アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全部ウソでした。
2010-09-29-Wed  CATEGORY: perfume
完全に出遅れた新曲祭りに後発参戦です♪

---------------------------------------------------

Perfume 2010年 第3弾SINGLEリリース決定!!
「ねぇ」
2010/11/10(水) Release!!
■初回限定盤(CD+DVD) TKCA-73620 ¥1,300 (tax in)
■通常盤(CD) TKCA-73625 ¥1,000 (tax in)

[収録内容]

[CD]
1.ねぇ
2.FAKE IT
3.ねぇ -Original Instrumental-
4.FAKE IT -Original Instrumental-

[DVD]
1.ねぇ -Video Clip-

------------------------------------------------------

上記のようにタイトルは「ねぇ」と「FAKE IT」

語感からいって「ねぇ」は一定以上に親しい間柄で少し甘えを含んだような
問いかけの言葉のように感じます。友達以上恋人未満的な微妙なスタンス
か、はたまた既に恋人同士か、そんな二人の物語。
一方「FAKE IT」はFAKEの意味から何かしらの嘘、偽造、または装うといった
イメージがついて回ります。これまた語感ですが何となく「BEAT IT」を連想
するところからパンチの利いたPerfumeかくありきをあざ笑うような曲。

順当にいくと「ねぇ」は歌モノ、「FAKE IT」は待望の音モノ。

そうなんでしょうか神よ。

なんだか順当過ぎてつまらないですよね、大方の予想通りでは。

そろそろ「ウソでした!」みたいなことやりたくなっていませんか??

何となくA/Wのリリース時期にかかっているので路線が固定された曲なのかも
しれませんが何かびっくりするような出来事が欲しいです。曲はただただ楽しみ
なんです。そこにもうひと味が欲しいと思う秋の日の夜。

ここらあたりかと思えばあちら、あちらかと思えばもうそちら。

渇きに渇いた耳に弾ける音を流し込む。

予想していた手応えとは裏腹にその音は蜃気楼のように想像の遥か先をいっていた。

そんな驚きを勝手に期待しています。

祝賀ムードに浸りきった我々を力強く揺さぶって欲しい。

ROCK ME Perfume!!



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
Perfumeを勧める
2010-09-23-Thu  CATEGORY: perfume
人間自分が好きで大きな喜びをくれるものに触れると他の人にも勧めたく
なるものです。

ただ、その対象が好きであればあるほどどうしても気持ちが前に出ていって
しまって逆効果になったり、意図を上手く伝達する事ができなかったりで臍
を噛むような思いをしてしまうことがあります。

それがアート系のものであれば傾向はより顕著になります。感じ方は人により
けりですし、百聞は一見に如かず、という言葉を地で行く結果になるのはその
対象を愛好する身であれば自身が一番良くわかっていること。

いくら自分が好きで良いと思っていても押し付けは良くありません。

だから、そっと勧めています。

何か人知を超えたもの、例えば雲間から差し込む一条の光、アートとしか思え
ないような自然の造形物。

一瞬でそれは消えてしまうけれど、心にはいつまでも温かな残像を刻みつける。

奇跡のような偶然は必然としか言いようのないタイミングで重なり合い、一つの
アートを目の前に現出させる。

そういうものを目にする時、人の反応はそんなにバラエティに富んだものではない。


堪らずに叫び出す、呆然と立ち尽くす、ただこの時を永遠に閉じ込めたくなる。


自然に湧きあがる笑みと、胸を満たす柔らかな充足感。深い慈しみと共感。

ちょうどこんな感じ。



11/3、東京ドームでちょっとした奇跡が起こるかもしれないよ。

よかったら、行ってみたら??



トラックバック0 コメント4
お祝い事
2010-09-21-Tue  CATEGORY: perfume
が続いていますね。

今日9/21はPerfumeのメジャーデヴュー5周年&「リニアモーターガール」の
発売日でございます。
それに合わせてPTA内での催しでしたがファンクラブMovieの生放送も行われ
ました。思い思いの方法で皆様Perfumeを祝われたことと思います。

ここ最近女性としての美しさに更なる磨きがかかった感のある3人。

大人への階段を着実に登っているんだなぁ、という実感を持ってみることができます。

デヴュー当時から比べたら彼女達を認知する母数も今では桁違いになって
来ていることでしょう。きめ細かく行われていたファンサーヴィスも昔に比べた
らユニバーサルなものになってきていると思います。

