アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まかろに♪
2009-04-07-Tue  CATEGORY: perfume
さてさて、後約一か月で…、 

「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」ですね♪

場所は代々木第一体育館。

代々木近辺と言えば、のっちも大好き「マカロニ」のロケ地のすぐそばです。
ライブに参加される方であれば、ちょっと早めに原宿へ行き、新緑の中を散歩
しながらロケ地巡りなんてのもいいですね♪

ニコ動では削除されてましたがYouTubeにはまだ動画が残っています。
宜しければ参考になさって下さい。

 「マカロニ」ロケ地巡りはこちらから ⇒ 渋谷周辺 
 ちょっと離れますが後半部分     ⇒ 荒川周辺

後半部分の荒川周辺は以前よく走っていた首都高6号向島線から見える景色
だったので個人的に感慨深いです。夜は下り線側からとっても綺麗な夜景が見
られるのでお車お持ちの方は是非マカロニと共に流して見て下さい☆

お得な4分割PVはこちら ⇒  3人合わせてPVです☆

このマカロニのPV。

3人が思い思いのスタイルで微笑みかけてくれる映像が、第三者目線で展開さ
れていく珠玉の映像。
8mmのある種感傷的なイメージがどこかノスタルジックな、過去を彷彿とさせる
ような柔らかさの中に観る者を包んでくれます。

付き合い始めの2人が醸す微妙な距離を歌った歌、っていうのが恐らく一番想起
されることの多いイメージなのかな、と思います。

通り過ぎて来た者だからこそ思うのかもしれませんが、10代の恋愛ってマカロニ
の歌詞のように、終わりをイメージすることってあまりないんじゃないでしょうか?

特に付き合い始めの頃なんて、一緒にいるだけで胸が高鳴って、些細な仕草一つ
とっても初めてだらけ。何をしていても楽しくて、時間の流れなんて全然意識外。

何の根拠もなく、いつまでもこの幸福が続けばいい、いや続くに決まってる。

そんな思いに心を支配されているものじゃないかな~?と個人的には思います。

だから、

ブログ用9
「最後の時がいつか来るならば それまでずっとキミを守りたい ♪」

ていう歌詞が印象に残ります。

この一節からずっと人生を連れ添った2人の末期を見つめた曲、なんてイメージを
持たれる方もいらっしゃるようです。

このどこかに終わりの影がちらつく、何となく終焉を予感させるようなイメージって
Perfumeが持つ独特の魅力だと思います。

一般的なアイドルによくある似たようなイメージは「ここでは終わりだけど、どこか
でまた会える」的なものですが、Perfumeの場合、そんなイメージを私は持たない。

もし終りが来るのなら、それは本当の終わり。

どんなに手を伸ばしても決して届かない。そのスタイルは星のように遥かな存在
になってしまう。

何ででしょう。言いようのない寂寥感があるのです。

それはPerfumeが一度は終わりを自他共に意識したグループであることが起因
しているのでしょうか。

そういう下敷きを知っているから余計に意識させられるのでしょうが、Perfumeの
ライブパフォーマンスにはいつも、一期一会というに相応しい高い集中力と覚悟
が見てとれる気がします。

その空気を共有できた者にだけ知ることのできる圧倒的なイメージ。

そのイメージはきっと、代々木の地でも3人と観客を包含して、融合して、彼女達
の魅力を鮮烈に印象付けてくれるのだろうと思います。

その場所に立つ事の出来る方々は本当に幸せだと思います。一マニアとして♪


おまけといってはあまりに失礼ですが、ちょっと毛色の違うマカロニを。

かの有名な動画「Capsule×DaftPunk×BeastieBoys -StarrySky YEAH! Remix」
を制作された方の作品です☆

-Rhyme the Macaroni Well-
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントykjy | URL | 2009-04-09-Thu 01:30 [編集]
どこか満たされない寂しげな終焉を予感させる中田歌詞に
Perfumeの人生と重ね合わせて感情移入してしまう。
それは、彼女達の軌跡を知れば知るほど必然でしょうね。
だから、余計に最近の・・・DFからの2曲に違和感を感じてしまいます。
嫌いじゃないけど^^
RE:ykjyさん
コメントakira | URL | 2009-04-10-Fri 00:51 [編集]
コメントありがとうございますm(_ _)m

自分が本気でPerfumeに傾倒したのはこのPVから
なんです。曲、詞、映像全てが心に響きました。
特にのっちのまなざしは美しい、と真剣に思いましたね。

最近の曲…、については自分の思いを書いてみましたの
でよければ読んでみてください。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。