アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ~ちゃんの発言について‐後編
2009-05-12-Tue  CATEGORY: あ~ちゃん
本題に入る前に…、日曜放送のMJ貼っておきます。まだ見ていない
ものでw随分と放送が遅かったんですね。

 ⇒20090510 MJapan

さて、掲題の件について。

Rockin'onのライブレポでも取り上げられていましたね、あ~ちゃんの発言。

HPはこちらから ⇒ RO69最速ライブレポ

Perfume maniaな方々にはかなり物議を醸したあ~ちゃんの発言。
勝手な読み換えをしますが自分にはこんなふうに取れました。

アイドルアイコンとしてのあ~ちゃん、素顔の西脇綾香さんが乖離を続ける
今、今までにない道が目の前には延びている。
それは望んできたことなんだけれど、自分がイメージしていたものとは違って
いた。もっとたくさんのお客さんの前で、あ~ちゃん、のっち、かしゆかが心ゆく
までその空間を楽しんで、お客さんも楽しんで、スタッフさんも全てが幸せな
空間。忙しくても充実していて、次の日もその次の日もPerfumeとして楽しんで
行きたい、行けるという思いでやってきた。

PerfumeのLIVEは加入型。聴きに来てもらうだけのものじゃない、みんなで
「演る」もの。
例え家族の他に2人しかいなくても、必死でビラ配りして来て下さったお客さん
が3人だけでもそのお客さんに今できる最高を観てもらって好きになってもらい
たい。

そう、PerfumeはLIVEでできている。Perfumeを好きでいるお客さんと一緒に
楽しむことこそがPerfumeなんだ。

でも、圧倒的な存在感を示し、武道館という箱を熱狂の渦に巻き込んだ後に
待っていた日々は戸惑いを禁じ得ないものだった。きっとPerfumeがメジャー
シーンをありふれたスピードを超えて疾走していった頃からその葛藤はあった
ろう。
武道館を超える大きな箱・代々木第一体育館。オリンピックだって開かれた
13,000人を収容するモンスターステージ。当然入念なリハーサルが繰りかえ
される。押しも押されもせぬグループとなったPerfumeへの期待は想像を
遥かに超えるものだろう。いつでもサプライズを起こしてきたし、期待を上回る 
パフォーマンスを披露し続けてきた彼女達にとって、13,000人、2DAYSで
25,000人を動員するLIVEは未知のもの。味方だったお客さんさえプレッシャー
の一つとなり得る。コアな古参ファンもいるだろうし、ファンクラブに入って彼女
達を応援するファンも、一回観てみたいというライトユーザーもいる。それぞれ
の母数が桁違いになっている。

それに加えて長い長いプロモーションの日々。TVへのレギュラー・ゲストでの
出演。学校、リハーサル。その時々で会うお客さんはみんなPerfumeを一目
見たい、と願っている。「Perfume」の、あ~ちゃんを。
お客さんを大事にしてきたし、そういう場を持てることが幸せだってわかってる。
でも四方八方から押し寄せる注目の視線、好奇を含んだ発言や報道。そんな
ものに耐えうるには彼女はまだ若かった。

「普通の大学生をしてみたい、サークルなんかにも入って。」

「忙しい毎日、楽しいんだけど何のためにやっているんだろう。」

その後、

「いつ広島に帰されるか不安だった、解散て言われるのが怖かった。」

「わたしらからPerfumeをとったら何も残らん。だからPerfumeを見捨てんでね…。」

rockin'on的に言えばその真っ直ぐなアティテュードとなるらしい。

確かにそう。真っ直ぐ。LIVEでの姿勢そのままの真っ直ぐな発言。こんなに
心情を赤裸々に表現するのって滅多に聞けないんじゃないかと思う。今後
もそういう場所が彼女達に用意されるのだろうか。
今後もLIVEで最高のステージをきっと創れるんだろうと思うけど、今のまま、
あの輝きのままのあ~ちゃんでいられるんだろうか。
もう少しの勇気がないと叶わないことばかりの「勇気」はそういうものを脱いで、
お客さんと離れていくばかりの距離を甘んじて受け入れる勇気なのだろうか。

きっと違う。

あ~ちゃんのこの発言はもしかしたらという思いを踏み越えて出てきたもの。
距離が平行線にならないための意志表示だと思う。

商業ベースにもしっかり乗った。もうドームツアーだってできる。どんな箱だって
思い通りに埋められる動員力がある。

でも、彼女は変わらないだろうと思う。今の葛藤をアジャストして、その上で
また我々にあの熱いLIVEを、最高の笑顔を見せてくれる。そしてきっとまた
歌ってくれるんだろうと思う。

君達だけは他と何かが違う不思議な存在なんだよ。

あの日止まった時計が また動き始めたら 幸せな物語 永遠だよ

wonder2

ブログ用44

ああ、まとまんない。

でも自分はmania。彼女達があの変わらない笑顔を浮かべ続けられれば嬉しい。それが
観られなくなったら悲しい。その笑顔を生み出す力があのLIVEを創りだす力。

その為に我々にできること、沢山あると思う。


スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。