アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男スイッチ入りますっ!
2009-06-12-Fri  CATEGORY: 雑記
相変わらず、聴けていない回が貯まる一方w

 ⇒ Perfume LOCKS!(20090611)

安野モヨコさんの「働きマン」って漫画、ご存じでしょうか??

学生時代は毎週ほぼ全ての漫画雑誌を読み倒し、名実共にバカ
学生を謳歌しておりましたが、就職を機にその絶対数は確実に減
りました。

でも結構読んでます。浦沢直樹さんの「20世紀少年」、「MONSTER」、
「PLUTO」、漆原友紀さんの「蟲師」、幸村誠さんの「ヴィンランドサガ」、
広江礼威さんの「BLACK LAGOON」、高橋慶太郎さんの「ヨルムンガンド」

…etc。

あれ、結構多いなw

その中で仕事の延長線で読める漫画として「働きマン」お気に入りです。

主人公は松方弘子(28)。豪胆社が発行する週刊JIDAIの編集者。自分
が学生時代に目にした事件の鮮烈なルポに度肝を抜かれ、編集者とな
ることを志す。
上司、同僚らと衝突を繰り返しながらも「良い雑誌」を作るために奮闘す
る様が描かれた漫画。

「働くこと」とは、「仕事」とは何なんだ、という葛藤の中を迷いながらも進
んでいく彼女にとっても共感を覚えます。

世に出て、何かを為そうと思うときに大切にしたいものってなんでしょう。

自分は仕事をする上で、自分が作る仕事が社会に貢献しているのか否か
を考えます。基本BtoBの仕事なので消費者層にダイレクトに届く仕事では
ありません。しかし、いつでもエンドユーザーのことを思い浮かべています。

この1つの仕事で1人でも多くの方の生活が少しだけ楽しく、幸せに、便利に
なってくれたらいいな。そうしてくれたなら、どんなにキツい毎日でも乗り切れ
る。逆に言えば、誰も喜んでくれないならその仕事をやる意味を感じることは
できない。
自分のエゴの為だけに仕事なんてできないんです。

やるからには「貢献」したい。それで嬉しいって思ってもらいたい。できるなら
「ありがとう」って言葉ももらいたい。
そしてできるなら誰かが悲しむことを生業にしたくない。そんなことは絵空事
でも誰もが幸せになれるものを仕事にしたい。

だから、考えます。

それを知ることで幸せになる人がいるんですか?悲しむ人はいませんか?

人には密やかに心に仕舞っておきたいこと、大切に守り育てたいものが
あるはずです。法や規則で決められたことではないけれど、察することを
長年かけて磨いてきた日本人には特にそういう兆しを感じ取る心が備わ
っていると思います。

綺麗事です。

有名税、企業としての宣伝戦略。

はたまた凝り固まったイメージの払拭。寧ろそういう呪縛から解放するため
の苦肉の選択。

真偽の程はわかりません。

人一人の存在は何物にも代え難い存在だなんてことは言いません。ただ、
相応には大きいはずです。

人の気持ちを慮ることができない仕事に「誇り」、持てますか??


本来それはとても幸せなもの。一度体験したならもう病み付きw
人を優しく強く、思慮深くしてくれる栄養素の一つ。


なんかもどかしいような、それでも浮かれ気分が止まらない。
みんなの中にいて他人のような君だけど、見えない糸が繋ぐ、
結ぶ二人。
何かを思うよりも早く、体が素直に想いを乗せる。…Happy!!

 ⇒ Capsule & MEG - Dreamin Dreamin

さ、明日も頑張ろうっ☆

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントluvzawa | URL | 2009-06-13-Sat 01:16 [編集]
人の言動のすべては幸せの欲求からきていると思ってます。
それは、触れたくて手を伸ばすことでもあり、消したくて刃を突きつけることでもあり。
みんな幸せになりたくて。
だから、犯罪や争いは絶えないんでしょう。
その向こうに、ほんとうに幸せがあるかどうかは別として。

>絵空事でも誰もが幸せになれるものを仕事にしたい
時に疲れて、目の前の大切なことを疎かにしてしまうことは多々あるけれど、
幸せが幸せになる、それが幸せの、ペイ・フォワードのせかいを夢みてます。
夢、かなあ…。

だけど、きれいごとでも、せめてとおい世界は救えなくても半径5mのエリアの大切な人を幸せにしたい、と。
RE:luvzawaさん
コメントakira | URL | 2009-06-13-Sat 11:37 [編集]
コメント、ありがとうございます。

沁みますね。

そうだと思います。願わない人はいないと思う。幸せを。
立場は違えど、そこに向かう心は一途でしょうね。
だからこそ読み違えることのできない現実的なモノが口
を開けている。一方的にみてはいけないですよね。

pay forward、pay back。
幸せの連鎖に満たされた世界。半径1cmからだって始まる
ものはある。可能であるはず。そう願っている
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。