それでも、彼女達は自分達が楽しむこと、ファンの皆さんが楽しむこと、その
互恵性を保って邁進してくれていると思います。

サービスの受け手は公平にそれを享受することを望みますし、それは無理からぬ
感情だし、ある意味当然だと思います。けれど、平等というのはある意味作り出さ
れた幻想であると言えます。

同じ金額を支払ってもライブでは席の優劣があるし、それに臨むタイミングですぐ
にサービスを享受できる人もそうでない人も出てきます。様々な方法で間口を狭め
てサービスをリリースするのはそれを経たからサービスを受けられる事を権利とし
て付与されるのではなく、あくまでサービスを享受するスタート地点に立てた、と
いうことだけ。

次に繋がるような建言であれば良い。けれど平等にして欲しいというのは残念だけ
ど望むべくもないこと。

それでも平等に付与された自由はある。

Perfumeの5周年という佳き日に対して声高く祝意を表すこと。

願望や幻想も含めて、ある意味夢も観させてくれる3人にはこれからも大きな期待
を持っている。

今日という日がPerfumeにとってもファンにとっても等分に佳き日であることを切に
願う。そして心を込めて贈りたい。

おめでとう、ありがとう。大好きだ☆




トラックバック0 コメント2
のっち、おめでとう!
2010-09-20-Mon  CATEGORY: のっち
本日9月20日はPerfumeの「のっち」こと大本彩乃さんのお誕生日ですね。

界隈では大変に賑わう祝賀行事です。

私も仕事をしながらTwitterでPerfumeファンの皆さんが一斉にお祝いを
つぶやいているTL(タイムライン)を眺めていたのですが、何とも微笑
ましい光景です。

全国各地、国内のみならず海外からも届くお祝いのメッセージ。

何人もの方がそれを眺めて書いていらっしゃいましたが、これほどファン
に熱烈に愛される方々はなかなかいないと思います。また彼女達にお祝い
を言いたいという衝動をこれだけの方が行動に移すというのもまたPerfume
ならではかな、と思います。


その模様を纏めて下さった方がいらっしゃいますのでリンクを貼ります。

⇒ のっちお誕生日のつぶやき集 2010/9/20

ちなみに去年のかしゆか、あ~ちゃんの時にも同じような光景がありました。

かしゆかお誕生日のつぶやき集 2009/12/23

⇒ あ~ちゃんお誕生日のつぶやき集 2010/2/15


人は第三者から何がしかの施しを受けるとそれに対してお返しをしなくては、と
いう感情が心理的に働きます。

これを「返報性の原理」などと申します。

彼女達が私達の前で魅せてくれる圧巻のライブ、抱腹のトーク、最高のスマイル。
そしていつも示してくれる深い感謝。

それらを体験することのできた方々は彼女達に対して何かを返したいとごく自然
に思うのでしょう。自分達が笑顔になれて、喜びを得られた分、彼女達にも同じ
ようなものを受け取ってもらいたいのです。

彼女達に対して何かをしたい、喜んでもらいたい、という行動。それは彼女達がもう
すでに私達にくれているもの、それを返したいんだという心理が働いているに違いない。

少なくとも自分はそう思っています。


のっち、いつも沢山の笑顔と喜びを本当にありがとう。素敵な22歳の時を…♪

何を隠そうPerfume、私ビジュアル的には彼女から入っております。大変ありがちな
パターンかと思いますが「マカロニ」のPVで8mmの向こうを付かず離れず歩んでいく
透明感いっぱいの彼女が見せる一挙一動に息を飲みました。

どこかに漂う寂寥感と親近感、その感覚と見事にマッチしたこのマッシュアップは
今でもお気に入りです。


トラックバック0 コメント2
あの付く言葉
2010-09-18-Sat  CATEGORY: 雑記
夏を境に忙しさが増してきています。

実際は8月初旬からもう下準備には入っていた新しい仕事が段々とその
輪郭をはっきりとさせてきて、関わる人間の数も増え、いよいよ退き引き
ならない状況となって来ています。

その仕事が正式にスタートする日は11/1。

わぁ、Perfumeのドーム公演とほぼ同じだぁ☆などと浮かれている余裕は
実際にはそんなにありません。

今のところスケジュールの全体観からして若干の遅れが生じているし、関
係各所に緊張感が少し足りない感が否めない。走り出したらもう止まる訳
にはいかないのに、ギブアップなんてできないのに意識的なズレが出てい
る気がする。
 
