アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェスが人気
2010-05-08-Sat  CATEGORY: 雑記
だと言われます。

今年も幾つかのフェスが生まれ、通年で50以上が開催されます。

CDが売れない昨今ですがフェス人気は翳ることがなく、寧ろ行き場
を失ったカネが安易にフェスに流れている感すらあります。それが
いいか悪いかは別として、音楽にまた新たな機能が求められている
ような気もします。

大きな会場で多くの方々と一緒に聴く音楽。

それは独り部屋で聴く音楽とはまた違った趣があり、音楽を提供して
くれる対象が目の前にいて、それを共に感じられる沢山の方々が傍に
います。そこで生まれる一体感はライブの醍醐味の一つです。

それをワンマンではなくフェス、多くの音楽を一度に集めて楽しむ。

そこにはどこか集まる人同士が繋がりを求めて集まっているようにも感じます。

毎日何かしらしがらみの中で生きている自分。

それぞれの場所にはそれぞれ自分という身を置く場所があり、それぞれ
の空間での自分が落ち着ける場所である。

そういう場所は長じる程に増えていき、意図はしなくてもそれぞれの
場所においての自分が出来上がる。どれも自分なのだけれど身を置く
場所によっては少し違うものである気がする。

そしてそれらの場所から離れた時に感じる自分。

どこにも属していない自分。

そういう時間を孤独、というのかも知れない。それ自体はとても大切な
時間だと思うけれど、人によってはそれに耐えられなくなる人もいるの
かもしれない。

向こう三軒両隣、というような近所付き合いも稀な昨今では以前のような
共同体形成が出来づらくなっている。

ではどのような切り分けで人は繋がり合うのか。

その問いに一つの答えとして音楽が、以前よりももっと重要度を増して
認知されてきているのかもしれない。

どんなものでもいいわけではないと思う。

そこにおいて何をしたい、どう感じてほしいという想いが明確なものこそ
今求められている。そういうものだからこそ多くの繋がりを接続できる力
を持っている。

そこには当然強い想いを持つ者達が集う。


Perfumeは何故ロックフェスに出るんだろうか??

もしそう思う人がいるなら行ってみるといい。ロックという音楽を越えた先に
ある、在り方としてのロックを体現する彼女達に出会えるはずだから。

今年も大空の下で弾ける彼女達が観たいものです。

ああ、でもRSRとかだったらどうしよう…w
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
でも
コメントコレンドア | URL | 2010-05-09-Sun 09:38 [編集]
RSRに出るとしたら、来ますよね?w
いや、絶対に来るはずだ(^^♪
Re: コレンドアさん
コメントakira | URL | 2010-05-10-Mon 02:50 [編集]
コメントありがとうございます♪

> RSRに出るとしたら、来ますよね?w
> いや、絶対に来るはずだ(^^♪

ええっと、まぁ、その…

行きますよね、そりゃ♪w
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。