アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OTO人6月号
2011-05-12-Thu  CATEGORY: perfume
読んでます。

久々にPerfume関連雑誌を開きました。

あ、もちろんTVBrosは数冊購入してますし、掲載誌は一渡り手に入れている
のですが中々ゆっくり読むゆとりがなくて積読状態になっておりました。

一度習慣から外れたものをもう一度取り戻すのはなかなか大変です。

さて、彼女達が常時掲載される雑誌は数あれど、OTO人は特に読み応えがある
な、と感じています。インタビュアーの金光さん、本当に良いお仕事をされて
います。
テーマを一つポンと投げて、後はインタビュイーの気の向くままに話を引き出す。
相槌を打ちながら、気持ち良く話をさせながら、方向の修正もさりげなくこなす。

彼女達は表現者ですから色々なことを表現したい欲求もあるでしょうし、できる
限り話をしてくれようとします。それがともすると気持ちが少しばかり先行して
いってしまったりテーマがドリフトしてしまう危険も孕むのですが、彼の的確な
方向付けのお陰で短くてもまとまりのある内容になっていると思います。

読んでいてとても気持ちいい雑誌です。

内容は三者三様、彼女達らしい言葉達が並んでいます。

この個性のバラツキは彼女達の相互補完性にとてもいい影響を与えているのでしょうね。


あ~ちゃんの天真爛漫さ、のっちの天衣無縫さ、かしゆかの勤勉実直さ。

読んでいてああ、Perfumeだな、あ~ちゃんだな、のっちだな、かしゆかだな、と思います。


そんな彼女達の言葉、今回は特にかしゆかのインタビューに共感を覚えました。

自分も今似たような感情があるんです。

周りは常に自分をみているけれど、看板背負ってやっている限りは個人の感情よりも
組織としての完成度が優先。ちょっとの努力が足りないが為に全てが瓦解してしまう
ようなことは避けたい。その為に守って、攻めての常在戦場状態。
そんな中で常にギリギリの緊張感を持ち、それを組織の中にも伝播させていく。それ
もまた自分の仕事。

でも、自分だけで仕事しているわけでもないし、自分の解だけが唯一でもない。

時には考えを預けて、それもアリかな、というくらいの受け入れも必要。

周囲、特に上はそうすることを望んでいるし、時間はかかるけれどいつかはやらせない
といけないこと。

でも、何か楽してるみたいに感じるんですよね。

この環境に折り合いを付けて、その中で自分の役割を明確にしていけばいいんだ、と
思っているし、その為の努力も惜しまないつもりだけどテンション、緊張感は今まで
よりずっと少ない。
そうなると自分の存在意義、自分の強みとしてきた部分が薄まるような気がしてしまい
ます。


ちょうどそんなことを考えていたもので、彼女の懊悩が少し親近感をもって目に映り
ました。


私の場合はこれを好機として身幅を広げる時期なんだと思っています。ゼネラリスト
として領域を広げる時期に来ていて、そこに向けてまた自分を追い込んで行くことが
求められているのだろうと。

同じ方法でテンションを高めていくことも大事ですが、緊張の糸自体を太く強くする
ことはテンションを懸けることと同じくらい大事です。糸が太くなれば懸けられる
テンションももっと強くすることができる。

困ったり悩んだりすることは次へのジャンプ台なんじゃないでしょうか。

だから、かしゆかもきっと新たな自分を見つけ出していけるんじゃないかと無責任に
思っています。

彼女の考え方、自分はとても好きなんですよね。

頑張って欲しいし、彼女を見てまた自分も頑張れます。

踊っていても歌っていても、そして悩んでいても、かしゆか可愛いよかしゆか、です。


さ、そんな素敵な彼女達を見に、行っちゃいましょうかね。オキナワ(笑)
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
生きています
2011-05-03-Tue  CATEGORY: perfume
とりあえず生存確認おば。


そして相変わらずLOVE Perfumeです。

ええ、間違いなく。


だってろくに休めもしないのにちゃんと行きましたからね。
大阪城ホール。


ゆかちゃんかと思うくらい丈の短いあ~ちゃんもちゃんと瞼に
納めて参りました。


そして、変らない輝きを放つ3人をこれでもかというくらい堪能してきました。

変らない大事な仲間達との再会も充分に楽しんで。


変ってしまうことは数多くあります。

それが佳きにつけ、悪きにつけ万物は流転します。

けれど変らないものもあるし、変ることでより強くなるものもあります。

あの日から世界はがらりと変ってしまいました。

でも、それを受けてなお強く在るもの、絶対にあります。


そんなものをね、見られた気がしますよ。

トラックバック0 コメント4
<< 2011/05 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。