焦ってばかりいても仕方ないのだけれどプロジェクトには全体時計が必要
で、叱咤も必要になってくる。そして少しずつ余裕がなくなってくる。

笑おうとすれば顔の下半分までしか反応せず、個々のレベルに合わせて仕
事を組んでいかなければいけないのに焦りが棘のある言葉を生む。


そんな状況に苛立ちと疲弊を感じながら帰って来てみると届いていた封筒。

パラパラっと中を見ているとあまりに自然に飛びこんで来る言葉。



「ありがとう」



とてもシンプルで、とても深い意味を持つ一言です。


ああ、自分に今最も足りてないのはこれだな、と思いました。

仕事だから、相手があることだから、デッドラインがあるから。

色んな表層のことにかこつけて一番大切なものが見えなくなっていたのかな。
そういう仕事を任せようと思っていただけるのも、できると目算して始められる
のも一緒に奮闘する仲間達がいるからです。その存在にまず感謝しないとい
けない。

どんなに時間が無くたって、余裕が無くたって、たったの五文字の言葉が言え
ないわけなんてない。

心を込めて、伝えなきゃいけない。

この言葉が持つ強い力と意味、もう彼女達から嫌という程教わって来てるんだから。

11/3、この言葉を心を込めて3人に送る為に頑張らにゃ。


トラックバック0 コメント4
幸せの…
2010-09-16-Thu  CATEGORY: perfume
青い封筒はまだ来てませんでした…(><)


…。



のっち、早く!!
トラックバック0 コメント0
10月1日
2010-09-15-Wed  CATEGORY: perfume
何があろうとTVの前にいたいのです。

それには理由があるのです。

 ⇒ MUSIC STATION LINE UP

三部作の中ではとっつきも良く、歌とダンスがリンクする瞬間もたっぷりと
楽しめる佳曲。シンプルなPV、チープ感漂う映像の中で可愛さと格好良さ
を見事に共存させる3人。

武道館では本当に故障し、⊿では秘密を突き破って現れた電脳都市。

これテレビで見られるんだぁ♪

さすがテレ朝、スポンサーだけあります。これでドームチケットの売り上げが
更に伸長することを願いつつ、シティ祭りに酔いしれます☆









 ⇒ おまけ
トラックバック0 コメント2
着々と進行中
2010-09-14-Tue  CATEGORY: perfume
のようです。

かしゆかブログでリハが始まっていることのリークがあり、ドーム公演までの
残日数が50日になった時点で公式HPにリンクが貼られています。

 ⇒ Perfume LIVE@TOKYO DOME

とてもスタイリッシュなデザインですね。毎回特徴的なフォントを使って来る
PerfumeのHP。今回もありそうでないフォントを使ってきました。


いや~もう残すところ50日を切っているんですね、早いものです。Perfumeの
ライブは大体PTA先行でチケットを押さえてしまうので後はただ待つばかり。
わりと退屈だったりしますがその間は他のライブへ行ったり音楽を聴いたりし
てよりPerfumeを楽しめるようにしておきます。

目下何とか押さえたオールナイトイベントに向かって仕事の調整に励んで
います♪

海外の方は一回逃すとなかなか次の機会に恵まれないことが多いので注意し
ておかないといけません。

アルバムもよかったし楽しみ楽しみ♪



これ、秀作です。楽曲良いところ同士がしっかりと表現されてます。カッコいい!


トラックバック0 コメント0
クールダウン
2010-09-13-Mon  CATEGORY: perfume
の月とでも申しましょうか。

夏フェス三昧だったPerfumeさん、もうドームのリハに入られたそうです
が観る側にとってはライブもないもんで少しクールダウンといった趣きで
しょうか。

ただイベントは多い月ですね。

昨日の9/12はポリリズム発売3周年。

この曲からファンになったという人はかなりの量だと思いますし、自分も
この曲で初めて彼女達を認知しました。彼女達の運命を大きく左右した曲
といっても過言ではないこの曲、今ではどのタイミングで出しても大熱狂
間違いなし、Perfumeのアンセムとなりました。

