アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近づいて参りました。
2010-10-28-Thu  CATEGORY: perfume
11/3、Perfume@東京ドーム。

そしてそれが近づいてくるということは私が今持っている仕事のスタート日
もまた近づいているということ。
携帯の待受けが東京ドームまでの時間をカウントダウンしていく度に喜びと
不安が交互に訪れます。

ただ何となく思うのは規模の大小はあるけれど、今の自分と彼女達の心持は
結構にているのかも知れないな、ということ。

Xデーに向かって打ち合わせを重ね、リハーサルを重ね、入念に準備を続ける。

最高の当日の為に今できる最高の準備をする。

きっとどれだけ本番のような練習を繰り返しても不安が消えることはない。
けれど、できるって思わなきゃしようがない。

そうやって自信と不安が綯い交ぜになった一種のトランス状態で本番を迎える。


そしてそんな場面を何度も何度も経験している内にいつしか視線はもう少し
先を見据えるようになる。本番は確かに一つの重要な点だけれど、そこから
続いていく線がどこへ向かって伸びていくのか、それは迷うことなく進めて
いけるのかこそが重要なんだと思うようになる。

きっと東京ドームという本番を前にして、彼女達は最高の準備を重ねている
と思うし、素晴らしいステージを見せてくれると思う。

そんな彼女達が、今より先を見据える彼女達がどこへ視線を定めているのか。

それもまた興味深い。

そんな僕にできることはまず、この仕事をしっかりと軌道に乗せること。

まぁ、まずはそこから。

未来を見据えるにはまず、足元を確かにすることが大事。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
盛りだくさん。(注意!ドームチケット画像アリ)
2010-10-22-Fri  CATEGORY: perfume
久々に色んなことがあった一日でした。もちろんPerfume関連のね♪

本日は午後出勤だったのですが出勤する間際に訪いの声が。

いや~暫し見入って遅刻しそうになりました。

101021_1053~0001

いや~ニヤニヤしちゃいますね♪

これは早朝のドームでしょうか。特に気負いがあるわけでもなく、普段着
のような格好で微笑む3人。

そんなふうに我々も楽しみたいし、3人にも楽しんで欲しいものです。


そして帰宅後はPerfume LOCKSにてNS「ねぇ」の宇宙初オンエア。

最近はスルメ曲より鬼キャッチーな曲の方が多い気がしますがこれもそんな
第一印象を持ちました。敢えて感想を書きませんし、リピートして聴く気も今は
ありません。

今回は自然に任せてライブに臨むのでシャットアウトも何もしない。

訪れる自然な喜びに身を委ねたいな、と思うが故です。

そしてもう一つ楽しみなのはひょっとしたらブロともになっていただいている方、
ブログへ足を運んで下さる方、またこちらからお邪魔させていただいている方。
そんなみなさんにお会いできるチャンスがドームではあるということ。


私にはPerfumeを通じて得たたくさんの出会いがあります。

全国各地に散らばった無数の点達がPerfumeという線を辿ってドームへと辿り着く。

そこでまた素敵な出会いがあることを願っています♪
トラックバック0 コメント0
その時は…
2010-10-21-Thu  CATEGORY: Perfume・LIVE
早くなることもなく、かといって遅くもなく、ただ確実に近づいてくる。

後、13日。

その時が訪れるまではただ待ち遠しく、思いは巡るばかり。

どんな風景がそこに現れるのか、どんな思いが自身に去来するのか。

その答えは、あまりにもあっさりと距離を縮めて目の前に迫り、そして通り
過ぎて行くことだろう。

沸点に達した熱はゆっくりとではあるが確実に冷めていく。いつもと同じに
戻っていく。

いつまでもいつまでもその場に留まっていたいけれど、いつまでもいつまでも
その熱を体に内包していたいけれど、いつまでもいつまでもその映像を心の中
に焼き付けておきたいけれど。

