アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~ちゃんお誕生日おめでとう!
2011-02-15-Tue  CATEGORY: あ~ちゃん
久々の更新です。半ば狙ってました、はい。

あ~ちゃん22歳のお誕生日おめでとうございます!


思えば初めて体感した代々木のライブ以来彼女の言葉、その想いの強さに心を
奪われ続けています。
それ以前も動画やファンクラブ内のブログで彼女の言葉を目にているし聴いて
もいましたが、彼女が同じ時、同じ場所で発信した言葉達にはそこでしか体感
することのできない「熱」があったように思います。
スピーチ法とか技巧的な何かがあるわけではないと思います。彼女の言葉はただ、
自身の胸の内にあるものを言葉として紡ぎ出すことに衒いも恐れもない、ありのまま
を今ここで表現したい、という強い意志がひしひしと感じられるのです。

彼女の話は擬音が入り混じったり、あれもこれもと要素が足されていって着地点が
どこにあるのか少しわからなくなったりすることが間々あります。でもその内容にブレ
はないのです。
のっちのダンスのように、鋭利な刃物で切りこんで来るような切れ味はありませんが
ゆっくりと潮が満ちるように彼女の想いは流れ込んできます。それは温かで肌理から
沁み渡るようです。

彼女の話を聴く度に思うのです。

技術も確かに大事なのです。より伝わる方法があるのならそれを実践しない手はない
し、道具立ても重要です。

でも、本来の目的に帰った時、手練手管を駆使することは目的ではない。

大事なのは今、自分がどのように感じていて、それを過たずに伝えきること。そここそ
が重要であり、それ以外は副次的な要素なんです。

彼女の言葉はそんなコミュニケーションの本質を自分に教えてくれます。


Perfumeのライブ、臨界近い熱量の中で行われる光と音の饗宴。それは彼女達の歌と
ダンスによるところはとても大きい。その中で私は前者二つと同じくらい彼女のトークに
もライブならではの楽しみがあると思っています。

彼女は「VOICE/575」の時のインタヴューでラップは溢れんばかりに伝えたいことを
詰め込んだものでそんな簡単にやるのはいかがなものか、なんてことを謙遜を交えな
がら話していました。
そういう意味で言えば彼女のトークは同じような意味合いがあるのでないでしょうか。
韻こそ踏まれてはいませんが、ライブ会場の中で稀有な静寂をBGMにして、リズミカル
に流れてくる彼女の言葉はもう一つの演目だと私は思います。

今年もまた、更に磨きを掛け、輝きを増したであろう彼女の冴え渡るトークを会場で
聴けることを心の底から楽しみにしています。

言葉にして発する、それはもう後戻りができないことの証左であり、一つの決意表明
であります。言葉は雄弁ですが発した途端に独り歩きも始めるものです。それが故に
喜びも呼び込むだろうし、苦労もまた呼び込むでしょう。言葉を発する事は覚悟が要る
行為です。そのことに正面から取り組む彼女を私は愛して止みません。

どうか彼女の一年にまた沢山の喜びが訪れますように。

彼女の存在は日々を泳ぐ私にとって大きな力の根源です。願わくば私も彼女の力、その
一助であることができますように。


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
<< 2011/02 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。