アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ONE OK ROCK ∞ Perfume 参戦記③
2011-06-09-Thu  CATEGORY: perfume
さ、今度こそラストに!


圧巻のパフォーマンスを締めるべくステージをキャットウォークに変えて
悠然と歩み、ポージング。

ペースを再び上げて迫るPerfume、ここでいつもの4つ打ちが響きます。

瞬間顔をくしゃくしゃにした3人が手拍子を要求しながらP.T.A.のコーナーへ
突入します。

ワンオクファンの皆さんにもコーナー趣旨をサッと説明。

「男子~!」、「女子~!」「そーでない人~!」、「Tシャツ~!」、
「PerfumeT~!」、「ONE OK ROCK T~!」

3人が声を揃えて煽る度に客席からはPerfumeファンの怒号(笑)に似た雄叫びと
ワンオクファンの爽やかな声が次々に上がってきます。

あ~ちゃん、「今日のライブを超超超楽しみにしてきた人~!!」

の声にはひと際揃った観客全体の声が返ってきてあ~ちゃんご満悦、会心の笑みが
零れます。

そこから歯磨き、サバイバルダンスからのウルトラソウル×4をサクッとこなし、
若干お口ポカーンな方々を内包しつつ振付の練習へ。

「手振って♪手振って♪」から「↑↓↑↑↓↑↓↓!」、去年より数段腕前を上げた
カチャーシーに指笛とのコール&レスポンス。
会場中に一体感が醸成される中、かなり暴力的になったのっちから「みんなちゃんと
やってる!?」とのお叱りを久々にいただき、かしゆかから温かい微笑みのフォロー
で中和されつつ、

「チョコレイト?」 ⇒ 「ディスコー!!」

説明不要、最強のパーティチューンへの階を一気に駆け上ってのチョコレイトディスコ!
しっかりと暖気運転をかけたお陰か、観客席は揺れる揺れる!Perfume初?のダイバー
が頭の上を転がっていく中あ~ちゃん余裕の笑顔、のっちはパフォーマンスに集中、かし
ゆかもふっと眼をやるもにっこりほほ笑む。ま、祭りですからね♪

舌にピリッとくるスパイシーなチョコレイトを体全体で味わった後、

緩急自在のセットリストのトリを飾るのはやっぱりあの曲、。3人がお互いの手を絡め
合い、頬に寄せて…、

来ましたこの熱さの中でポリリズム!

もう充分に汗と疲労含んだ体にまだまだ足りない!という指令が瞬時に反射し、体は
前へ前へと攻めていきます。どうやら皆さんも同様のようで、光る汗が輝く表情を更に
明るく美しく3人にどれだけ楽しいのかを如実に伝えています。
それを受けた3人の表情は更に美しく、ポリループの動きは精緻ながら大胆に、大きな
うねりは3人から客席に。

満場の手拍子にあ~ちゃんの口からは「うわぁ~」という喜びの声が漏れ、会心の笑み
が3人同時に浮かびます。

これ以上ない盛り上がりの中、3人はお辞儀をし、手を振って去って行きました。


体中でぱふゅ充を果たした後は前列をワンオクファンの方々に譲り、続くONE OK ROCKの
ライブを少し余裕を持って楽しみました。


ヴォーカルのTakaさんは風邪を引いていたらしいのですが、そんなことは微塵も
感じさせない伸びやかな声で終始熱いステージを引っ張ってくれました。
予習をしていた曲も沢山聴けたし、観客全体と大きなコール&レスポンスからの
アンサイズニア」のようなスケールの大きな曲も聴けて終始ご満悦のライブ♪


楽しい楽しい時間はあっと言う間に過ぎてアンコール。


太いサウンドの中に繊細で温かなな詞が印象的な「Nobody's Home」を観客と一緒に
熱唱したONE OK ROCKの皆さん。

今回の対バン選定に当たり、同年代であり、最高にカッコよくてROCKしているPerfume
とできて良かったと健闘を称えるコメントと共にステージにもう一度Perfumeの3人を
呼び込みます。

そして、この二組がなんとコラボレーションで一曲披露してくれると宣言!


だって練習しましたもの。またやらないのかな~?ってちょっと思ってました。

ONE OK ROCKをバックバンドになんとなんとの「Puppy love」!!

