アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
声を加工されることへの思い
2009-04-03-Fri  CATEGORY: perfume
ちょっと古いネタになってしまいますが、4月1日に放送された松任谷由実さんの
「オールナイトニッポン3」での一幕。




松任谷さん:「声を加工されるのは、憤りを感じたりしなかった??最初。」

Perfume  :異口同音に「最初は感じましたね~。」

久々に聞いたこの問答。

Perfumeファンやその周辺では幾度も語られたオートチューンによる音声加工
の話題。

いわゆる普通の生声で歌を歌う方々からすれば不思議なことだと思います。
例えば我々がカラオケに行く時、個人差はあるでしょうが、1曲は声を限りに
歌える曲を選択するでしょう。

思いっきり声を出して歌うことはとても気持ちいいですし、ましてその声を聴いて
一緒に気持ち良くなってくれる人の姿なんてみたら陶酔ものです。

生歌にそういう高揚感があるのは紛れもない事実だと思います。

自分の声で観客全体を繋ぎ、その抑揚や音量で時々の揺らぎさえも表現する。
そこに歌うたいの真価があるのは理解できます。

ぺろりブログ用

だからこそ、彼女達の決断は非常なものだったと思います。

アクターズスクールではずっと感情を込めて歌い上げるようにする歌唱法を練習
してきたわけですから、自分達が信じてきたものを真っ向から否定されている訳
です。

「レコーディングの度に毎回誰かが泣いていた。」

それは無理なからぬことです。中田さんはきっと声を加工することについて何ら
説明を加えることなく進めたでしょう。
そこは彼がプロに徹したところ。訳を説明してしまえば創り出そうとしている作品
にすることはその時点で難しかったのだと思います。

「その感情をよくわかりもしないのに、感情を込めた風な歌い方」

これを彼は否定したのだと、インタビューで見た覚えがあります。

きっとわからないなりにその感情を理解しようとするのでしょうが、それはやはりリアル
には勝てないし、心に訴えることは難しい。

その後の活動の中で彼女達は中田さんへの揺るぎない信頼感と共にその真意を理解
していったのでしょうが、その当時に「この路線で頑張る!」と決めた時の思いが本当に
プロらしい覚悟を感じさせます。


「でもそれが東京に出てきて、自分がやらせていただけるお仕事だっていうことは、やっぱり
 ちゃんと受け止めて、やらせていただこう、いいところを探そうっていう方に向いましたね。」


このあ~ちゃんの発言、天晴れの一語に尽きます。

ただ、やれと言われたからやるのではなく、ちゃんと悩んで自分なりの答えとしてやる、と
いう決断を下した訳ですから。


番組中、松任谷さんは「Perfumeの無機質な~」、という発言をされています。

確かに声による揺らぎが少ない分、Perfumeは無機質、ということはできます。
しかし、それはPerfumeのほんの一部分しか言い表していません。

曲は中田さんの作品で自分たちには動かし難い。

なら、実際にファンの前で披露する時に自分達の色を出せばいい。

Perfumeの魅力の中で大きな部分を占めているのはLIVEだと思います。
テクノ、というジャンルを受け止めて役割を演じる中で、彼女達はそれまでの
自分達を変える必要がありました。

しかし、結成してから今に至るまできっと変わっていないであろうこと。

ファンや自分達を観にきてくれる人達に最高のパフォーマンスを見せる。

テクノに転向して以来、その思いは益々強くなったのでは、と彼女達の姿を
観ていると感じます。

あ~ちゃんが見せてくれる笑顔や掛け合い、かしゆかの可愛らしい煽り、のっち
の覚醒したダンスと眼差し。


ありがとうブログ用
そして、3人がいつも見せる感謝の言葉と深~いお辞儀。

こういう真摯な姿を知っていたら、決して「Perfumeの無機質な~」というような
発言は出てこないでしょう。


声を加工したからといってそれは彼女達の声でないわけではない。

今にして言えば寧ろそれ以上の武器を手に入れたのではないでしょうか。
彼女達は自分達の力で曲を自分たちのものにし、更に磨きをかけました。

これは紛れのない事実だと思います。

そんな彼女達に心からのリスペクトを…。
img_252709_8247736_0.jpg
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントykjy | URL | 2009-04-04-Sat 16:08 [編集]
umm...いろんな見解がある...それもPerfumeファンの特徴^^
>そんな彼女達に心からのリスペクトを…。
まったく同感です^^
RE:ykjyさん
コメントakira | URL | 2009-04-04-Sat 18:41 [編集]
コメントありがとうございますm(_ _)m

恐らくこの問題については考える人によって
様々な解釈があるかと思います。

ただ、彼女達のパフォーマンスを見れば自ずと
答えは導き出されるような気がします。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。