アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
努力・友情・勝利!そしてPerfume
2009-07-18-Sat  CATEGORY: perfume
本日もへろへろで帰宅。PC起動、メールをチェックしていると、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公演名   : Perfume
会場名   : 横浜アリーナ
席種枚数
<第1希望>
抽選結果  当選
公演日時  : 2009/10/15(木) 17:30開場 18:30開演
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
応募していたことすら忘れていたイープラスからお返事が…
キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

FC以外でもちゃんと当たるんだなぁ☆追加公演に照準絞る方が増えた
からかもしれないけど嬉しっ♪

さて、タイトルに挙げたのはマンガ雑誌少年ジャンプの基本理念という
やつです。努力・友情・勝利。どれも大変美しいものですね。

この理念を見ていると何となくPerfumeを思い浮かべてしまいます。

自分がジャンプをまだ定期的に購読していた頃、ジャンプには少し少なく
なっていましたがまだたくさんの理念を踏襲した漫画がありました。
でもそれ以上に多かったのはただただおかしいギャグ漫画や恋愛もの、
それにやたら現実感を感じる日常的な物語などをテーマとした漫画。

少しずつ変わりますがあまり流行らなかったんです、スポ根的なノリが。
自分の世代はポスト団塊ジュニアとかY世代などと呼ばれています。
親は団塊の世代、しらけ世代の間くらい。バブルまっただ中であった時代
は学生として過ごし、それに触れられるくらいの歳になった頃には既に
膨らみきった泡沫は弾けていました。
人口の一番太い帯を担った両親は遮二無二働き、社会を支え続けてきた。
その帯を辿るように社会も団塊層を的に市場を創造した。社会もそこへ頼って
きていた。そんな親達を持ちながら、なんとなく社会を覆う閉塞感や個人主義
的な風潮がひねた人格を作っていた気がします。自分の成長を社会のせいに
するつもりではないですが、今いち燃えきれないものを感じていた気がする。

懸命に社会を支えてきた親達を社会は今後支えていけないかも知れない、
自分達よりも多い親たちを母数より少ない自分達が支えていかなければ
ならない。その責任が世代にかける重圧をどっかで逃げていたような感じ。
その当時は生まれながらのスターが流行っていた。例えば中田英寿さんの
ような。実際彼は弛まぬ努力を高レベルで続け、その才能を花開かせて
いった方。でも、当時の報道方法は違っていた。凡人とは違うような書き方
で描かれていたし、彼の気の強さを逆手にとった報道も多かった。

そんないま一つ煮え切らない奴のまんま学生生活を送り、バイトなども始めて
みた。4年間続けた。

その頃、なんとなく掴み掛けたものがあった。何かを悩んだり、過ぎたことを
後悔してもあんまり意味がない。反省はいい、けど自虐に意味はない。何
よりも誰かがやるのを待っていても誰かなんて現れない。

やるのなら自分の手で。

No.2が好きな性格。前に出るのは好きじゃない。でも、やらなきゃいけない時に
尻ごみするほど臆病でもない。就職する頃にはどうにかこうにかこの程度には
考えられるようになってきていた。
力を合わせて仕事する楽しさを感じていた。Teamとして機能する心地よさ、
想いを形にする快感。就職後はほいっと現場に放り出された。先輩に囲まれ、
色々教わった。良い事も悪いこともあった。どうせ頑張ったってたかがしれてる。
適当にやれ、とか1人で突っ走っても疲れるだけとか言われた。

そりゃ違うだろ!?って思っても自分にはまだ実力も実績もない。反論する
だけの背景がない。せめて姿勢で反論しようとやるだけはやった。
機会もいくつか掴んだし、周囲のサポートのお陰で実績も作ることができた。
自分の中に信じるべき柱もできかけてきた。今度は自分以外の方々に納得
をもって協業してもらう立場に。独りよがりでもいけない、迎合するだけでも
いけない。時に蛇蝎のごとく嫌われても自分の軸はぶらしちゃいけない。

涸れかけていた。世にある成功物語は絵空事か、と疑心暗鬼に捕われたり、
全部放り投げたくなったり。

そんな時に出会ったPerfume。

必死にビラを配る姿、数人の観客の前で笑顔いっぱいに歌う姿。

痛々しいなんて思ったことはない。美しいなって思った。全力を出して立ち向かう
姿を自分の姿にダブらせながら心から応援したいって思った。もうその時にはしっかり
と地歩を固めたスターであったけれど、しばらくはそれを感じなかった。好きになって
から気づいた。