それは叶わない。

分かっている。それでも、そんな夢物語の実現を願ってしまう。


こんなに毎日は慌ただしくて、煩わしくて、気忙しいくせに過ぎてしまえば振り返りも
してくれないというのに。


そして、同時に分かっていることがある。


その時は確実に過ぎていってしまうけれど、自分の中に一つの火種を落としていく。

それは何故だか時を選んで、形を変えて現れる。それでも現れた時にはそれだと
自然に理解できる不確かなのに確かなもの。

それは俯瞰すれば一瞬のように感じる僅かな時に手に入れた、宝石の輝きに似て永久
を感じさせるもの。

点を打ち続け、線を引き続け、どこかに向かってずっと描いてきたものはきっと、その
時もまた描き出しているんだろう。

そしてそれはずっと続いていくんだろう。



早く来て欲しいのに、来て欲しくないような不思議な気分。


二つに分かれた自分は2010年11月3日、また一つに重なる。




トラックバック0 コメント2
空に吸われし
2010-10-14-Thu  CATEGORY: Perfume・楽曲
日中は少し汗ばむくらいに暑くて、どこかに夏の名残りを感じさせる毎日。
ですが日が傾く毎に熱は引いて、残照が末期の盛りを西の空に焼き付け
る頃にはしっとりとした涼しさが全身を包みます。

秋の日、その夕暮れは徐々に薄れている熱に名残惜しさを感じながらも
訪れる夜を粛々と受け入れる様な潔さを感じます。そこに少しの寂を感じ
つつ。

この時期、もう彼女達を知ってから毎年の事になりますが「マカロニ」が
聴きたくなります。


「これくらいの感じで、多分ちょうどいいよね。」


このフレーズに象徴されるように良い意味で実に脱力した想いの歌。

愛情はお互いの意識が揃うことが大事ですが、それはなかなか儘ならない
ものです。思い入れが強いが故に前に前にばかり目が行ってしまったり、
その目的を見失って手段に終始してしまったり。

特に若いうちはその出し入れができず、自分の気持ちにすら戸惑いを覚え
しまうようなことがあると思いますが、この歌の世界にはそういうものが一切
ない。

けれどとても深い愛情を感じます。

かくあるべきと定義付けを敢えてせず、そこにあるありのままを受け入れる
様な懐の深さ。求めるよりも与えることに重きをおき、不確実な事柄さえも
楽しむ。

この歌の世界、すぐには辿り着けない境地にあると思います。

この境地に辿り着くには相応の時間・経験が必要でしょうし、ある種の無常観と
諦観を悟る必要があります。寂とも言えるかもしれません。
変わらないものを信じられたなら日々や時間を概念としてもつ事はなく、惜しむ
ということをしないでしょう。今日も明日も明後日も同じであるなら今日一日に
かける想いは相対的に軽くなる。
全てを手に入れようと思ったなら物事の本質を捉え、取捨選択をする努力を疎か
にしてしまうでしょう。全てを手の内に納めるなら一つ一つへの思い入れもまた
軽くなる。

そんなものを踏まえた上にある想いが感じられるこの歌は、十代の子達が歌うに
は少し荷が重いように感じます。けれど彼女達は見事に歌いこなしました。映像
の中で躍動し、笑み崩れる彼女達は可憐で世界の終わりなんか永遠に来ないよう
に思います。けれど少し遠くを見る目、表情、一瞬のカットの中に見事なまでの
寂が表現されている。

そこに彼女達の表現者としての確かさ、重ねた時の重さを感じずにはいられません。

わが世の春をこれから謳歌すべき時、年にそれらが過ぎた後に訪れる境地をも
内包する彼女達。


僕が彼女達とこの歌を愛してやまない理由の一つはここらあたりにあるような気
がしています。


それはずっと想い続けていなければ霧消してしまうのようなものではなく、その時
その場の感覚で持つことのできる変わり続けるけれど本質は変わることのない想い。
煮詰める内に形は消えてしまうかもしれないけれど、その存在が失われるわけでは
ない。わからないことは不安ではない。

もし、最後の時が来るのだったらせめてそれまでは守り続けたい。そんな思いを込めて
今年もまたしみじみと耽溺しています。




タイトルは石川啄木の歌集「一握の砂」中より部分拝借。

無常の中にあるかもしれない不変、もしそんなものがあるならば。答えなどなくても
いい。けれど探し続けはするだろう。それが見上げた空にあるかのように。
トラックバック0 コメント2
振り返りから期待へ
2010-10-12-Tue  CATEGORY: perfume
久々にゆっくりと街をふらふらする時間を作れました。

だいぶ涼しくなった街を歩き、行きつけのショップで秋冬物を物色。
NBBがあればいいのにと思いつつレディスの秋冬物も何となくチェック。

レコード屋で「ねぇ/FAKE IT」の予約票を眺めてにんまりしつつ、ここ
最近TVでもよく見かけるK-POPを暫しモニターで鑑賞。店員さんのお勧め
POPを一渡り読み倒して若干の衝動買い。

