アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
れとろめもりぃ
2009-09-07-Mon  CATEGORY: perfume
今年ももう三分の二が経過しました。Perfumeは2009年も大活躍。
TVやラジオで看板番組を持ち、アリーナクラスでの2DaysのLiveを
成功させ、シングル・アルバムを各1枚ずつリリース。

今を力いっぱい疾走するPerfumeに目を奪われっぱなしでしたがTOUR
の合間にひと段落。少し昔を思い出して過去の動画を漁ってみました。
といってもファンになったのがつい最近なのでそんな前じゃないですが。


色々ありますが、やっぱりこれは思い入れがあります。



自分が初めてPerfumeと邂逅した瞬間。これCM自体もよくできていたと
思います。NHKがちょうど公共放送という枠組みを超えて少しコンテンツ
を見直し始めたのかなぁ、と思った頃。

まだ実家にいた頃で帰宅後は大抵新聞を眺めながらNHKばっかり流して
いました。番組の間にやたら流れていたのでなんだろうと思って目を向け
たのがきっかけ。

すごく綺麗なメロディ、楽器みたいな声。

そこもなんとなくひっかかったんですが、正直最初はNHKもCMやるように
なったんだなぁってくらいの印象でした。
その後も結構な頻度で目にしている内になんとなく頭から離れなくなり、
携帯で着うたとムービーをDL。このCMバージョン、若干歌詞が違うんで
すよね。今聴くと少し違和感があるなぁ。

ちょうどこの頃鈴木亜美さんが趣を変えた新曲を出していて、それがすごく
よかったんだけど思ったほど売れなかった。今思うと中田さんの曲には反応
してたんだなぁと思いますw



民放はほとんど見られない時間に帰っていたのでこっちはほんとに数回
しか見てないし記憶にない。Ltwとセラガに至っては知らなかったw







Fasioは結構しっかり覚えてる。かっこいい曲だったけどPerfumeにちゃんと
繋がっていたかと言えばそんなことはなく。当時の仕事の関係でCMを覚え
ていただけ。




ほんの1年前なのにすっごく前みたいに感じます。

映像見るとまだまだ幼い感じがしますもんねぇ。特にかしゆかが幼い感じ
します。それだけこのあたりから始まる毎日が密度の濃いものだったので
しょう。10代から20代の間くらいの女の子はただでさえ見違えるように
大人びていきますしね。

時々にひっかかりは覚えているものの本格的にハマったのはPerfumeの
パーソナリティやメンタリティに触れてから。

どっちが、ということではなく両方揃ってこそPerfumeなんですね。

最近お知り合いになった方が仰っていました。

「LIVEは一種の芸術作品のようで、寧ろじっくり鑑賞したい。」

その気持ち、わかるなぁ♪

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。