アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/1、Mステにて
2010-10-02-Sat  CATEGORY: perfume
「コンピューターシティ」を歌唱。

ファンであれば知らない人はいない、というよりその名前を聴くだけで
盛り上がってしまう鉄板の一曲。

ライブでは歌詞に合わせて音が飛んで、Perfume共々システムが「故障」
を起こしたようなMixに仕上げたり、前曲のアウトロからフェードインして
始まったりと様々な工夫をして歌われてきた。


近未来三部作、と言われる3曲がPerfumeには存在する。

「リニアモーターガール」

「コンピューターシティ」

「エレクトロワールド」

メジャーデヴュー後の3作で可愛さとカッコよさがどちらかと言えば前者よりに
作られていた曲が後者に寄り始めたのはこの頃。

そのど真ん中に位置するこの曲は可愛らしくも響く重低音が異質感を持っている。

彼女達の声、ダンスが持つ可愛らしさと音楽が作り出すカッコよさ。

これがあの曲の黄金比なのだと思っている。

すごく感動的なことだったし、あ~ちゃんの話からも思い入れの深さやあの場で
歌えることの喜びが伝わる素晴らしい一幕だったのは認めるところ。

でも、あの曲のポテンシャルは引き出しきれなかったように思う。

もっとなんだよ、あの曲のすごさは。だからライブ、行かなきゃ。





スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
そうなんですよね
コメントrunrun | URL | 2010-10-04-Mon 18:02 [編集]
私もMステのコンピューターシティを見て、何か物足りなくて
手放しで良かったと言えずにいたのですが、akiraさんのブロ
グを読んで、その違和感がなんだったのか気付かされました。

足りなかったのは、重低音。
確かに広くコンピューターシティを知ってもらう意味では、良か
ったですが、本当のコンピューターシティはライブで・・・みたいな
ことでしょうか。是非、多くの人に体験してもらいたいですね。
Re: runrunさん
コメントakira | URL | 2010-10-05-Tue 00:52 [編集]
コメントありがとうございます♪

4年越しの思い、成長した3人、あの時のままの声。

様々な想いが去来し、ファンそれぞれ色んなことを感じら
れた放送だったと思います。とてもしみじみと感動に浸り
ました。

でも、それってある程度知っている者の感情なのですよね。
そうじゃない方がみたら逆にさっぱりとしたものであったん
じゃないかな、なんて思ってます。

実はそこからもう一歩踏み出したところに更なる衝撃がある
と思うんですがどれくらいの方が踏み越えていらっしゃるで
しょう。楽しみです。

あのハスキーヴォイスの少年みたいな入り方だとベストなんですが(笑
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。