そして来週9/20は言わずもがな、のっち22回目の誕生日。

天才型と申しましょうか、自分の魅力に無自覚でありながら自分が最も輝
く場所は感覚的に知っている。自分が最も好きな場所=自分が最も輝く場
所だと言うことなのでしょう。Newのっち、のっち22は我々にどんな魅力を
見せてくれるのでしょうか。楽しみです。

その翌日9/21はPTAネタですが「Pa! と楽しく遊ぼうライブ! Vol.3 」

ファンクラブ特典であるPTATVが生放送で放映されるという企画で今回で
3回目。恐らく2回目からは参加しているはずなんですがほぼ全く記憶があ
りません(笑)
確かかしゆかがアミューズの各所ででんぐり返ししている映像が流されてい
たような記憶がありますが定かではありません。今回はじっくり楽しませて
いただきます。(…、その時間までに退社できるかな…??)


9月はPerfumeにとって色々仕込みの月なのでしょうか。私としては今とても
忙しいので少しゆったりしといてもらえると嬉しいです。

Perfumeさん達はそのような感じですが中田さんは何をしているんだろう?
と思ったらまたまた良いお仕事をされていたようです♪

 ⇒  Kylie minogue × 中田ヤスタカ


トラックバック0 コメント2
地味に活動中。
2010-09-09-Thu  CATEGORY: perfume
気が付けば今年も最後のクォーターに突入しております。

Perfumeブロガーの方々のブログにはドームまでのカウンターを備えて下さって
いるところが多く、もう後二カ月もないんだということに今更ながらに気付かされ
て驚きつつ、結局は嬉しくて基本的には日々ニヤニヤしております。

RIJF以来とても忙しく毎日を過している内にいつの間にか台風が秋を連れて来て
しまったようです。

この夏、後半戦はPerfumeのパの字もない生活をしておりました。

自分では意識をしていなかったのですがだいぶPerfume欠乏症に陥っていたようです。


あれはまだ夏の熱気が大気をしているお盆過ぎの頃。

同僚と昼を買いがてら近所の某大手コンビニチェーンへ。

AKBのグッズ展開の凄さを横目で確認しつつ、雑誌コーナーをさらっと眺めてからお昼
を買って店外へ。すると何だか目の端に映るものがあり、そちらへ視線を向けると…。

100816_1515~0001

おお!ドームチケット発売告知ポスター!

そんなに目新しいものではないのですが、どこかへ見に行くわけでもなく、自分の
生活圏で見るPerfume、何となく新鮮でやけに嬉しかったんですね。


別に普通に眺めていたつもりなんですが、同僚曰くうっすら微笑んでいたとのこと。


Perfume好き好き紳士の皆様、どうぞご注意ください。日々適量のPerfumeを心身に
注入しておかないと何かのはずみで暴発、または流出している可能性があります。
その際の姿は余人にみせられぬ姿であることがごく稀にあるようです。

最後に件のポスターですが、店長様との円満な交渉により、今は我が家に♪

100904_2358~0001
トラックバック0 コメント6
繋がる未来
2010-09-08-Wed  CATEGORY: perfume
暫しの回想から帰ってくるとライブは佳境に差し掛かっている。

あの日のことを回想しながら、あの時よりも冷静に、あの時よりも感慨深く
ライブの熱を感じる。

あれだけ鮮烈だった記憶は少し輪郭を曖昧にしてきている。

その映像からあの日あの時に感じることができた「熱」は最早ない。

ただそれは憂うべきものではなく、寧ろ幸せに感じられることだ。その理由
はあまりにもはっきりしている。

あの日感じた熱感が今も体の芯に残っているから。

どの曲、どのシーンも自身の中にある熾きに再び風を送りこんでくるように
あの日を甦らせてくれる。この楽しみ方ができるのはあの日、あの場所にい
ることができた者だけの特権なんだろうと思う。

今回このタイミングでどうしてもこの設備で彼女達を再び感じたかったのは
もちろんその映像をまた自分がみたかったことにも当然起因するけれど、そ
れだけが理由というわけでもない。

遠く離れた地でこの映像が発売されるとの報を受けた時、真っ先に思い浮か
んだのは親父。

親父は忙しい人で、ほぼ家にいた記憶を持っていない。彼がようやく家に腰
を据えられるようになってからは入れ替わりのように自分が家に寄りつけな
いようになってしまった。

たまに一緒に出掛ける時、親父はお気に入りの曲を掛けてよくドライブに連れ
ていってくれた。親父が若い頃に好きだった曲達。それを掛けながら嬉しそう
に鼻歌を歌い、問わず語りに話してくれたその曲達と自分の思い出。

