アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
回顧と展望?
2011-01-27-Thu  CATEGORY: perfume
ブログ更新リハビリ中ですが、週末はオンタマ、月が明ければすぐに
東京ドームDVDの発売です。

あっという間の年末年始だったからか、ドーム公演を体験したのはつい
先週くらいの気持ちになることがあります。

でも、ただ忙しかったからだけではない気もしています。

久しぶりのワンマンライブ、しかも一夜限りの東京ドーム。

5万人が心を一つにして揺れ動き、ただ酔いしれた3時間。

自分はまだどこか、消化し切れていない思いがくすぶっているような気
がしてなりません。

その時間は夢のように過ぎて行きました。

眩い光を一身に集めて、一心に歩を進める3人が重なり、文字通り幕が
切って落とされた瞬間からずっと夢心地のままでした。

それは初めて彼女達を体験した時よりも衝撃という点では劣ります。

直後から続く熱に浮かされたような浮揚感、虚無感。

それにしてもやはり初めてよりは強くない。

でもあの時よりもずっと長く、時をおいても変わらずに去来します。

直後、僕は少し物足りなさすら覚えました。

待ち焦がれた瞬間はあまりにもあっけなく幕を引いたように感じたから。

でも、あれから3ヵ月あまりが経ち、何とはなしにその答えが見えかけています。

僕は何回も彼女達を目にして行くうちにどこか予定調和の「らしさ」を求めて
いたのかもしれません。Perfumeのライブはこういうもの、というような。

当日、会場を共にできた沢山のファンの皆さん。

その中には初めてPerfumeのライブを体験した方々が沢山いらしたことと思います。

帰りしな、そんな方々の幸せそうな顔を沢山目にしました。

興奮気味に語り合い、まだまだ語り足りないとばかりに夜の街に繰り出す一団。
笑み交わしながら子供たちの話に優しく耳を傾けるご家族連れ。

あの日の僕も、きっとこんなだったんでしょう。

そんな光景を回想しながら今、もう一度あの日の熱を包含した映像の到着を、あの
日にも優る期待を込めて待っています。

沢山の新たな愛、変わることのない愛を孕んだ、大きな卵で起きた事件映像を。

「1234567891011」

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
家に帰るまでがライブだからね…
コメントセラミックおじさん | URL | 2011-01-28-Fri 21:44 [編集]
 あの日、ライブ終了後に漂っていた多幸感…

それを馬鹿にする人もいたけど…

会場の大きさでは抱えきれないほどの幸福感は、あの日の夜空に舞っていました

 こんな凄いライブをした三人に、私は同じ時代に生きていることを感謝しました。

 これがPerfumeなんですよね
調和
コメントelectrocat | URL | 2011-01-28-Fri 21:56 [編集]
>どこか予定調和の「らしさ」を求めていたのかもしれません。

akiraさん、相変わらず哲学的ですね(^^;)

変らないPerfumeと、変ってゆく環境。
箱は大きくなり、オーディエンスの裾野はどんどん拡がってゆく。
それでもしっかり調和を図ってくる彼女達はやはり素晴らしいと思いました。
それは決して”薄まった”のではなく、”新しい調和”なのだと感じます(^^)
Re: セラミックおじさんさん
コメントakira | URL | 2011-01-31-Mon 15:21 [編集]
コメントありがとうございます♪

ワンマンライブというのはそういう情景が見られて
当たり前です。

ですが、あの日は初めてライブに足を運ばれた方々が
沢山いらっしゃいます。その方々の顔に浮かんでいた
興奮や感動、それを物語る笑顔が印象的でした。

幸せは個々の尺度によりけりで一概に言うことはできません。

ですが、あの日の笑顔の中には見紛うことのない幸せが
ありました。

僕はそのように信じています。
Re: electrocatさん
コメントakira | URL | 2011-01-31-Mon 15:31 [編集]
コメントありがとうございます♪

> 変らないPerfumeと、変ってゆく環境。
> 箱は大きくなり、オーディエンスの裾野はどんどん拡がってゆく。
> それでもしっかり調和を図ってくる彼女達はやはり素晴らしいと思いました。
> それは決して”薄まった”のではなく、”新しい調和”なのだと感じます(^^)

彼女達は選択と集中、広げたら絞るというアクションをとても
しっかりとこなしているように思えます。
今回また沢山のファンを取り込んだ彼女達は2011年もまた着実
にサイクルを回して裾野を広げていかれることでしょう。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。