爆発的に支持され、名実ともにスターになりつつある、いやなったPerfume。
その苦悩は多かったよう。特に今回の「⊿」はたくさんの新たな要素が加わり、当初
手応えを掴みきれなかったようだ。周囲の変化もそれに拍車を掛けていた。

その思いは週間で20万枚を売り上げたことやプロデューサーの思い入れが伝わる
ようなエピソード、Teamが自分のように喜ぶ様を見て、実感と共に手応えを掴めた
ようである。

どんな局面でも目の前を、未来を見据えて重ねた「努力」

病める時も健やかなる時もお互いを支え合った「友情」

素敵なTeam、大好きなLIVE、いっぱいのファンを得た「勝利」

自分が信じたい、観たいと思う美しいものと瞬間。それらをくれるPerfumeだから
好き。それだけじゃないけれど自分にとって大きな魅力の一つ。

のっち、良いブログ書くね。

自分もまだまだ頑張らにゃ~。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント6
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントluvzawa | URL | 2009-07-19-Sun 10:36 [編集]
>その頃、なんとなく掴み掛けたものがあった
同じくです。確かに、その初期衝動ようなものが、
いま在る場所のベースにはなっているんですが、やっぱりどこかで、
自分の意向とはちがう現実に飲み込まれてしまうことにぶつかってしまうんですよね。
あーいいっかなー、とかってそうやって流されていくのを、乖離した自分がぼんやりと傍観してるのにももどかしさを覚えたりはするけれど、、、

三人の姿に、つくづく、身を正されるようです。
私は私で、この先の夢に新たに向かうことを背中を押してくれてます。
コメントリッケン620 | URL | 2009-07-19-Sun 21:24 [編集]
akiraさん、
お久しぶりですw

ってか
こちらでのコメントは初めてですねw
(たまに見てるのになぜコメントしない?!w)

akiraさん、相変わらずいいこと書きますね(+^ー^+)ゝ
これからもちょくちょくのぞきに来ます。
(できるだけコメントするようにしますw)

では♪
RE:luvzawaさん
コメントakira | URL | 2009-07-19-Sun 23:16 [編集]
コメントありがとうございます♪

>>三人の姿に、つくづく、身を正されるようです。

自分もそう思います。

今自分の前にあるものは自分が選んで招き入れたもの。
大きな流れの中に組み込まれ、否応なくその動きに同調
されるときも自分の意志は生きている。

他人事にしない、いつでも自分事。

そういうものと同時に近視眼的になる自分を解放してくれる
キーでもあります。





RE:リッケン620さん
コメントakira | URL | 2009-07-19-Sun 23:19 [編集]
はじめましてwコメントありがとうございます♪

お久しぶりですね~、お元気ですか??
足を運んで下さるだけで結構ですよ。
コメントは、それこそ気が向いたらたまに、で
お願いしますm(_ _)m
コメントこばあつ | URL | 2009-07-20-Mon 02:17 [編集]
のっちもいいこと書くけど、akiraさんもいいこと書きますよ。

世代特有の悩みというのは、中身は違ってもどの世代にもあるものなのでしょうね。私は新人類とバブル世代のちょうど間ぐらいで、ある作家に言わせると、自分の思いどおりにならないことに耐えられない世代らしいです。それで苦しんだりするのですが。

自分の仕事や生き方と重ね合わせて、Perfumeを見ているのは、私も同じです。この年で、彼女たちに気づかされることの多いこと。
Re: こばあつさん
コメントakira | URL | 2009-07-21-Tue 01:46 [編集]
コメントありがとうございます♪

過分のお言葉、恐縮頻りです。

> 世代特有の悩みというのは、中身は違ってもどの
 世代にもあるものなのでしょうね。

そういうことを考えている時は何かに答えを委ねたがっている
ときなのか、とも思いますが世代に共通するものは確かにあ
ると思います。

> 自分の仕事や生き方と重ね合わせて、Perfumeを見ているのは、
 私も同じです。この年で、彼女たちに気づかされることの多いこと。

同感です。襟を正したくなることの実に多い事。その継続性もそう
ですし、ブれのない軸や利他的な中に利己を閉じ込める清々しさ。
彼女達を見ていると色々と仕事に活かせるものが多い気がします。

ある意味先生ですねw

どうぞまたいらして下さい♪
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。