アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年はどこに行こうかな
2011-10-23-Sun  CATEGORY: perfume
昨日、来年のPerfume 3rd Tour「JPN」ファンクラブ先行抽選結果が発表。

さて私はといえば、


① 2012年01月28日(土) さいたまスーパーアリーナ

② 2012年01月29日(日) さいたまスーパーアリーナ

③ 2012年03月31日(土) 広島グリーンアリーナ

④ 2012年04月21日(土) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

の計4公演当選という結果。

さすがにアリーナツアーということで当選率も良く、望外の喜びに浸っております。
できたらツアーを俯瞰したいので神戸は行きたいし、遊びで行ったことがないので
福岡も行ってみたいところです。

この辺りは一般発売で頑張ってみたいと思います。

今回は11都市16公演(予定の仙台含)で、総動員はキャパから推定するに20万人
を超えそうな勢いです。

愛媛県武道館が推定6500前後で一番小さく、埼玉スーパーアリーナが35,000前後
で最も大きい会場。その他も凡そ10,000人前後の会場となっています。

ここで過去2回のツアーざっくり振り返り。

1st Tour「GAME」は10都市11公演で想定動員13,000人。
(大阪、高松、広島、福岡、東京、名古屋、新潟、仙台、札幌、横浜)

2nd Tour「⊿」は11都市19公演で想定動員122,000人
      (ホール:22,000、アリーナ:100,000)
(戸田、福岡、広島、愛媛、石川、新潟、札幌、仙台、名古屋、大阪、横浜)

                  
1st Tourは2008年ですから足かけ4年で動員数を約15倍程度にしているわけ
ですね。

東京ドームを満員にする彼女達がほんの4年前にはキャパ数百の箱で、手の届く
距離でライブをしていたことを知らない方は多いでしょう。もちろん私のその知ら
ない一人でした。

初めて彼女達を体感した代々木第一体育館。圧巻のライブであまりの楽しさに
一気にファン度を深めた記憶がありますが、若干箱の大きさ、セットリストの多さ
に四苦八苦していた印象を持ちました。

それをどうやって調整していくのかな、と思いながら夏フェス、2ndツアーに臨み、
経験を積む毎に完成度を増していく彼女により一層のめり込んでいき、昨年は祝祭
と言って過言でない東京ドーム公演を体感し、今に至ります。

←今ここ!ってやつですね(笑)

夏フェスや各種イベントで見る彼女達は当然素晴らしい。

そしてワンマン、ツアーで見る彼女達は更に素晴らしい。

長丁場のツアー中にも日進月歩で成長していく彼女達、一体感を醸成するファン達。
そんな繋がりを十二分に感じることも大きな楽しみです。

まだまだ先のことではありますが、楽しみですね♪
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
Perfume 3rd Tour JPN
2011-10-19-Wed  CATEGORY: perfume
システムトラブル等もあったようですが、昨日23:59を持ってファンクラブ先行
期間は終了しました。

Perfumeはといえば相変わらずストイックに多忙な日々を過ごしているようです。

大変だろうな、と思います。

けれど、求められる喜びを知っている人はその忙しさすら正しく力に変えて邁進
していけるのだと思います。

今や押しも押されもしない人気を持つ彼女達、その知名度が全国区でなかった時代
はそう昔ではありません。その当時に育んだ思いや力が今の彼女達を足下から支え
ているわけで、その力は年々強くなっていっているはずです。

私も2009年から本格的に彼女達を知るようになりましたが、代々木、各種フェス、
2nd Tour「⊿」とその魅力にどんどんと魅きこまれていきました。


大舞台東京ドーム。

それを経て、満を持しての3rd Tour。

これが期待せずにいられましょうか。

それに向けて私も良い仕事、良い準備をして、Perfumeとチームと、ファンの皆さん
と心行くまで楽しみたいと思います。


さ、どの街に出没しましょうかね♪
トラックバック0 コメント0
あの頃のこと、同じ味
2011-10-15-Sat  CATEGORY: perfume
折からの荒天ですっかりと雨に降り込められてしまいました。

仕方ないのでコンビニで雨宿りがてらTV Brosを立ち読み。

あ~ちゃんが妹であるちゃあぽんこと西脇彩華さんのライブに行って
来たという件を興味深く堪能しました。

自分達もそんな時代があったと回想しながらあの頃の気持ちを忘れない
ようにいよう、というような趣旨の発言。


彼女は似たような発言を他所でもしています。


初心忘るべからず。

物事には何事も「初めて」があり、その時にした苦労や失敗、またそれを
乗り越えようと努力した事々を忘れないようにいよう。

これもまた言うは易し、行うは難し、という類のもの。

初めてやったこと、それを何度も何度も繰り返して自分のものにしていく
とそれを起点に視野が広がりできる領域も広がる。そうして初めてはいつも
のことになる。

これはそのことに熟練した状態になった、と言えます。

そうなるとどんどんと新しいことが吸収できるようになるので熟練した状態
の物事にかける時間や気持ちは少なくなっていきます。いつしかその物事を
さして思考することもなく自然にこなせるようになっていくのですが、まる
で息を吸うようにこなせるようになるにはなかなかなりません。

