アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GO!FES所感
2010-03-25-Thu  CATEGORY: 雑記
ここ最近ちょっとバタバタしており、ブログが滞り気味です。

書きたいことは色々あるのですがなかなか時間がなく…。

で、まずGO!FESについて。

どんな印象なのかは私の前回のエントリーをご覧いただけ
ましたら嬉しいです。


まぁ賛否両論ありますね。

ただちょっと否定派の方々のご意見が多いようです。

参加した者から言わせていただいても不満な点は多々ありました。

ただ、一つ言えることは、LIVEをしてくれた方々は本当に素晴らしかった。
その一点。これはもう絶対に間違いがないことです。

自分は自称生粋のぱふゅオタです。

拝見した方々、知っている曲もあれば知らない曲もありました。
でもどれを聴いてもかっこよかったし、楽しかったです。

閑古鳥が啼いていた、という報道はある部分では確かです。でもそれは
箱の選択を誤っただけだと思うし、前の方はしっかりと各演者さん達の固
定ファンの方や音楽ファンの方々で盛り上がっていました。

それにも関わらず否定的な意見が若干多いのは主催者、演者、観客それ
ぞれがGO!FESというフェスのイメージを固め切れなかったことが原因であ
る気がします。

ヒットチャートの主役が集うまったく新しいフェス。

私はこのコンセプトがいまいち飲み込めませんでしたし、未だに消化不良
です。出演者の顔ぶれを見るとフェスに慣れた、所謂ロキノン系を散りばめ
て間間にそんなにフェスで見ないような方々を挟んでいた感じ。主催者サイ
ドがこのコンセプトをどれほど詰められたのかは甚だ疑問です。

そのせいか会場のコントロールに苦労した演者さんもいらっしゃったのでは
ないでしょうか。

フェスに慣れている演者さん、例えばKREVAさんなんかはとても上手に会場
をコントロールしたし、サプライズゲストを呼んで観客を飽きさせない工夫を随
所に見せていました。フェス慣れした方々は当然アジもしますが必要以上に
それをやらない。どんどん飛ばして行きます。

フェス慣れしていない方々のそれは観に来てくれた方々が楽しくなればいいと
思ってそれをしているのは明らかなのですが、いい意味での図々しさがあった
方がお互いに良いでしょう。Perfumeがいうところの「やり逃げ」というやつです。

実際は自身のアクトに徹する、ということなのですが力の抜けた面白い表現ですねw

ただ出演された方々は耳に馴染みのある曲をお持ちの実力派ばかり。個々は
素晴らしいのに会場が何故か一体となれない。

そこには当然自分も含めて個々演者さん達のファン同士にも課題がありました。

確かにお目当ての演者さんを間近で観たいという気持ちはわかります。

でも最前エリア、モッシュゾーンはその演者さんを本当に好きかその音楽を一緒
楽しめる方々にこそ提供される場所です。お目当ての演者さんが出てくるまで延
々前に詰めて、それ以外はほどほどに観ようと思うならそこにいくのは好ましくない。

またモッシュゾーンですから当然接触もあるし、肩や肘がぶつかり合うことは当然
のようにあるのです。だから我慢しろ、というのではないですが理解はして欲しい。
うねりが起きている時に一人だけ踏ん張ったり肩肘を張ったりするのはお互いに危
険なのです。
またバッグ等を持ち込むことはその分のスペースを潰してしまうことになるし、その
ものが脅威になる場合が多々あります。

少しずつお互いを理解し合って、歩み寄っていかなければこういう機会はなくなって
しまいます。私はできたらもっとたくさんの方々にPerfumeを知っていただきたいし、
フェスという最高にピースフルなお祭りをもっと沢山の方々と共有してみたい。そうい
う空気をみんなで持てたら個々の音楽はもっと素敵に聴こえるはず。

私が今回のフェスに持った印象は「ワンマンライブの縮小版詰め合わせ」です。

秋のGO!FESまでにはそういう部分がブラッシュアップされたものが見られたらいいと
思います。きっちりとフェス、文字通りのお祭りにして欲しい。

そして踊る阿呆も観る阿呆もきっちり阿呆になれるようなLIVEを是非やって欲しい。

生まれたばかりのフェスです。もっともっと良くなるはず。どんなことにも初めてが
あり、強い思いがあればきっと良くなる。プロとして頑張って欲しいし、参加するの
であればみんなで楽しむ努力を私もしたい。

