アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOUR参戦を前に…
2009-08-13-Thu  CATEGORY: perfume
本日で福岡サンパレスH&HでのLIVEも無事に終了!したはず。

毎日猛暑に耐えつつ過ごしている内にLIVEの当日はあっという間に訪れる。
代々木のチケットが当たって狂喜乱舞したり、ワンルームディスコを聴きなが
ら色々考えたのがつい先日のよう。

今回のTOUR、当然楽しみ。やっぱりLIVEで観るPerfumeは素晴らしいから。
何度か参加してみてそれはもう確信に変わっている。

もう一つの関心事はMC。

それまではMCもそこそこにどんどん曲を演ってくれるようなLIVEが好きだった。
代々木でも正直最初は長いなぁと思った。

でも歌う3人以外の話す3人を見る機会が多くなってその気持ちは変化しつつ
ある。MCにしても3人の表現方法として必要なものなんだなって今は感じる。

そういう思いを抱きつつある今、例えば映像に残ることを意識して萎縮したり
してしまわないかな、なんて思う。

人を慮ることのできる3人にとってありのままに話すことがもたらす影響、きっと
わかりすぎるくらいわかってしまったんじゃないか。

そんなことは杞憂に過ぎないと思うけど、今は心配でもある。


ただ、起こっていることから目を逸らしてはいけない。

どんなことであれ起こっていることは全て事実だし、それは起こってしまった限り
変えることはもうできない。

肝心なのはその先。そこから改めて進むについて、その事象をどう捉えていくか。

マイナスに捉えて自分を責め苛んでしまえばそれは辛い出来事として記憶される。
プラスに捉えて自分を鼓舞することができればそれは何かが始まる端緒になる。

どちらを自分が望むのか。

在りたい自分を捉えて、その事象を捉えていくのがいい。

事象を自傷のタネにするのか、次章へのプロローグにするのかは自分次第。

自称でいい、捉えたいように捉える。そうFreedom , high and low.

笑ったっていい、泣いたっていい。誘惑してくれても叱り飛ばしてくれてもいいw

ただ、今のPerfumeを見せて欲しい。

じゃあまたねって手をふれるような。寂しいねって言ってしまうような

明日なんていうあるかどうかわからない不確実なものもきっとある、また会えるって
信じさせてくれるようなあのステージを。





色んなものを越えて、見えた美しいもの。それは涙さえ出ない程美しい。

ただ思う。

それがとても嬉しいことだって。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。