ロックスターが憑依したあ~ちゃんから煽りに煽られた観客の下に生ベースの軽快な
サウンドが届けられ、ワンオクTに身を包んだ3人が華麗にステージを蹂躙します。

GAME TOURの時のように喜びを爆発させるかしゆか、前列にいる方々とハイタッチを
するのっち、ONE OK ROCKのメンバーと笑み交わしながらパフォーマンスするあ~ちゃん。

なんだかね、とても嬉しかったんです。

親の欲目のような感覚だったのかもしれませんが、このライブを通してワンオクファンの
皆さんがどんどんPerfumeを好きになってくれているのが後ろから見ていて肌で感じられた
気がして。

もう嬉しくて、嬉しくて、↑↓↑↑↓↑↓↓しながらちょっと泣きました(笑)


…、とまぁこんな感じで私の拙きライブレポは仕舞わせていただきます♪


去年のうたの日コンサートでは沢山の先輩方、うたの文化が息づくこの土地に愛娘として
迎えられた3人。
今年の3人は去年よりも更に頼もしく、同輩であるONE OK ROCKと共に互いを高め合う最高
のステージを見せてくれました。

いや~(Perfumeの)ライブって、本っ当にいいもんですねぇ♪




最高のライブを見せてくれたOOR ∞ Perfumeのマッシュアップ♪
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント6
ONE OK ROCK ∞ Perfume 参戦記②
2011-06-08-Wed  CATEGORY: perfume
さて、後編です。何とか二部までで終わらせます!


FAKE ITをバックに颯爽と現れた3人。元々体を左右に振るような振り付け
であるこの曲なのですが、心なしか3人の振り幅が大きく、表情には久々の
ライブハウスでやることへの熱意が漲っているようでした。

特にのっちは出だしからノリノリ、人差し指を高く突き上げながらステップも
軽やかに前列を魅了し、熱気を会場中に行き渡らせていきます。
ゆったりと左に前髪を分けたかしゆかもいたずらっぽい笑顔を浮かべながら
沸騰する会場にご満悦の様子。
そしてあ~ちゃんは満面の笑みを浮かべながらその様子を眺め、あちらこちら
に視線を送っています。

いつもの立ち上がりをニヤニヤしながら眺めていると次の曲へ。

3人がマネキンを模したポーズをとった瞬間、主にPerfumeファンの間から大きな
どよめきが上がりました。
ドームでのOP曲、シークレットシークレットをまさかこんな間近で見られるとは…。
といった感じのどよめきでしょうか。

間近で見るシクシクはまさに至福、細かい動きや互いへの目の配り方、身体の
自然な運用が手に取るようにわかります。センターから前に進んでくるかしゆか、
悠然と指を高々上げていたのには痺れました。
後から分かる話なのですがこの曲はONE OK ROCKのヴォーカル・Takaさんが
リクエストされたとのこと。いや~Takaさんわかってらっしゃる(笑)

大きく観客を沸かせていくPerfume、次曲はDream Fighter。シングル曲でもあり、
応援ソングとして知名度の高いこの曲はワンオクファンの皆さんにも受けが良く、
会場の一体感はどんどん増していきます。
そんな会場に今度は新曲レーザービームを投下。Sっ気たっぷり、休ませる気など
毛頭ないセットリストに会場は湧きに湧きます。ステージのフラッシュは最大限に
焚かれ、曲の華やかさに大きく拍車をかけて一部が終了。

深々としたお辞儀、楚々とした3人の仕草が清涼剤のように会場を包みます。

前列はGPF10に比肩するほどの暑さ、かしゆかが前列の人に「眼鏡曇ってるね~!」
と言って気遣うほど。3人も水分補給とクールダウンに余念がありません。
3人とも客席までの近さを口々に表し、のっちは「あんまり足ばかり見ないで下さい(笑)」、
あ~ちゃんは「近いね~!」と言いながら前列のファンとハイタッチをしていました。

ONE OK ROCKのツアーファイナルに呼んでもらえたことへの感謝、沖縄に再度来られた
ことへの感謝を口々に伝え、恒例のチーム分けに!

今回は右:「ゴーヤ」、左:「ソーキ」、正面:「海ぶどう」。そして一斉唱和は

「スパム」!

あ~ちゃん、スパムを覚えきれず掌メモを参照していたのは御愛嬌。

声出しも充分済んだところで次曲へ。

あ~ちゃんが手拍子を要求し、ナチュラルに恋してのイントロが。

最前付近は立錐の余地もないぐらいの圧縮率でしたがあ~ちゃんのお願いが聞けない
ようでは背中のウサギが泣こうってもんです。皆さん最小限の空間でしっかりと手拍子。
愛らしい振付、ゆったりとしたリズムで会場はしっかりとクールダウン。彼女達の会場
コントロールは堂に入ったものだと感心頻り。
因みにこの曲は翌日ローカルFMで参戦をされた方のリクエストでもかかっていました。
その方、女性の方だったのですが曰く「キュンっキュンした!!」そうです♪


