さん
が作詞されるようになって成分が薄まったもの、とでも言うのでしょうか。
ブロともになっていただいているluvzawaさんのお言葉を借りれば「情念」
に近いものなのかもしれないな、と思うのですが違うような気もする。

憑依したかのようにその人物のイメージからかけ離れた歌詞が書ける作詞家
さん達。例えば中田さんの作詞はそういう類のものではないかと思います。
あ~ちゃんもPerfumeの歌詞は中田さんの中にいる可愛い女の子が書いている
なんて仰ってますしね。

ただそういう一種の職人芸的な歌詞ではなく、作詞作曲、時には演奏までを自身
でこなすような方の歌詞に自分は「湿度」を感じることが多くあります。

その歌詞が持つ独特の湿り気。

これは視聴者の心を強く引きつけるのにとても強い影響力を持っているんじゃ
ないかと思います。

生活感?生々しい表現?

ん~、ワカンニャイ。

この歌を聴きつつそんなことを考えてました。何を聴いても結局はPerfume
に帰ってしまう気持ち悪さww



歌に辿り着くまで結構長いです。歌部分のカットもあるのですがフルver.を
お勧めします。
トラックバック0 コメント2
Perfume~これから~
2010-06-03-Thu  CATEGORY: perfume
のっちは言いました。

「Perfumeが求められなくなる時がいつか、来るんじゃないかと思って、
 それがすごく不安なんですけど…。

 皆さんに飽きられないようなことをやっていって、…ずっと3人で笑って
 られればいいな、と思います。」

 ⇒ Perfume  ~ これから (願い) ~ wonder2


こういうものを見聞きして素直に美しいな、と思える自分でよかったと
思うと同時に不安でもある。


Perfumeを美しく感じられなくなる時がいつか、来るんじゃないかと
思って、それがすごく不安なんですけど…。

飽くことなく3人に魅了され続けて、…ずっと3人の笑顔を美しいと
思っていられればいいな、と思います。



彼女達が紡ぎだす物語。

誇張も脚色もない在りのままを心のままに楽しみたいものです。

僕はきっと運がいいんだ。

今も、そしてこれからも、いつまでも。

僕は彼女達の虜でいる。


トラックバック0 コメント2
教育記録(番外編)?
2010-06-02-Wed  CATEGORY: 雑記
と銘打ちましたが決して私は社の財産である新人をぱっふゅぱふゅに
してやんぜっ!!などと思っているわけではなく、ごく一般的な研修
の一環、その余禄としてPerfumeを紹介しておるだけであります。

決して他意などございません。

私がお預かりしている新人Aさん、少しずつ仕事にも慣れ、活躍の幅を
広げております。

前回のエントリーで自宅学習用の教材「Fan service bitter」を手に
家路についたAさん。
その感想は未だ聞いておりませんが休憩時間にはお互い好きな音楽の
話をしたり、だいぶ距離感を縮めることに成功しました。

私が横アリに出掛ける今週末、彼女は幕張のフェスに出掛ける模様。
お互いにエールを交換し、しっかり弾けることを約しております。

ん~、おバカな奴らですねww

そんな彼女が音楽の話ができて、好きな音楽がある人には必ずする
質問というのがあるそうです。それは、

「その好きな対象の魅力とは??」というもの。

私も当然Perfumeについてこの質問をぶつけられたわけですがこれが
かなりの難問で暫し沈思黙考。
Perfume、その味わいは入りたての頃と今とではだいぶ趣を異にしています。
その趣の変遷を少し思い返しました。


私が最初に彼女達に出会ったのはACのCMで。

そのメロディは一旦耳に入るとどこかに根を下ろし、少しずつ根を広げて
気付いたら無意識にそのメロディを口ずさむようになるくらいに浸透して
いた。

まさに恋のような衝動だった。

その次は武道館公演の映像で。

オープニングの見事なサプライズから怒涛のパフォーマンス。幕間では愉快
で、ちょっと沁みるMCがあり、最後までだれることなく鑑賞できた。なんて
楽しいライブをする子達なのだろう。是非一度見てみたい。

