アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコニコ動画等のperfume関連動画削除に寄せて
2009-01-31-Sat  CATEGORY: perfume
今年に入ってから、一部動画サイトでperfume関連動画がかなりの数量
削除されています。

一連の事象が肖像権、著作権等の権利問題であるのは明白です。

アーティストを掘り出し、育成し、世に送り出して継続的に支援していく。

それにかかるコストはそれはそれは大きいものだと思います。

だから、その苦労の対価をできるだけ成果物として自己の内に取り
込みたい。企業として存在する限り至極当然な考えだと思います。
企業とは営利団体であり、利潤がなければ存在は難しいものです。
また、投資が即リターンに繋がりにくい、専門性の高い商品を扱う
業界ほどその対価額は高くなる。

彼ら企業が持つ権利を侵害してしまうということは、そこに所属する
アーティストが創造する有形無形の作品を私達は享受することがで
きなくなるということ。

確かに発掘したり、育成したものが生み出したものは自分たちに
帰属すると思う気持ちはわかります。映像のコンテンツ一つとって
も相応のコストがかかっているのだから無断使用は権利侵害。

ただ、そのアーティストに対するオマージュなのか、自己の損得の
為にやっているのかを全く鑑みずにすべてを消し去るという方法は
きっと彼ら自身の首を絞めることになるでしょう。

インターネットが普及して以来、権利関係の保護や適用範囲はその
爆発的な進化に全くついていっていません。
その現状を認めずに現行の法制を適用してことを進めるやり方は時
代の先進を行かねばならない彼ら企業として正しいのでしょうか。

perfumeのような事例は新しいマーケティングの一モデルのように
感じます。インターネットという今や誰もがアクセスする空間で、沢山
のファン、著名人の支援者の善意で育てあげられたアイドル。

彼女達の今の存在は決して彼ら企業のみが育てたものではない。

もし、権利を侵害したとして削除していくのなら、その削除していく
動画や楽曲に対して一定のリスペクトを持ってほしい。

営利のために行っていたわけではなく、少しでも良さを広めたいと
思っていた製作者達の心に報いてほしい。

それなしに今後も進んでいくのなら、せっかく生まれかけた新しい潮流
を業界は自分たちの手で潰すことになる気がします。

そして最後に、少しでもperfumeのマッシュアップやMADに触れ、それら
を心地よいと思った方々、どうぞ彼女達の制作物を可能な限り正規流通
の中で購入して下さい。より好きになれたらファンになって下さい。

それがperfume、所属事務所、レコード会社、在野のアーティストたちへ
我々ができる最大級の賛辞であり、リスペクトだと思います。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。