アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰かを
2011-03-21-Mon  CATEGORY: 雑記
想うということはそれだけで心強くなれるものです。

自分以外の誰かに気を遣る、という事は人を気にかける余裕のある人が
やるべきことなのかもしれません。自分の事も儘ならないのに他人の事
など考えるべきではないのかもしれません。
けれど、自分が儘ならない時ほど誰を気にしてしまうことはないでしょうか。
自分がきつくて辛くて、どうにかなってしまいそうな時程誰かを想い、その人
の消息が気になったり。
そんな時、誰かを心配しながらもその実、その人のお陰で自分の心も救われ
ているんじゃないかと思います。自我に囚われ、自責の念に苛まれてしまう自分
の心から解放される糸口がそこにはある気がします。
心の中に誰かへの温かな想いを灯すことによって自分の平衡感覚や温度感を
取り戻し、また自分の戦いへと向かっていく活力とするような感覚。

そんなものが、あるんじゃないかなと思います。

何をしてくれなくてもいい、ただ存在してくれるだけで有り難いものがあります。

そして誰かにただ想われるだけであったとしても、その想いを相手に持たせる
ことによってその人の元気や活力になって差し上げることはできるのです。

想い、想われること。

それはとても素敵で、温かくて、強いものです。それが持てるというだけで
素晴らしいことなのです。

だから、大丈夫。それでいいんです。


あ~ちゃんのブログを見ながらそんなことを思いました。




神奈川地方、今日はとても良いお天気でした。

「春の海 終日のたり のたりかな」、「目出度さも ちう位也 おらが春」

なんてのどかな575が浮かぶような麗らかな春の日。

春、晴る、墾る、張る。

空は優しく穏やかに晴れて在り、産み出す為の開墾がゆっくりと始められ、
目をやれば草木の芽は頼もしく張っている。 

自然と笑みが零れてしまうような季節はもうすぐそこ。







スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
私は
2011-03-20-Sun  CATEGORY: perfume
所謂「大人」の範疇にいると思っています。

日々の事に一喜一憂することは年と共に少なくなり、何かを妄信する事は
稀であります。
全てをさらけ出して人前に出る事はほぼなく、幾重にも壁を築いて人と接し
ます。発する言葉はなるべく抽象的にして明言は避け、相手の言葉の裏を
鑑みて真意を探ります。
打算的であり、頭の中では常に算盤がかちゃかちゃと音を立てて損得勘定
に余念がありません。効率を旨とし、無駄を心の底から嫌います。虚飾を排
して実を取り、結果が同じであればなるべく単純であることを良しとします。
目に見えないものは信じないと言わないまでも意識の外側に置き、目に見え
るものを重視します。
腹芸が得意であり、裏腹とはよく言ったものだと日々思っています。信じろ
と声高に求められるものほど信じず、話半分で聞き流しながら自分が納得
できるまで水面下で裏を取ります。

私はそういう人間です。

そんな人間である私は様々な経験則や実地の検証、その対象の一挙一動を
至極冷静に分析した結果信じる以外の答えは必要ないという結論に達しました。

これは決して妄信ではなく、また勘違いでもないのです。

当たり前の帰結で、ただ深く感じ入り、温かな想いを心に満たせば良いのです。

その美しさに嘘が入り込む余地は一片もありません。

かしゆか317
のっち317
あ~ちゃん317
Perfume317.jpg


そして、無駄な事が嫌いな私はただ人々の安寧を願い、一刻も早い復興を願い、それに
必要な行動を粛々と行います。

 ⇒ アミューズ募金のご案内

とりあえずGO!FES!!は行ったつもりになるつもりです。
トラックバック0 コメント6
Perfume離れ
2011-03-03-Thu  CATEGORY: perfume
あっと言う間にもう3月、街にも少しずつ春の気配が近づいてきています。

相変わらず忙しい日々が続いているのですが少しずつ形が見えてきたかな、
と思っています。依然厳しい状況に変わりがある訳ではないのですが、どこ
へ向かってどこに注力をして、どういう形にしていくかは以前よりずっと具体的
になりました。

ま、そんなこんなで仕事ばかりしているわけです。

ブログタイトルに「Perfumeを応援する日々の記録」と銘打っておきながら、応援
はおろか日々の記録すら怪しい。反省頻りです。
Perfumeに関して最低限度の情報は追えています。ライブへの参戦も当然日々の
計画に入っていますし、雑誌等も可能な限り目を通しています。

ですが満喫もできていませんし、のめり込んでもいません。

それは片手間に触れる、ということが出来ない存在だからです。

一分一秒を惜しんでいるつもりですが仕事以外のことだって当然しています。雑誌も
読むしツイッターだってする。音楽も聴けば買い物にも行きます。でもPerfumeに触れ
ることはながらでできないんですよね。

また、それはPerfumeに触れる時の自分ルールにも由来します。

いい仕事をしたご褒美にPerfumeはあり、それができなければ心からPerfumeを楽しむ
ことはできません。彼女達の一挙一動からは様々なものを感じとれるし、ライブに足を
運べばその組織やチームの結束力など、正であり精であり聖である力を身に受ける事が
できます。

そういうものは自分もしっかり受け止める準備をしてこそ受容できるものも多いはずです。

ひょっとしたら去年一昨年みたいに無邪気にPerfumeを満喫できる日は心情的にはもう
来ないかもしれません。

でも、それでもいいと思っています。

だって、彼女達と出会えたんです。奇跡のようなタイミングで、偶然なのにそれを必然と
信じてしまえるような緊密さで。

それがある限り、僕はずっと彼女達を応援し続けます。その気持ちは時と共に層を厚くし、
深みを増していくことでしょう。

時を生き抜く力、彼女達には間違いなくそれがあります。





…、と、あるでブログ閉鎖みたいな書き方してますけど続けます。まぁお目汚しにならぬ
程度にひっそりとね。


ちゃあぽん、お姉さんより一足お先にご卒業されたんですね。おめでとうございます。
肩幅が広く、手足が長いのでダンスが映えますね。スッキリしたショートカットも楚々
として爽やかですね♪




トラックバック0 コメント4
<< 2011/03 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。