最後は本屋でのんびり立ち読み。

ビジネス新書を真面目な振りして斜め読みをしてから音楽雑誌コーナーへ。

OTO人のFES特集に暫し没頭。

この雑誌のライターさん、金光さんを筆頭にとても優しい記事を書かれます。
見たまま、感じたままを味付けなく、それでいて言わんとすることがすっと
入ってくるような文章で表現されている。

Perfumeにまつわるフェスの記事は今季唯一逃したモンバスのもの。

う~ん、行きたかったな。

参加者曰く、大変な猛暑の中で遮るもののないステージは地獄絵図だったと
聞きましたがどうして、皆さんとっても素敵な笑顔です。もちろんPerfumeの
3人はおっきな笑顔と貫禄のダンスでステージを我がものとされたよう。

ライブハウストゥワーで、また先週末のクラブ活動で音響のいい会場でのライブ
は音楽を楽しむ、また近くで演者を感じるということについては申し分ない。

けれど小中規模の会場に利点があるように大容量の会場にも利点はある。

野外、音は頑張ってもライブハウスにはかなわないけれど熱気や一体感の規模
は途方もなく大きい。会場全体が作るうねり、それが一つになった時の充実感
はとんでもない。

ドームだってきっとそう。

中心にいるPerfume。見守るTeam、Perfumeを愛するファン。

この層が作り出すうねり、今はただ楽しみで仕方ない。彼女達の意気込みは当然
伝わってくる。そして、ファン達の意気込みもまた様々な媒体から相応に伝わって
くる。

ドーム、その場にいられることを今切に願っている。
トラックバック0 コメント2
クラブ活動
2010-10-10-Sun  CATEGORY: 雑記
でございます。

たまには重低音を浴びないとね♪

underworld楽しみ!
トラックバック0 コメント0
何かが
2010-10-08-Fri  CATEGORY: のっち
突然降りてきたかのようなブログです。

PTA会員限定で見られるのっちの日記。

その内容はあまりに突拍子がなく、それでいてリズムがあって情景が
思い浮かんでしまうものでした。

これ、彼女が好きな漫画か何かある景色なんでしょうかね?

場面設定はしっかりしているし、如何にも閑静な住宅街か少し郊外の
スクールゾーンにありそうな景色です。

彼女の大好きな金木犀の香りから始まった空想なのでしょうがとても
素敵な文章です。

ゆったりとした時間の中で日々起こる出来事。それは決していつも目新しい
ことではないけれど一つ一つが大切なもの。そこにあるのは純粋な心の交感
と優しさ、触れ合い。
そこでは何も隠すことのない自分でいられるし、隠す必要もない。欲しいもの
を欲しいと言い、あげられるものならなんでもあげる。

どこにでもありそうで、その実どこにもないような風景。


なんていうか、いじらしいと言ったらいいのか。

文章こそしっかり書けていますが小さい子がよくやるような夢物語に聞こえます。

「あのね~、のっちね~、生まれ変わったらぁ、猫さんになるの!

 みんなといっつも一緒に遊んで可愛がられて、おやつももらって。

 あ、あのクリーニング屋さんの猫になりたい。そしたらいっつも
 
 金木犀の香りが嗅げるもんね!」

みたいな。

可愛い子ですね、のっちは。
トラックバック0 コメント0
26DAYS
2010-10-07-Thu  CATEGORY: perfume
なんですって。

携帯を開く度に3人が教えてくれるのですが焦ります。

ドームが近くなるということは仕事のリリース日も近づいていると
いう訳で。だいぶ切羽詰まってきたし余裕もなくなってきています。
ただもう後やるはそんなにないんです。

Everythingを合わせてこ。

もうそれくらいでしょう。点と線、拡散したもの収束していって一つ
の結晶に仕上げる。それに向けて進むのみ。


それが終わったならきっと全身全霊をもってライブに臨めるはず。

初めてライブに行く方々の中にはライブのお作法を気にする方が多く
いらっしゃるようですが、あれをやらなくてはいけない、これはやるべき
だ、なんて考えていると初めてのPerfumeに痺れる、という一番楽しい
一時を逃してしまうかも。

一体感のあるライブがPerfumeの醍醐味で、振りやコールが同期出来たら
そりゃあ楽しい。けど、まずは自分の中から湧きあがるものに耳を傾けて
はどうだろう。

声なんて、体なんて知らない内に出るし動くよ。

気持ちだってどんどん前に前にいっちゃって、説明のつかない涙だって
流しちゃってるかもしれない。

そして、気付いたらみんなと一緒になってるよ。

だから、Don't think,feel and enjoy Perfume!


