アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はなんだかね…
2010-03-03-Wed  CATEGORY: 雑記
面白いこともないし…ってパターンはもう以前にやった気がしますw

が、なかなかネタになるようなことの少ない毎日でして。

仕事が少しずつ忙しさを増す気配が今年になってからいや増す一方であり、
今年はぶっ壊れた気分の赴くままにふらふらとPerfumeが出演するお祭りを
追っかけてはいられない気がしてなりませんw

でもGO!FESには参加する予定。

おっとその前にはトゥワーがありますね。整理番号は並ぶ必要がないくらい
後ろの方なのでゆっくりとお台場を散歩してから行こうかなぁと模索中です。

しかし今までの例から行けばきっと会場は参加不参加問わずにパフュファン
でいっぱいになるのでしょうから大変な騒ぎでしょうね。観覧車が止まるよ
うな事態にならなければいいですが。


さて、最近はちょっと懐古主義的に学生時代に流行った曲をよく聴いています。

結構あの頃感じたものとは違う印象を受けるものです。

あの頃は単純に音楽が耳に流れ込んでくるのが楽しく、歌詞もリズミカルに入って
きてその歌声に浮き立つ気持ちを抑えきれずになったものでした。

でも今は聴きながらも頭のどっかで別のことを考えたり、あの頃は、なんて回想
をしたりする。あの頃むき出しのようだったものは少し色々、それが筋肉なのか
贅肉なのかはわからないけど身につけている気がする。

そういうものを感じる度にちょっと自分が心配になるんです。

あの頃わけがわからんと思っていた、なりたくないなぁと思っていたようなもの
に自分もなってしまっていないかと。

そう思う度に色んなものを自分に流し込んでみる。音楽でも何でも。

そうして大丈夫、なんて言い聞かせたり、大丈夫?、なんて心配になったりする。

ちょっと恥ずかしくなるような青臭いもの、僕はまだ好きだった。

それがいいことか悪いことかはわからないけど僕はそれで大丈夫だって思う。

そうだからPerfumeのことも好きなんだって思っているし。



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。