そんなことをしみじみと新千歳空港より送信w
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントelectrocat | URL | 2010-03-26-Fri 14:26 [編集]
akiraさん、熱いですね^^
ゆかちゃんが⊿DVD Disc2で、「どんなに頑張ってもお客さんがいないとライブは成り立たない」というような事を言っていて、まったくその通りだと思いました。
それは、単に”客が集まらないと”という意味ではなく、”一緒にライブを作ってくれるお客さんがいないと”という意味を含んでいると感じました。
まだまだ客側にその意識が少ないのかも知れませんね。
客同士でそういう意識を教育、伝達、確認などができるといいのですが、他人同士の間ですのでそれも現実的ではありません。
やはり最初は企画側が、そういう風土や文化を持つフェスになるよう、客を上手に誘導する事が必要かも知れません。

客側ができる事としては、今回のFESの反省の基に、板やコミュで啓蒙や意識統一をしていければと思いますが、演者も決まっていない段階でそのモチベーションを持つ人がどれだけいるものか。
難しい問題で、まとまりませんが、こういう機会に考えていきたい内容ですよね!
あれ?
コメントelectrocat | URL | 2010-03-26-Fri 18:06 [編集]
新千歳空港よりって・・・まさか!

何度もすいませんm(_ _)m

Re: electrocatさん
コメントakira | URL | 2010-03-27-Sat 00:13 [編集]
いつもコメントありがとうございます☆


> ゆかちゃんが⊿DVD Disc2で、「どんなに頑張ってもお客さんがいないとライブは成り立たな い」というような事を言っていて、まったくその通りだと思いました。
> それは、単に”客が集まらないと”という意味ではなく、”一緒にライブを作ってくれるお 客さんがいないと”という意味を含んでいると感じました。

彼女は本当に核心を突きますね。

ライブは演者さんの素晴らしさがあるのがまず第一です。そして同じように
その素晴らしさを受けて返す存在が必要です。もちろん騒いで動いてだけが
必要なのではないです。
大切なのは受けたものを返す。自分の形で、相手を思って、です。

多少は空気を読んだりすることも必要だと思いますが、どんな形であれ何か
を表現するのがいいと思うのです。今ある最高をぶつけてくる演者に対して
こちらも今ある最高の思いを返したい。そういう思いがベースにあれば相手
にもちゃんと伝わるはずです。


> まだまだ客側にその意識が少ないのかも知れませんね。
> 客同士でそういう意識を教育、伝達、確認などができるといいのですが、他人同士の間です のでそれも現実的ではありません。
> やはり最初は企画側が、そういう風土や文化を持つフェスになるよう、客を上手に誘導する 事が必要かも知れません。

フェスにしてもお客さんがその雰囲気を作るものだと思いますが、企画が拡散
してしまうと何を捉えて楽しめばいいのかが曖昧になってしまいます。別に個
々好きなように楽しめばいいと言われればそうなのですが、沢山の演者さんが
一堂に会するのであればそこに意味合いは出ているはず。その意味合いを収斂
させていくのはある程度企画側がどれだけそれを煮詰めたかだと思うのです。

>
> 客側ができる事としては、今回のFESの反省の基に、板やコミュで啓蒙や意識統一をしていけ ればと思いますが、演者も決まっていない段階でそのモチベーションを持つ人がどれだけい るものか。
> 難しい問題で、まとまりませんが、こういう機会に考えていきたい内容ですよね!

あのフェスの舵がどちらに切られるのか。それが次のフェスへの課題。今回
のフェスはただあるがままに流れて行ったようにしか思えないのです。そこ
をしっかりとしたスタンス固めで変えていけるか。お客さんを巻き込んでや
っていけるか。

それができたら自然とお客さんは一定の方向性を持ち始めると思います
Re: electrocatさん
コメントakira | URL | 2010-03-27-Sat 00:14 [編集]
> 新千歳空港よりって・・・まさか!
>
> 何度もすいませんm(_ _)m


うふふww
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。