アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サマソニの思い出(Perfume only)
2011-08-18-Thu  CATEGORY: perfume
さて、予告通りゆるゆるレポします。


今夏より職場が千葉に移ったために俄然行きやすくなった幕張メッセ。
地元でもあり、ちょっとそこまで、という感覚でサマソニ参戦。
サマソニ、言うに及ばず国内外のビッグスター達が一堂に会し、夜通し
行われる一大サマーパーティです。

命名権譲渡によりQVCマリンフィールドと言う名に生まれ変わったスタジアム
近くのゲートから入場。のっけから国際色豊かな客層に浮かれ気分は急上昇。

グッズ売り場を冷やかして早々にPerfumeが出演するマウンテンステージへ。

THE DOWNTOWN FICTION、THE PRETTY RECKLESS、BoAをほろ酔い気分で楽しみ、
あっという間にPerfumeの登場時間。

今回は単独での参戦の為ちゃっかりとのっちサイド最前付近を確保。

間断なく押し寄せる圧縮の波に少しやられつつ待望の時をじっくりと待ちます。

JOIN ALIVEではPSPSが聴け、RIJではSEと思いきやFAKE ITフル披露。

さぁ今回はどんなサプライズがあるんだろうと胸は高鳴るばかり。


すると両サイドにあるビジョンに「Perfume」の文字が浮かび上がり、圧縮は
一際圧力が増します。


観衆の視線がステージに集中するのを待っていたかのようにPerfumeの登場。

特大のアレイスピーカーから割れんばかりの爆音が響き、空間が裂けたかのような
轟音の中を目に鮮やかなオレンジの衣装に身を包んだ3人が会場を急転直下興奮の
坩堝に送り込みます。

満面の笑みで踊るかしゆか、あ~ちゃん。いつかのエレワ宜しく指先一つで激しく
煽るのっち。

今回もフルで披露されるFAKE IT。

少しレトロな節回しに呼応するようにしっとりと、それでいてメリハリの利いたダンス。
随所に遊び心が散りばめられた3人のパフォーマンスであっという間に会場は今しかない
時を最高に楽しむ準備が整います。

上がった熱気を逃がすことなくねぇを投下。

周りにいる国際色豊かな観衆も手招きを真似、満面の笑みでステップステップを踏む3人
に大きな歓声と声援を送ります。みるみる汗が光り出す3人、さっきまでの涼しさが嘘の
ような暑さに支配される会場。でも納得の暑さ。

続くはDEATH LISTの恐怖再び、が現実に近づくレーザービーム。

TVCMでもお馴染みの為、イントロからおおー!という歓声が上がり最前付近のモッシュは
かなりの圧力。ところどころで会場に笑顔を投げかけるかしゆか、いちいちかわいい、うん
その意味よくわかります。

凶悪に続いた前半戦終了。会場も3人も汗みずく&息絶え絶え。


丁寧なごあいさつからいつもより入念に水分補給、汗を拭ってMC。

サマーソニックはPerfumeが初めてフェスのステージに立った記念すべきフェス。オープニング
アクトにも関わらず沢山の人が見に来てくれて、マンツーマンでやるくらいの気持ちで行こうと
思っていたのに本当に嬉しかったと謝辞を述べるあ~ちゃん。

給水に向かうかしゆか、あ~ちゃんに代わりのっち。一人喋りにも磨きがかかり始めた
彼女はどんなトークを展開するのか。

のっち「暴れるぞー!!」

観衆「おー!!」

のっち「…(そそくさと後ろに戻る)」


相変わらずのクォリティに会場には柔らかい空気が流れます。


気を取り直してあ~ちゃん、「今日は懐かしい曲をやります。映画で使われている
曲です。」




…続く。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。