アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GPF10観戦記(後編)
2010-08-02-Mon  CATEGORY: 雑記
さてさて、GPF10観戦記の続きでございます。

Perfumeが意外にも早い出演をしてくれたお陰で少しドキドキが少なめ
の後半戦ですがせっかくのライブ、最後まで楽しまない手はありません。

HPに全出演者のセットリストがありますのでご参照下さい。

 ⇒ GIRL POP SET LIST

がしかし、冗談抜きでタオルが絞れる程の発汗量で熱中症に近い状態で
あった為に少し水分補給をしたり、休んだりしている内に次のアクター
が登場。

ここを続けて出しちゃうんだ~、という感じでSPEEDの登場です。

ちょうど「BODY&SOUL」の辺りで会場に復帰。後方からの観戦だったのですが
さすがは一時代を築いたグループ、時を経て更に貫禄が増した感があります。
特に今井恵理子さんのヴォーカルには以前にはなかった表現力が加味された様
に感じました。

復活後のシングルも含め、懐かしい楽曲も沢山歌ってくれたのですが今の4人
にしっくりくるまたシーンにも配慮した「SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks」
からの選曲が多かったように思います。
個人的にはRAM RIDER mixの「Wake Me Up!」がお勧めです。

新譜の「指輪」も時を重ねたからこそ歌える曲なのかな、と思います。

彼女達が駆け抜けた90年代後半からだいぶ時が経ちました。その年月が更に
彼女達を磨きあげたのですね。


Perfume、SPEEDと大看板が立て続けに出演した後はLOVE LOVE ALL STARSと共に
ゲストヴォーカルが夢の競演を次々と披露してくれます。

トップバッターはmiwa。

榮倉奈々さんのドラマの主題歌だった「don't cry anymore」の力強いパフォーマンスで
一躍人気を博した彼女、伸びやかなで抒情的な声が印象的です。今回披露してくれた
chAngE」もよかったけどカヴァーとして歌ってくれた「青空」がとにかくよかった。原曲の
大ファンなのですがよかったです。

まさかの「青空」でうっとりしたあとはKyleeの登場。

カイリーと聞くとミノーグ?と思ってしまうのはおっさんの証。スペルも違いますしねw
一曲のみの披露でしたがCMでも耳にする機会の多かった「it's you」を元気いっぱい
に歌ってくれました。

そして後を受けて登場するのはLLASの一員、加藤いづみさん。

彼女の代表曲と言えば「好きになってよかった」…、失礼こちらですね。90年代前半の
ドラマ劇中歌として流れたこの曲、変わらない良さがあります。加藤さんの優しいながら
もよく通る歌声、素敵でした。今ならのっち、あ~ちゃんももう少し歌いこなせるんじゃ
ないですかね。

もう一つ沁みたのは故・村下孝蔵さんのカヴァー「初恋」。加藤さんが仰っていましたが
後世に歌い継がれていく名曲だと思います。誰が聞いてもいつかの場面が思い浮かぶ
のではないでしょうか。

余談ですが初恋は色んな方がカヴァーしていますね。僕は彼らのがアレンジもPVも好きです。

加藤いづみさんがもう一曲披露してくれてしっとりしたところに元気一杯の
森若香織さんが登場。

連れの方に伺ったのですが彼女はGO-BANG'Sのヴォーカルの方だったんですね。

GO-BANG'Sといえばこちらの印象が強いですが披露してくれた「スペシャルボーイフレンド
もよかったですね。この当時とアクト中はほぼ変わらない印象。でも喋りだすとお母ちゃん感
が満点でしたww

会場を熱気と爆笑の渦に包んでくれた森若さんの後は渡瀬マキさんの登場。

昨年LINDBERGが期間限定復活していたのを後ろ髪を引かれる思いで眺めていただけに
かなり楽しみしていました。

のっけから「会いたくてLover Soul」!

ああ、好きだったなぁという思いと今もやっぱり好きだなぁという思いが交錯してたまら
なく盛り上がりました。
渡瀬さんはバラード曲を挟んでJURIAN BEAT CRISISの川上ジュリアさんと一緒に
今すぐKiss Me」を熱唱、会場は大盛り上がり!

その後はSPEEDの島袋さん、今井さんが出てきてドリカムの「サンキュ.」を歌うなど若干
豪華なカラオケのような感じになったところでノースリーブスの登場。

中央部のファンの方々はかなりの盛り上がり、一曲目はAKB48の「会いたかった」を披露。
譜割、リズム、ダンス共に盛り上がるように作ってあるように感じるこの曲、ファンの方々を
中心に大変盛り上がっていました。
小芝居含みのMCで笑いを誘った後は新曲の「君しか」を披露。一生懸命歌っている姿が
とても印象的でした。

この後は中川翔子さんが登場したのですが今日は体調がおもわしくなく、ここで会場を
後にしました。

イベントの運営と進行に若干問題があったとは思いますがライブはどの方もとても
よかったですね。


※ めぐめぐさん、Perfume以降はこんな感じでしたよ♪
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントPerfume好きなJ-POP世代 | URL | 2010-08-04-Wed 23:35 [編集]
自分では、他のアーティストが披露していると、どう楽曲に反応すべきか困ってしまうんですね。特によく知らない方だったりすると、変なリアクションとって気まずい雰囲気は作りたくないなと、そのことばっかり気にして、実際パフォーマーを見れません。

そこのところ、akiraさんは事前研究をしっかりなされている(いや、日頃からの知識の蓄積だろう)ために、充実したライブになっていたようですね。
私も見習うべきところですね。

Re: Perfume好きなJ-POP世代さん
コメントakira | URL | 2010-08-05-Thu 14:04 [編集]
コメントありがとうございます♪

私もライブではPerfumeが一番よくわかるし、ノれるのですが
その他の方々の曲でもリズムに乗って楽しむことができます。
ああ楽しいな、という気持ちを体感できるのが第一ですよね。

知っているとより一層楽しめるのは言うまでもありませんが、
知らなかった名曲をしることができるのもフェス系イベントの
醍醐味かと思います。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。