アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記念すべき1回目
2009-01-20-Tue  CATEGORY: 未分類
さて、全くブログの機能も知らない自分がなぜ突然ブログを始めたのか??

それはあまりにも「Perfume」に魅了されてしまったからです。

初めて彼女達に遭遇したのは公共広告機構のCM。そう「ポリリズム」で、です。





印象的なメロディライン、特徴的な振り付けのダンス。全てが印象的でした。
でもその時はまだ面白い歌を歌うグループが出てきたなぁ、と思うくらいでした。

それからまた暫らくはそれ以上ハマることもなく新しいシングルがリリースされて
も特に興味をひかれることはありませんでした。

そんな自分をぐぐっと今の心境まで押し上げたのは「You Tube」のいろいろな動画
を見てから。

特にブレイクしてからの楽曲よりもブレイク直前の黎明期にリリースされた曲達。
近未来3部作なんて呼ばれている曲達です。





自分全くテクノには疎いのですが映像・音・彼女達のパフォーマンス全てに一気に
惹き付けられました。

そしてその興味からいろいろな動画や彼女達の話す姿を見てまた更に惹き付けられ
ました。彼女達の長い下積みの道のり、その一つ一つで見せてくれる妥協のない、
嘘のない楽しそうな姿。

そこにそこらであまり見ることのできない強いプロ意識、本当に好きなことをしている
のだと感じさせてくれる素直さと純朴さを垣間見ました。

彼女達を通して自分の仕事観を見つめなおし、もっと頑張ろうという気持ちが生まれ
ました。

彼女達を見ているととても勇気づけられるものがあります。三者三様の表現があり、
個々がしっかりと光っている中にあって全員に共通すること。

今を精いっぱい生き、最高を求める姿。

曲もクールでかっこいい。ダンスも時に愛らしくてしっかりと演出でカバーされている。
歌も曲調に合わせてしっかりとイメージを練って発せられている。

でもそれらを補って余りあるほど3人の真摯な姿勢に心うたれました。

未だ消費されることを前提に新陳代謝で成り立つ音楽業界。いつまで彼女達を見て
いられるかはわかりませんが、見ることができる、ファンでいることができる限り、彼女
達を応援していきたいと思います。

それがこのブログの目的「Cheer for perfume」です。

まぁ、おおっぴらに「Perfumeが好きなんだ」と言ったら即座にアイドル好きだと認知
されてしまった悲しきサラリーマンの独り言を綴る、という意味もありますがね。ww

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。