この時の勢いは絶対故障だ。

その次は代々木ライブ、実際に体験で。

何の躊躇もなくファンクラブへ入会、熾烈なチケット争奪戦を経て晴れて代々木
に参戦。聴き込んだ曲達、ループし続けた映像達が内包する力の爆発を直に体で
受け止めることの快感。内燃機関の昂ぶりを制御しきれない感すらあったMCにも
深い感銘を受けた。

そこには完璧な計算で作られた世界と現実の揺らぎが混在した。

そして昨年のTOURで。

彼女達のパフォーマンスの虜となり、幾つかのフェスを経てPerfume史上最大の
TOURへ矢も盾もたまらずに参戦。パフォーマンスは切れ味を増し、魅力的な姿を
余すことなく披露する3人。ステージの彼方と此方、両方からかかる期待を見事
なまでに力に変える姿に代々木で垣間見た揺らぎは最早なかった。いや、その揺
らぎすらも味方にする強かさがあった。

幽き願いは強く、靭やかに豊かな表現力を持って謳われた。



……。


………。



瞬時にどこか遠くへ行ってしまった先輩を訝しげに見つめる彼女に気付き、
私が口にできたのは余りにぶっきらぼうな一言であったかもしれません。

でも、その発言を口にするまでには結構長い妄想がありました。

「Perfumeの魅力はライブだと思う。それはコンサートの意味のライブでもあるし、
彼女達の生そのものでもあると思う。入り口は沢山あるけれど、全てはそこへ通
じると思っている。少しでも興味があるならライブでそれを確かめるとよい。」

私が語れるPerfumeの魅力とは。

未だトップノートに酔っているだけかもしれない私にはこれが精一杯。



トラックバック0 コメント6
ただ、期待だけをして
2010-06-01-Tue  CATEGORY: Perfume・LIVE
その日が来るのを待ちたいと思います。私達ができることはそれ
くらいですからね。


…。

でも、嬉しいので一応タイトルコールを。

Perfume LIVE@東京ドーム!!!!

「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」

11年目へ向け、3人で夢の舞台へ!

昨日の明け方、もう寝ようと思って最後にPTAへログインしたところから
今までずっと浮かれっぱなしでした。
各種報道を見たり、日刊スポーツを買いに行って昼休み眺めながら思わず
ほくそ笑んで後輩に気持ち悪がられたりw

とにかく無駄に楽しい一日でした。

こんな一日をくれてPerfume、本当にありがとう♪



そういえばYohoo!ニュース第一報のみんなの感想欄。

最終的に1000件以上の投稿があり、賛否両論沢山のコメントが寄せられて
おりました。

 ⇒ Yohoo!ニュース Perfume、結成10周年で東京ドーム初公演決定

肯定派否定派共にバランス良く分布しているような気がします。こういう
意見を見ることは大変興味深いものです。

忌憚のないところを申し上げれば褒められてれば嬉しいし、貶されてば悲しい
のですがどのように見るかというのは個々人の自由裁量です。
一つの事象をとっても見る面を変えれば様々なご意見が生まれるものですし、
それ自体はどちらが正しい、というものではありません。自身が信じている
意見を柱とすればいいことです。

ただ、一つ間違いなく申し上げられることは「百聞は一見に如かず」という
ことです。

見てもおらず、体験もせずにそのものを貶めることなどできはしないはずです。
好きなところ嫌いなところというのは表裏一体であり、そのものを好きな人に
とっては一番の魅力である部分が嫌いな人にとっては一番の欠点であることは
往々にしてあることです。

それは仕方ありません。

でも、「どうせ~」というような語調で彼女達を語られるのは我慢がならない。
何かを否定する、というのは肯定するよりもずっと難しいことであるはず。

せめて曲も聴いて、ライブにも行って、彼女達のトークも聴いた上でダメ、
というくらいはしてほしいもの。

まぁ全部見てダメってのはそうそうないんじゃないかと妄信してますけどねw

東京ドーム公演まで後156日、ただ期待だけをして待っています。それまでに
色々リハビリしていかないと。




これ素晴らしい!!
トラックバック0 コメント0
<< 2010/06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。