その中途にいる段階で他へ気が散ったり、その物事を少しでも軽んずるよう
なことをしてしまうと手痛い失敗をしてしまうことが間々あります。

慣れた、できる、という気持ちは知らず知らずに慢心を生んでしまうから
なのでしょう。

上記の格言は猿楽の大家、世阿弥が著した「花鏡」に書かれている芸の奥義
とされるもので、

是非とも初心忘るべからず
時々の初心忘るべからず 
老後の初心忘るべからず

と、時々の初心を大切にすることが芸道の秘奥に通ずると言っています。

つまるところ世の中初心だらけであり、有限の命にあって物事を追求すること
は無限であり、常に熟達しようとする努力や向上心を忘れまい、ということな
のでしょうね。

彼女は折に触れて上記のような発言をしていますが、それはもしやするとそんな
ストイックな姿勢から生まれるものなのかもしれません。

事実は定かではありませんが、彼女達の来し方を見るにつけ、それは間違いない
のではないかと妄想しています。


同じようなことを中田さんも思っているのかな。

そんな気持ちで聴いています。



トラックバック0 コメント2
Perfume JPNツアーに事寄せて
2011-10-13-Thu  CATEGORY: perfume
本日10/12からPerfume初の全国アリーナツアー「JPN」のファンクラブ先行
が始まっています。

神戸を皮切りに埼玉、新潟、福岡、名古屋、静岡、大阪、広島、愛媛、仙台、
北海道の10都市16公演。

来年2012年の1月から4月までの大型ツアーです。

Perfumeは近年特徴的なツアータイトルを掲げることがある種お約束となって
来ている感がありましたが今回は「JPN」。

順当に見るなら「ジャパン」でしょう。

前回の「⊿」=「直角二等辺三角形」のように込められた意図があるのかもし
れませんが自分は「JPN」=「ジャパン」=「日本」だと感じています。

例えばW杯やオリンピック、国際的な行事で「日本」というものを意識すること
はあっても国内にいる限り中々「日本」を感じることは多くありません。
それは私が当たり前のように日本に住み、当たり前のように日本人だからだと思
います。

今年、その日本というものを恐らく人生の中で一番強く意識した年だと思います。

同じ国内にいながら、自身も体験していながらまるで別世界で起きているような
光景、報道、事実。

被災地から届いた沢山の悲しみ、喜び、勇気。国内から、世界から届いた沢山の善意。

それぞれがそれぞれの立場で苦しみ、悩み、できる最善を考える日々。

今あることを大事に、有形無形の支援をする。

そんな営みの中で時に落胆し、心細くなることもあるけれど、立って前を向き、
振り絞るように笑顔を作り出せる日本という国を自分は心から誇りに思います。



彼女達は生粋のプロです。

観客を期待通り、期待以上に楽しませてくれ、自分達もしっかり楽しむ。

歌い、踊ることが彼女達の第一義。

そんな彼女達に私達ファンはいろいろなものを重ねることでしょう。


僕は彼女達から発せられる沢山のエネルギー、それは彼女達が掲げた「JPN」の旗印の
下、日本中に広がると信じているし、疑う余地はないと思っています。

そんな力が、彼女達にはある。

一ファンの妄想であります。
トラックバック0 コメント2
生きています!
2011-10-11-Tue  CATEGORY: のっち
更新が途絶えて早二ヶ月…。


季節はもう秋真っ盛りの10月。


気づけばのっちの誕生日を遥かに過ぎ、(Twitterでおめでとうとつぶやいてはみました)

ぬーアルバム&シングル、ダンスコンテストにJPNツアー。(来日公演みたいでかっこいい☆)


いろんなものをスルーしての10月。


環境が変わるというのはかくも多方面に影響するのだな、と思っています。

そんなこんなで思い出すのは前回の異動時。

初夏に異動してあっという間に秋になり、動画漁りの末に出会った眩しすぎる3人。

今よりもずっと低予算であったろうに、今と同等、初めて見た衝撃が相まって
今以上に鮮烈に目に焼きついた映像。

射抜くような視線、一糸乱れぬ挙動、ふわっと広がる微笑。

そんな彼女達と出会えた時も今のようにバタバタとした毎日を送ってました。

あの時と変わらず、今もバタバタしています。


あの時から変わらず、彼女達を楽しみにしています。


なかなかOnTimeで楽しむことは叶いません。TV出演をフォローすることも、ラジオに
聴き耳を立てる余裕も取れないときがあります。

でも、彼女達が大好きです。

来春のツアー、今からわくわくしています。

ステラボール、行っちゃいます♪

…、と復帰戦はこんなところで。

もっとPerfume成分を濃くしなければキモいブログが書けません。キモさをなくしたら
このブログの存在意義がありません。

リハビリリハビリ…!
トラックバック0 コメント0
<< 2011/10 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。