アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モノより思い出
2010-08-29-Sun  CATEGORY: perfume
何とも久方振りの更新でございます。

当ブログ、Perfumeを応援する日々の記録と銘打っております為、そういう
内容でなければ極力更新を控えております。まぁどこかに関連性があれば
良いのですがここ最近Perfumeのパの字もない生活を送っておりますのでどう
にも更新のタイミングがつかめずにおりました。

今年は既に述べさせていただいた通り、Perfumeの記念すべき結成十周年と
いうことで参加可能なライブは大抵足を運ぶようにしておりました。

そんな私のPerfumeライブ三昧フェス三昧の夏はROCK IN JAPAN FES2010
にてひと足お先に幕を引き、後半戦で夏休みの宿題に取り掛かる子供のよう
に仕事に追われる毎日を満喫させていただいております。
もちろんPerfumeの曲はローテーションの基軸であり、最近はVOICE、575の
インストばかりを聴き続ける毎日です。特に575、自分にはLove The World以来
のヒットです。ずっと聴いていても飽きないし、音楽素人の自分にも音の多重奏
が感じられてとても楽しい。

また、TVやラジオも欠かさずという訳にはいきませんが可能な限りチェックをして
おります。ただそれほど熱心というほどではありません。3人が出てくれば観るし、
観ていれば楽しいのですがどうしてもライブに比べると強度に乏しいものがあります。
Perfume Locksのように彼女達が冠の番組であればある程度彼女達の自由が利いて
いますがTVはどうしても宣伝の印象が強く、シナリオや進行の上をなぞるように進んで
いく為に驚きや感動は少なめです。

やはりライブ、あの瞬間瞬間の言いようもない楽しさを体験してしまうとなかなか
それに見合うものを用意する事はできません。

では、今私がただそれを待ち焦がれるだけの毎日を送っているか、といえばそんな
こともない。

日々の生活をしっかりと楽しんでいます。もちろんPerfumeの曲をお供に。次の
ライブは楽しみだけど、それだけが全てでない。もちろんそれが心の重要な位置を
占めていることに変わりはないですけどね。

Perfumeのライブも含めて、日一日を大事に暮らしていかねばなりません。

お互いに色んなものを持ち寄って、またあの熱い会場に足を運びたいものです。ただ
瞬間移動のようにその日を迎えることなく、そこに辿り着いた時には今とは違う心持ち
の自分で、その時の最高の思いでライブを楽しみたい。

タイトルは日産繋がりです。セレナのキャッチコピーですが昔聴いたこの曲、今でも
色あせずに心に残っています。そんな時をまた迎える為、明日からも頑張らにゃあ。




スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
雨を見たかい
コメントelectrocat | URL | 2010-08-30-Mon 09:09 [編集]
懐かしいですね~
Perfumeのファンblogには、こういう昔の名曲紹介がちょくちょくされるところが特徴的ですよね(笑)嬉しい限りです。
CCRは高校生の頃バンドでコピーしてましたが、Fool Stop The Rainがお気に入りでした。当時、アメリカ西部~南西部の土着ロック独特の哀愁が好きで、頭をボーっとさせてよく聴いていました。音楽と共に当時の情景だけではなく、心情も蘇って来ます。

将来、Perfumeを聴くと、今の事を思い出すんでしょうね。
Re: electrocatさん
コメントakira | URL | 2010-08-31-Tue 03:09 [編集]
コメントありがとうございます♪

> 懐かしいですね~
> Perfumeのファンblogには、こういう昔の名曲紹介がちょくちょくされる
 ところが特徴的ですよね(笑)嬉しい限りです。

そうですよね、私も良くその恩恵に与って素敵な音楽に出会えること
がよくあります♪

> CCRは高校生の頃バンドでコピーしてましたが、Fool Stop The Rainがお気に
 入りでした。当時、アメリカ西部~南西部の土着ロック独特の哀愁 が好きで、
 頭をボーっとさせてよく聴いていました。音楽と共に当時の情景だけではなく、
 心情も蘇って来ます。

私は日産のCMを見ながら懐かしそうに歌う父親からこの歌を教わりました。
当時はヒッピー文化華やかなりし頃でこの歌も戦争の情景を歌ったものだと
言われます。実際にはCCRの姿を歌ったものだと後にジョンが語っていますが、
私にとってはカラッカラに晴れた日、真っ青な空の下で天気雨にでも降られ
ながら聴きたい最高に爽快な曲です。

「Born On The Bayou」、「Proud Mary」、「Susie Q」など独特の渇いた空気
を纏った曲達は踊りだしたくもなるし、夕暮れ時にしみじみ聴きたくもなります。

> 将来、Perfumeを聴くと、今の事を思い出すんでしょうね。

そうですね、それはそれは「考え」深く響くでしょう♪
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。