アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一連のインタヴューを読んでの雑記
2010-08-16-Mon  CATEGORY: perfume
Perfume新曲「VOICE/575」、好調な滑り出しのようですね。その反響の
ブログのアクセス数にも反映されているようで、発売日以降アクセス数
が普段の倍近くになっておりました。

が、今日付近でその勢いも一服したようです。

色んな方がPerfumeに興味を示されて、色んな情報を求めて足を運んで
下さったのなら大変嬉しいことです。足繁く通って下さる方々も当然有り
難く思っています。

そんな注目度も知名度もあるPerfume。

ここのところ新曲のプロモーションということで様々な雑誌・WEBに登場
しております。

色々と考えることがあって地に足がついていなかった頃があって、それら
を落ち着いて今振り返れる心境になった上でPerfumeに欠けていたものが
崖っぷちの中でも夢を信じて頑張っていた頃の気持ちにあるようだ、という
発言が各誌に載っています。

この発言、まだWHAT'S IN?の頃はこれほど明確にしてなかったと思います。
恐らくROCKIN' ON JAPANのインタヴューを経た辺りから各所でそういう発言
が大勢を占めるようになったのではないでしょうか。

初心に返って更なる飛躍に向かって意識を合わせていく。

そういう意味で振り返りってすごく大事だと思います。その時はがむしゃら
であったことが振り返るとどういうことだったかが見えてくる。言葉にもな
るし、位置づけも出来る。

ただ、事は過去の文脈を辿っただけでは解決しないでしょう。

己の意志とは関係ないところで事態は常に前へ前へと不可逆な流れをひたすら
に進んでいきます。ただ目の前にある流れを見てそれに対処するだけではその
場にある淀みに対処することはできても大きな流れからは外れていってしまう
かもしれない。

あの時にどうだったか。

それは今を泳いでいくことに必要な要素ですけど一要素の域は出ない。

Perfumeは崖っぷちに立たされて、その中でも弛まぬ努力と不撓不屈の力で道を
切り開いてきたのでしょう。けれどそれだけで今までやってきたわけでもないだ
ろうし、今後もそれだけでやっていくわけでもないでしょう。

あの頃の気持ちも確かに大切。あの頃があっての今の気持ちがやっぱり大事でしょう。

3人も口にしていることですが、その辺りのイメージが3人にはもうおぼろげながら
見えているんじゃないかな、と一連のインタヴューを読んでいて思いました。

そういう意味では音楽と人のインタヴューが特に詳しい気がします。

金光さんの巧みな引き出し、笹原さんの素敵な写真の数々。

色んな葛藤はあるでしょうし、それは余人には測り知れないことです。けれど、
真面目で努力家である彼女達、そして何より漂々と難題をこなしていく彼女達。

それもまた忘れてはならないPerfumeの魅力です。

触れなば落ちん、という儚い風情を漂わせながらも強靭な根がこの花にはあり、
開いた花は得も言われぬ香りを放つ。

その花の香は一言では表現できない上に人により時により印象が変わる。

だからこそ興味が尽きないのです。

大事なのは変わらないことでもあるし、変わっていくことでもあるでしょう。

楽しみですね。とりあえずドーム!
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ふむふむ
コメントcanal | URL | 2010-08-17-Tue 23:51 [編集]
こないだ他のブロガーさんが
最近の「崖っぷち」を思い出そう発言
に対し、異議を唱えているのを読んでから自分もそのことについて考えていました。というより悩んでいました。

あ~ちゃんの発言を聞いていて
確かに本人たちの中で「あの頃」を忘れている感覚があって、仕事への取り組み方を見直そう、
という発想に至ったのならそれは間違いでは無い、

しかし「今」と「あの頃」の「Perfume」は違う。
同じでいて欲しい部分もたくさんあるけど、取り巻く状況は明らかに大きく違う。
そのジレンマを2009年を通して三人がもう超えたのなら(もしくはドームという舞台がその証明になるのか)
「あの頃」の感覚を取り戻すことばかりに固執する必要はない、
そんなところでしょうか。少し自分の中でも整理がついた気がします。

三人の中で「挑戦」が「自分を追い込むこと」にすり替わっていたらまた苦しみがやってくるのでは。。
とも思います・・

日曜日渋谷にいらしてたんですね!実は自分も・・・
Re: canalさん
コメントakira | URL | 2010-08-19-Thu 01:36 [編集]
コメントありがとうございます♪

自分自身思いつくままに書いていたのでいつも以上に支離滅裂
ですが、そのままに書きたい衝動にかられたのでそのまま上げ
ました。お見苦しい点もあったことと思います。

> 最近の「崖っぷち」を思い出そう発言

この発言は恐らくカットされて独り歩きをしてしまいそうな
フレーズであろうと思います。そして物議も醸すもののよう
に感じます。

ただそこにはやはりポジティヴな思いが乗っているものです。
一つの山を越えた彼女達がまだまだわからないなりに振り返り、
そしてまた前を向いた時に今の心境をどのように位置付けるか。

その過程の中で出た言葉でしょう。あの頃よりも大きくなった
彼女達の言葉、それはただあの頃に戻ろうというような単純な
ものではないかな、と思う次第です。

あの頃に戻る、Beatlesの「Get Back」のような悲壮感はないもの
と思いたいです。

> 日曜日渋谷にいらしてたんですね!実は自分も・・・

どこかですれ違っていたかもしれませんね♪
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。