トラックバック0 コメント4
出会い頭に…
2010-10-06-Wed  CATEGORY: perfume
気分もいい加減にささくれて、身も心もくたくたになって帰宅。

一人暮らしの悲しき習性、賑やかしの為にとりあえず点けるTV。

別に気を入れて見るわけでもなく、横目に捉えながら着替えをし、
味気ないコンビニごはんをもそもそと口に運びつつ雑誌をめくる。

風呂に湯を張り、片づけをしながら粛々と睡眠までの最短距離を
いつものペースで進行している最中、それは訪れた。

 ⇒ NBB×Perfume CM

世界で五指に入れるほど呆けた顔できっと眺めてたんだろうと思う。

だって目、奪われちゃったんだもの。

感情の起伏がほぼない平坦な状態から一気に意識はその画面に集中&歓喜。

素敵だなぁってごく素直に思う映像。

当然Perfumeも素敵なんだけど、宣伝される洋服にもしっかりとフォーカス
されていて、シンプルでシックな中にも背景とのコントラストでしっかりと色味
やデザインが映えるようになっている。

児玉監督、脱帽です。

そして今日初めて見た「かしゆかだらけ」編。

改めてその可愛らしさと美しさに打ち抜かれました。

本当に綺麗になったなぁ…☆
トラックバック0 コメント6
NBB×Perfume CM公開
2010-10-05-Tue  CATEGORY: perfume
されているようですね。

まだこの目で確かめてはおりませんが評価はとても良さそうです。

最近は情報源としてTwitterを活用しているのですが情報が早いこと
早いこと。キモナタリーを遥かに超えるスピードで情報がTLを流れて
いきます。

今回の新曲「ねぇ/FAKE IT」、またしてもできたら東京ドームで初めて
聴く、という状態を作りたいなぁと思っていますがあまり意識して封鎖
をしようとも思っていません。

何気ない気持ちが一番の本物ですからね。

今回もCMの監督は児玉裕一さんということでとても映像に会うのを楽しみ
にしております。


さて、少しずつ秋の色も濃くなり始めています。

このままの陽気で行くと東京ドームの頃は紅葉が一番綺麗な時期に当たる
かもしれませんね。

秋は彼女達を本格的に知ることになった曲「マカロニ」の季節です。

今年も何かに事寄せてつらつらと何か書いてみたいもの。


ただ、今日はこんな気分。

なんでかこの曲と「across the universe」は秋のイメージがある。



残月を向こうに上がる太陽

高い空にある光は優しく

そっと背中を押すように

きゅっと抱きしめるように僕らを照らす

だから、大丈夫

そんな優しい目が見守る中で秋の日を楽しんだ記憶

今はそんなふうに誰かを眺めてる

眩しさに目を細め

胸に一杯の感謝と慈しみを胸に

感謝祭はもうすぐだ


トラックバック0 コメント2
手慰み
2010-10-04-Mon  CATEGORY: perfume
子供は何かお気に入りのおもちゃを手に入れると何もかもを忘れて
そのおもちゃに没頭することがあります。

仔細に眺めて悦に入ってみたり、様々な状況を作ってそのおもちゃ
との関係性を楽しんだり、おもちゃを自分の空想の中で思う存分に
動かしたり。

そりゃあもう夢中で遊ぶものです。

そういう様ってとても微笑ましくて可愛らしいですよね。



…。



そう、子供なら。


それをいい年したおっさんがやらかした日にはもう目も当てられない。


Perfume@東京ドーム記念「プレミアカウントダウン待受」

もう皆さんDLは御済みでしょうか??

これ、とてもスタイリッシュなデザインとフォントで仕事中の携帯待受
としても違和感なく馴染むのですが、その後が宜しくない。

まるで「bijin時計」のように愛らしい彼女達が東京ドームまでの残日数を
教えてくれるんです。これはいかん。

PCのデスクトップではNBB×Perfumeがくるくる。

携帯は不必要にぱかぱか。

そしてにたにたする残念サラリーマン。


大人コドモ、負のループです。


※ループ、ということで強引に持って行きますが「GIRL POP FACTORY10」で
オープニングアクトを務めたガールズバンド「ねごと」。彼女達の代表曲で
ある「ループ」MVは関さんが監督を務めていらっしゃるようです。


トラックバック0 コメント0
NBB×Perfume A/Wver.
2010-10-03-Sun  CATEGORY: perfume
ご存知の方も多いと思いますが出ました第二弾。