その当時の親父の年に近づくにつれ、親父の好きだった曲達がより深い味わい
をもって響いてきたことを昨日のことのように思い出す。

親父がどんな思いでこの曲達を傍らにおいて毎日を過ごしてきたのか。どんな
思いでそれを私に聴かせ、話をしてくれていたのか。

今となってはもう聞くこともできない。

でもその時間は自分にとって何にも代えがたい思い出で、その曲達は今でも自分
のお気に入りに据えられている。聴く度に色々思う。

その曲達は親父が自分に残してくれたギフト。

図らずもあの頃の親父と同じような状況にある今、どうしてもあいつに伝えたいこと
があるし、伝えたいものがある。

そう思った時、最も伝えたくて、また能弁に語りかけてくれるものとして私は彼女達
のこの映像を選んだ。

語らずとも何かは伝わるはず。

彼女達に出会って、何かを感じた者は必ず自分でそれを探らずにはいられず、自分の
思う形で彼女達を捉えるはず。そして彼女達自身が持つ魅力の虜になると同時に自分
の中にある何かが点火する。

その効能に何ら疑いはない。

私からあいつに贈るギフト。媒体は違えど親父から伝わった想い、繋がっていく道。

好きになってくれればいいけれど。

…、というかすかな不安も先ほどから私の後ろで固唾を飲んでいるところから杞憂
に終わりそうだ。

Scent of Perfume、堪能して欲しい。



トラックバック0 コメント2
未来に繋がる一日
2010-09-03-Fri  CATEGORY: perfume
さあ今から本編が始まる、という瞬間でスイッチを切る。


昔から変わらないものだ。楽しみにしてきたもの、大切にしてきたものにさあ
触れようとする時、できるだけその楽しみを長く楽しみたいと思う故に自分を
焦らしてしまう癖。



あの年の夏は記録的に暑かった。


それは心情的なものも多分に含む。年明け早々から精力的に活動していた
彼女達は各地の音楽フェスにも参加、各会場は猛暑日の暑さと観客の熱さ
が相乗効果をもたらし、ちょっとないくらいの盛り上がりを呈していた。
もちろん気候としても前年の冷夏を吹き飛ばしてしまうくらいの酷暑で、その
暑さは9月を過ぎて10月に入っても収まらず、秋の訪れを今や遅しと待ち侘
びる程に続いた。

そして2010年11月3日。


さすがの残暑もその勢いを失って久しい、緩やかに季節が下っていくのを肌で
感じることができる晩秋の一日。
秋の日はつるべ落とし、既に太陽は西側に移動して影が長く地面に映し出され
ている。休日の広場は子供たちの声がだいぶ高くなった空に吸い込まれていく
よう。休日の空間はどこか普段よりもゆっくり、優しく流れている。

ライブに行く時は可能な限り開場よりも数時間早く行くようにしている。

会場内では後数時間後に控えた本番に向けて入念なリハーサルが行われてい
る。入場口前には今回のタイトルが大きく映し出された大看板が掛けられ、準備
は万端。
秋の一日を楽しむ行楽客に交じって少しずつ集まるファン達。皆一様に幸せそう
な顔をしている。公式・非公式入り混じる愛情が全面に押し出されたTシャツの一
団がそこここに散見される。彼女達が今まで身に纏ってきた衣装を買ったり、作っ
たりして着込んで来た集団。
10代から50代、60代まで多様なファン層を持つ彼女達。その音楽であり、ダンスで
あり、容姿であり、言動であり、立ち居振る舞いであり、哲学であり。様々なedgeを
感じとって魅了されたファン達。入り口は様々なのだろうけれど今の心持ちがどん
なものであるかは一目瞭然、その表情が物語っている。

この幸せを噛み締めながら待つ瞬間を味わいたいからこそ早く足を運んでしまう。

日々は人により様々で、悲喜交々の背景があることだろう。でも今この時だけはそれ
らを一時脱ぎ捨てて、ただこの幸せを噛み締めていたい。どこかから流れてくる音楽
はchantのようにこの広い空間に広がっていく。

日も傾き始める時分、少しずつ会場に流れ始める人の波。

名残惜しいけれど、そろそろ行く時間だ。

あの日の僕は今ここに繋がった。
トラックバック0 コメント4
<< 2010/09 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。