アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世相とPerfumeと雑想
2009-05-06-Wed  CATEGORY: perfume
Perfumeが広島限定シングル、「OMAJINAI☆ペロリ」、「彼氏募集中」を
リリースした年、2002年。
ブログ用84

 「OMAJINAI☆ペロリ」
 「彼氏募集中」(LIVE)

小泉政権下では田中真紀子外相の更迭、辻本清美議員、鈴木宗男議員
の醜聞などが相次ぐ。
UFJ銀行、みずほ・みずほコーポレート銀行などメガバンク誕生の兆しが見
え始める。経団連と日経連が統合、日本経団連が誕生。
学習指導要領が見直され、週5日制等を含む「ゆとり教育」がスタート。また
中古ゲームソフト販売は著作権に抵触せず、という判決が最高裁より下る。
日韓W杯が5月に開幕。冬季にはソルトレークシティでオリンピック開催。
2001年に開園した東京ディズニーシーが1,000万人目の来場者を迎える
一方、ユニバーサルスタジオジャパンで数々の杜撰な管理が発覚。TDR・
TDSは同年来場数3億人を突破。

この年のシングルCD売上、ミリオン突破は浜崎あゆみさんの「H」のみ。シングル
総売上は1998年の半分に落ち込む。
ヒット曲は、小田和正さん「キラキラ」、元ちとせさん「ワダツミの木」、平井堅さん
「大きな古時計」、Dragon Ashさん「LIife goes on」・「FANTASISTA」etc…。
一青窈さん「もらい泣き」でデヴュー、RIP SLYME「楽園ベイビー」でシーンに認知
を得、「TOKYO CLASSIC」はミリオンを記録。 BUMP OF CHICKENのアルバム
「jupiter」がシングル・アルバム通じて初のオリコン1位獲得。
19、FIELD OF VIEWが相次いで解散。この年のレコード大賞は浜崎あゆみさんの
「Voyage」。


他にも色々ありましたがとりあえず大まかにこんな感じ…だったんですねぇ。

ちなみにこの年の世相を表す漢字は「帰」

帰る帰らないに一喜一憂し、回帰現象が起こる中、原点に帰る大切さを実感
した「原点回帰」の年、とあります。

小泉改革が動き始め、景気はバブル前の水準に帰る。何となく熱に浮されて
いたような時期を越え、足元を意識した動きが見え始める。
それと共に集団心理に操られるように動き、塊であることが大事とされた時代
からより個人視点が重視され始める節目。

変化と回帰、一見相反するような動きを見せる世相を背景にPerfumeは音楽
デヴューを果たしました。

彼女達の目にはどんな未来が見えていたのでしょう。彼女達はのその頃が
垣間見える映像があります。

 perfume 広島時代①
 perfume 広島時代②
 perfume 広島時代③

彼女達が共通して憧れたSPEEDはこの2年前の2000年に解散し、音楽業界
は一時的に目新しさを失い、なじみの大物歌手と若干小粒だがオリジナリティ
のある新人、という構図に変化しています。
この時期は新たなヒットの可能性を求めての発掘が音楽業界の主業務であった
ように感じます。そんな中の1つに「ぱふゅ~む」も含まれていた。
ある意味良い時期だったのかもしれません。バブルに浮かされた時代では中々
地方にまで目が向かなかったでしょうし、華美に飾り立てる風潮にはあ~ちゃん
言うところの「イモっぽさ」が漂う「ぱふゅ~む」は馴染まなかった可能性は高い。

でもそこから一気に道が開けたわけではないですね。彼女達は飽くまで磨けば
光るかもしれない子達の中の1グループ。
ただ時代がもう一度、光る個性を磨く時間を与え始めたし、物の本質をいくばく
かは考慮した本物志向の走りと言える時代でのデヴュー。これが彼女達のその
後の成功を後押ししたのかなぁ、とも思えます。

まぁ、過ぎたことなんていくらでも言えますけどねw
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントホットジャム | URL | 2009-05-07-Thu 02:15 [編集]
2002年は、私にとっても、転機(転職w)となりました。

ホントそうですね。
時代に揉まれ、全てにおいて完璧に磨かれ輝きを増したからこそ
本物志向である、音楽ファンの心を掴んだし
フォロワーが出ても
彼女たちを超えることは出来ないんですよね。
コメントseventh7heaven | URL | 2009-05-07-Thu 23:55 [編集]
2002年は「あゆ」の大ファンでした。
そんな自分がPerfumeのファンになったのは、3人の完璧なパフォーマンスと某巨大音楽会社への反発からでした。
3人なら音楽業界を変える可能性を秘めているかもしれないと、当時の方は上京させたのかもしれませんね。
またおじゃまします(^-^)/
RE:ホットジャムさん
コメントakira | URL | 2009-05-09-Sat 04:20 [編集]
コメントありがとうございます☆

自分にとってはただただW杯に浮かれた年でしたw

複合要素が組み合わさってPerfumeのブレイクは
成された、というのが定説になりつつあります。
そしての中心には3人の全てを賭け、ひたすらに見え
ない明日を信じて弛まぬ努力を続けた強い結束と
ハートがあったと思います。

チャンスをつかめるのも立派な才能。時代を掴んだ
彼女達は賞賛されて然るべきです。
RE:seventh7heavenさん
コメントakira | URL | 2009-05-09-Sat 04:23 [編集]
コメントありがとうございますM(_ _)m

「あゆ」自分も好きでしたね。押しも押されもせぬ
存在になる前の彼女には何か儚さと危うさが同居
した魅力がありました。笑っていてもどこか寂しそう
で、その影に惹かれた覚えがあります。

3人の姿に未来を見たスカウトの方の先見の明に
は脱帽です♪

どうぞまたいらして下さい☆
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。