アパレル系のモデルは割合通年採用されることが多いのでただ期待だけを
して待っていましたがやはりというかなんというか…。

171631548-bb01d97f5ce16d336273558f549fc343_4ca806c8-scaled_convert_20101004012910.jpg

NBBの公式HPでは360°から3人のコーディネートを確認できる画面もあり
ます。トラッドな雰囲気でしっとり決めております。若干色味が少ない気も
しますがこういうPerfumeもかっこいいですね。

 ⇒ NBB×Perfume 360°catalogue

静かな空間でひたすらくるくる回る3人。

作業をしながら別ウィンドウでHPを開いておき、一息つく毎に鑑賞。

くるくる~。


くるくる~~。


くるくる~~~。







……、ちょっとNBB行って来ようかな。
トラックバック0 コメント4
10/1、Mステにて
2010-10-02-Sat  CATEGORY: perfume
「コンピューターシティ」を歌唱。

ファンであれば知らない人はいない、というよりその名前を聴くだけで
盛り上がってしまう鉄板の一曲。

ライブでは歌詞に合わせて音が飛んで、Perfume共々システムが「故障」
を起こしたようなMixに仕上げたり、前曲のアウトロからフェードインして
始まったりと様々な工夫をして歌われてきた。


近未来三部作、と言われる3曲がPerfumeには存在する。

「リニアモーターガール」

「コンピューターシティ」

「エレクトロワールド」

メジャーデヴュー後の3作で可愛さとカッコよさがどちらかと言えば前者よりに
作られていた曲が後者に寄り始めたのはこの頃。

そのど真ん中に位置するこの曲は可愛らしくも響く重低音が異質感を持っている。

彼女達の声、ダンスが持つ可愛らしさと音楽が作り出すカッコよさ。

これがあの曲の黄金比なのだと思っている。

すごく感動的なことだったし、あ~ちゃんの話からも思い入れの深さやあの場で
歌えることの喜びが伝わる素晴らしい一幕だったのは認めるところ。

でも、あの曲のポテンシャルは引き出しきれなかったように思う。

もっとなんだよ、あの曲のすごさは。だからライブ、行かなきゃ。





トラックバック0 コメント2
やはり…。
2010-10-01-Fri  CATEGORY: perfume
170452077.jpg
来ましたね、タイアップ。

どっちの曲が乗るんでしょ?

できればドームまで聴きたくないなぁ…笑

ま、あくまでSilhouetteですからPerfumeかどうかわかんないですけどね~☆

 ⇒ NATURAL BEAUTY BASIC HP
トラックバック0 コメント0
残すところ後…
2010-10-01-Fri  CATEGORY: perfume
33日でございます。

10月に入り、日々秋の気配が濃くなっているようです。ドームの頃は
ちょうど紅葉が美しい時期になっているかもしれません。


さて、本日10月1日はPerfumeがMusic Stationに出演し、ライブでは
鉄板の佳曲「コンピューターシティ」を披露する日です。

この曲をきっかけにまた沢山の方がPerfumeを好きになり、彼女達の
ホームへ足を踏み入れていただけたらいいな、と一ファンとして祈念
しております。


重なり合い不思議と優しく響く3人の声、もっと聴きたくなるでしょう?

可愛らしくも鍛錬に裏打ちされた見応えの充分のダンス、もっと見たくなるでしょう?

のっち、情感たっぷりに眉根を寄せる表情が美しいでしょう?

かしゆか、長い髪をしなやかに纏わせて踊る姿が素敵でしょう?

あ~ちゃん、おっとりとしているようで機知に富んだトークが楽しいでしょう?

3人、とても仲睦まじい様子が自然と笑みを誘うでしょう?


そんな姿に少しでも興味を持ち、もっと見たいと思ったなら是非ライブへ足を
運んでみて下さい。
ご覧になっていた彼女達が霞んでしまうくらい素敵な彼女達に改めて出会える
と思います。

彼女達のホーム、それはライブです。

彼女達を愛して止まないファン達が幸福に満ちたchantを奏でる中、その思いを
全身に受けて満面の笑みを見せてくれる彼女達がいます。

そんな熱くて優しい空間の中、彼女達は一番のパフォーマンスを披露してくれます。

これを見逃す手はない。


彼女達が歩いてきた12345678910。そこから始まる11。

その場に居合わせることの出来る方が更に増えるきっかけになったら嬉しい。


今日ばっかりはさっさと仕事を片付けて、on timeでよそ行きの彼女達を鑑賞しなくては!



トラックバック0 コメント0
<< 2010/10 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。