アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は…
2010-07-30-Fri  CATEGORY: 雑記
FUJI ROCK FESTIVAL'10初日でございます。

当然参加している訳もなく神奈川の奥地で仕事に埋もれておりました
が、ああ今頃は誰が出てるんだなぁ、などとエアフジロックに耽って
おりました。

ワタクシあまり夏が得意ではありません。

そして野外で音楽を楽しむ、ということも今の今までしてきませんでした。
何度か誘われたりもしましたが結局は行くこともなく。

しかし、去年Perfumeがその扉を開いてくれました。
 
 ⇒ RIJ最高っ!

明日は去年ROCK IN JAPAN FES'09が開かれた日でございます。
 
前日から一人で茨城まで出掛け、近所の漁港付近に宿をとって準備。
待ち切れずに小雨交じりの中7、8kmの道程を歩いて会場を下見。少し
ずつ盛り上がる気持ちを一人酒で何とか沈めて就寝。

翌日は5時起きで会場へ。

夏とは思えない氷雨の中、フェス会場内最大のステージ、GRASS STAGEへ。

開演時間が近づくと共に徐々に雨は止んでが未だに強風吹きすさぶ会場。

それでも渋谷社長の「朝礼」と共に会場はフルボルテージになり、社長
がPerfumeを紹介、登場!

…野外で観る初Perfume、鮮烈でした。

ロックフェスになんでPerfume?って不思議に思われる方、まだいらっしゃる
んじゃないかと思います。

百聞は一見に如かず。どうぞ足をお運び下さい。

決して損はさせません。すっごいですよ、Perfumeは。

来年も必ず行く、と誓ったフェスに今年も何とか足を運ぶことができそう
です。やろうと思ってできないことなんてそうそうあるもんじゃないと思い
ます。盛り上がる気持ちだって、ある時期にしか生まれない期間限定の
ものでもありません。

もしその時が目の前に現れたのなら、それを逃す手はない。

モタモタしてると彼女達を見過ごして、ただ時代が過ぎていってしまうばかりだ。
だから急ごう。彼女たちに、ひたすら夢中になろう―。(QJ vol.74)



あ、その前にGPF10だ。
 
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。