しっかりとペースを整えたところで正面に折り重なるように3人がセット。

音が3人に集まるように凝縮されたような錯覚を覚える「ねぇ」

ドーム以来メディア露出の多かったこの曲、すっかりお馴染みであったようでワンオク
ファンの方々も手招きのポーズを真似ている方が沢山いらっしゃいました。間近で見る
高速ステップは速さを全く感じさせない滑らかさで、足元を覗き込みながら微笑む
かしゆか、どうだ!と言わんばかりに得意満面なのっち、艶やかな笑顔を振りまく
あ~ちゃんと三者三様の趣き。

もうこれ以上ないくらいの幸せな時間が過ぎていきます。



…、ごめんなさい。長くなりすぎたのでもう一回続きます(笑)


※ 追記

ONE OK ROCKのライブもしっかり堪能したのですが、私この曲がとても心地よかった
です☆
Takaさんの透き通るハイトーンヴォイス、伸びが良くて本当に美しい声です♪
Toruさんのギター、Ryotaさんのベース、Tomoyaさんのドラムと相まって一つの楽器
のよう。まとまりのある良いバンドですね!




あ~ダイブしたくなる(笑)
トラックバック0 コメント4
ONE OK ROCK ∞ Perfume 参戦記①
2011-06-07-Tue  CATEGORY: perfume
ご無沙汰をしております。

はい、沖縄より帰還致しました。昨年の「うたの日」以来の沖縄ですが、
今回も素敵な天気に恵まれて、素敵なライブを楽しむことができました。


では、当日のことなどを書き綴っていきたいと思います。


今回は当日入りの為、6/4、10:30の便で羽田から向かったのですが、行き
の便には既にLSG11装備の方がちらほら。

熱気の程が伺われます。

Samantha Thavasaの空港店を眺めつつ、ああ、この衣装を3人が着たら…など
と思いつつ、サクッと機上の人に。

 ⇒ Samantha Thavasa 羽田空港店

順調なフライトで13:30過ぎには那覇空港に到着。梅雨時期ですが空には青空
が覗かれるまずまずのお天気。
迅速にレンタカーを借り、ホテルにチェックイン。そしてそそくさとナムラホールへ。

まだ15時過ぎ。

いつもの顔ぶれを頼もしく思いながら会場を確認。

ナムラホール、定員1,500人だけあってこれが狭い狭い。ドーム以来どこに行って
も小さく感じてしまうのですがさすがライブハウス。これは素晴らしい熱気が期待
できそうです。
ONE OK ROCKのファンの方々も既に多く集まっており、会場周りはすっかり馴染んだ
ライブ前の期待と興奮、そして一杯の幸福感を内包した空間に変わっています。

この空気を味わいたくて来ているというキモイ、もとい気持ちも多分にあります。

辺りに夕暮れの空気が漂い始めた頃、徐々に整列が始まり、会場へと続く長い列が
ナムラホールを取り巻きます。心なしか皆さんの顔に笑顔が増え、輝きが増してき
ています。

もうすぐです。

今回はチケットを取って下さった方が二桁台の番号を引き当てて下さった為にかなり
早く会場に入ることができ、内部を確認。

思った通り、ステージまでの距離は入り口からでも近い。最前列から3列目中央に陣
取ると目の前にはPerfume用と思しき「0」番のバミリが貼られています。
ステージは客席から120cmほど高く、距離は最前列から50cmくらい。もう間違いなく手
を伸ばせば届くでしょう。

バンドセットはありますがマイクチェックをしていないところを見ると恐らくPerfume
が先に出てきそうです。
程なくしてその予想を裏付けるように3人分の飲み物とタオルがセットされます。意外
に長い待ち時間の間、ハウス内に流れる音楽が途切れるたびに歓声が上がり、その間隔
が少しずつ短くなっていきます。

皆さん、肌で感じるものがあるのでしょう。

そんなことを熟々と考えていると…

会場を満たしていた音が一切止み、今までで一番大きな歓声が会場を包むや会場いっぱい
のフラッシュライトとFAKE ITが流れ、LSG10のように鮮やかなピンクの衣装、その上に爽やか
な小花柄を散らした上着を纏った3人が既にノリノリで登場!



続く(笑)


ちなみに当日の雰囲気を一緒にライブを楽しんだ方がYouTubeにアップされています。ご覧いただ
きながら後編をご期待いただければ幸いです(笑)



トラックバック0 コメント2
行って来ます!
2011-06-04-Sat  CATEGORY: perfume
ご無沙汰しております。


ええ、ちょっと忙しくて。もうほんのちょっとなんですけど(笑)

でも、

行きますよ。

はい、これから♪




ゴー!

オキナワ!

ゴーーー!!!


レポート、ちゃんと書きます!
トラックバック0 コメント4
<< 2011/06 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。