アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・ウェンズデーJPOPとPerfumeの今後
2009-04-10-Fri  CATEGORY: perfume
ウェンズデーJPOP、こちらの方が長尺でご覧になれると思います。

 ⇒ 20090408 BS2 WedJPop

若干演出過多であることは否めませんがPerfumeを好きな方にはお勧めできる
と思います。


さて、昨日の駄文の続きを少々w


「どんなにステージがおっきくなっても3人でやっていけるんだなって思ったですね。」
                                    (かしゆか -H  2009・4-)

「思ったです。」(のっち)

「思ったです。」(あ~ちゃん) (‐H 2009・4)


Perfumeにとって一番大事なものはこの3人観なのじゃないかと思います。

彼女達のファンは実に多岐に渡る、という話題もよく言われるものですが、
様々なバックグラウンドを持つファンが彼女達を志向するのに不可欠な要素。

それは、あ~ちゃん・のっち・かしゆかの「3人」が演じているということ。

どんなファンの方々がどんな切り口でPerfumeを眺めてもそこに必ず映るのは
彼女達がPerfumeを構成しているという事実。
Perfumeが好きな方の中で、アイドルが好きな方も、ロックが好きな方も、クラブ
音楽が好きな人もみんなPerfumeの3人が好きだから、というのは共通項として
持っているのではないかと思います。
中田さんが創る音楽、MIKIKO先生が創るダンス、関さんが創る映像、TeamPerfume
が創るPerfume、という団体は全て3人が中心となって凝集している。

どんなイメージを創りだして、そこでその役割をこなすPerfumeはどんな形であれ、
そこに確かに存在するPerfumeという3人の結晶体。


逆に今までがそうであったように、たくさんのPerfumeWatcherがそこに反射する色
とりどりのイメージを拾い上げて思い思いのスタイルで楽しむことができる。

そんな自由度がPerfumeにはあります。

それは様々な形でPerfumeを表したファンの力だし、そういうイマジネーションを引き
出したPerfumeという団体の力。
せっかく彼女達に出会えて、そのイメージに触れることができたのだからもっともっと
彼女達と一緒に楽しまなきゃ損でしょう。

彼女達が創りだすもの、TeamPerfumeが創りだすもの、その周辺で幾多のファンや
自分が創りだすもの。まだまだ尽きせぬ期待。

それはテクノ構造の奥行のように縦横無尽に展開するのではないでしょうか。

自分はPerfumeの頑張る個性がとっても好きだし、柔らかい空気も好き。LIVEでの
かっこよさ、包み隠すことのない感情、素直な感覚が好き。

またファンの方々が創るこういうクールな音楽が好き。

  ⇒ Underworld and Perfume Mix [Born Slippy Nuxx]

あなたの中で育ったPerfumeとそのイメージはどんなですか??
pori.jpg
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントykjy | URL | 2009-04-11-Sat 02:27 [編集]
どうも最近、リアルに傾いてるような気がします。
感情を込めないから、聴いてる側がいろんな捉え方が出来る。
リアルに自由度があるでしょうか?
私は、曲にリアルを求めてないです。
彼女たち自身にリアルを感じたいし、そのギャップも楽しみたい。
曲にリアルを求めていないというよりは、リアルを、こちら側で構築したい。
それが自由度だと思います。

>テクノ構造の奥行のように縦横無尽に展開する
そうですね。大いに期待したいですね。
でも、大黒柱というか・・・
ブレない軸があってこそだと思います。

またまたスミマセンm(_ _)m
RE:ykjyさん
コメントakira | URL | 2009-04-11-Sat 03:02 [編集]
毎度のお運び、コメントありがとうございますm(_ _)m

自分は時間軸と空間軸の幅の問題もあると思ってます。

確かにここ数曲、Perfumeは質感のはっきりした明確なイメージ
をのせてきていると思います。
でもそれは彼女達のdecadeの中のほんの一部分でしかないの
ではないでしょうか。

紆余曲折を経て今に至るPerfumeを見るにこのままなのかどうか
はわかりません。

飽くまで今までのPerfumeがあるから先の展開にも期待が持てる
と思っています。自分達を見つめなおしてどんなPerfumeを今後
作っていくのか。

自分の一方的な期待とは違う方向にPerfumeが向かうことだって
あると思います。でもその時はその時。

今はまだPerfumeへの期待が上回っている。自分の中ではそう
いう気持ちです。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。