アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振り返りから期待へ
2010-10-12-Tue  CATEGORY: perfume
久々にゆっくりと街をふらふらする時間を作れました。

だいぶ涼しくなった街を歩き、行きつけのショップで秋冬物を物色。
NBBがあればいいのにと思いつつレディスの秋冬物も何となくチェック。

レコード屋で「ねぇ/FAKE IT」の予約票を眺めてにんまりしつつ、ここ
最近TVでもよく見かけるK-POPを暫しモニターで鑑賞。店員さんのお勧め
POPを一渡り読み倒して若干の衝動買い。

最後は本屋でのんびり立ち読み。

ビジネス新書を真面目な振りして斜め読みをしてから音楽雑誌コーナーへ。

OTO人のFES特集に暫し没頭。

この雑誌のライターさん、金光さんを筆頭にとても優しい記事を書かれます。
見たまま、感じたままを味付けなく、それでいて言わんとすることがすっと
入ってくるような文章で表現されている。

Perfumeにまつわるフェスの記事は今季唯一逃したモンバスのもの。

う~ん、行きたかったな。

参加者曰く、大変な猛暑の中で遮るもののないステージは地獄絵図だったと
聞きましたがどうして、皆さんとっても素敵な笑顔です。もちろんPerfumeの
3人はおっきな笑顔と貫禄のダンスでステージを我がものとされたよう。

ライブハウストゥワーで、また先週末のクラブ活動で音響のいい会場でのライブ
は音楽を楽しむ、また近くで演者を感じるということについては申し分ない。

けれど小中規模の会場に利点があるように大容量の会場にも利点はある。

野外、音は頑張ってもライブハウスにはかなわないけれど熱気や一体感の規模
は途方もなく大きい。会場全体が作るうねり、それが一つになった時の充実感
はとんでもない。

ドームだってきっとそう。

中心にいるPerfume。見守るTeam、Perfumeを愛するファン。

この層が作り出すうねり、今はただ楽しみで仕方ない。彼女達の意気込みは当然
伝わってくる。そして、ファン達の意気込みもまた様々な媒体から相応に伝わって
くる。

ドーム、その場にいられることを今切に願っている。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントたき | URL | 2010-10-14-Thu 22:35 [編集]
よし、うねりに行こう!w
Re: たきさん
コメントakira | URL | 2010-10-15-Fri 02:49 [編集]
コメントありがとさん♪

> よし、うねりに行こう!w

じゃあ早く東名飛ばして迎えに来いw
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。