アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Perfume関連随想
2009-05-24-Sun  CATEGORY: perfume
週末はお仕事とお付き合いで色々番組を見逃しております。
ブランチ、シャンデリアハウス、CDTV。ブランチは動画が見つからず…。

取り敢えずまとめてリンクをはりはりw

 ⇒ シャンデリアハウス第7話 ⇒ CDTV 2009・5・23 

そもそもがPerfumeを何がしかの方法で応援したいわ~、と思って始めた
ブログですが、まぁまぁ始めたときから既に個人の応援など必要とはしな
いブレイクっぷり。ほぼ、Perfumeについて何かしゃべりたい!というだけ
の場に。

色々思うわけです。

その思うについて他の方々が披露されているブログの内容から刺激を受
けることが往々にして多い。
そういう集合知を活用して何かを考えたり、ヒントを得たり。自分には無い
バックグラウンドを持っていらっしゃたり、視点をお持ちだったり。そういう
ものを読むだけでも楽しいし、自分なりに答えを考えたりするのも楽しい。

例えば、リップシンクについて、ブロともになって下さったluvzawaさんが
書かれていた内容、昨日も書きましたがとても興味深い。

それ自体は恐らくいろんな方々が論題に挙げたことがある内容。良い悪い
ではないところで何かが「ひっかかる」、この感覚って素敵です。内容は是
非、リンクから「ざわざわ、love the world」へ飛んでいただきたく。

自分も以前書いたことがありますが、もう一度考えてみたい。

LIVEの醍醐味はその場にいる演者と観客が即興で作りだす空間。そこには
不確定なもの、その場ならではの違い、揺らぎがあると思う。
また、CDで聴いていたのとは別の感覚、初出の時とは時を重ねて変質した
ものとの出会い。
Perfumeの場合、別に声がそうなだけで、LIVEでは現在の彼女達が精一杯
を見せてくれる。それで充分。てか満足。

でも、LIVE感いっぱいの空間で3人を表すものの一つ、「声」だけがあの日、
あの場所で凍りついている。
20歳の彼女達、どの曲をとってもアップデートされた魅力がある。代々木
で観た「SEVENTH HEAVEN」、その前は映像でしか観てないけれど、すごく
変化したと思った。間奏時に3人がお互いを見合ってミラーボールを見上げる
瞬間、積み重ねられた絆を感じたし、そのダンスもあの時とは違う色彩が
あったと思う。どっちが良いではなく、別物だったという思い。

再録をする、LIVE用に通しのリハでLIVE用の歌を録る、なんていう解決策も
あるし、実践もされている。でもやっぱりリアルタイムじゃない。そこには時間
的ズレがある。
のっちはLIVEで覚醒する、と言っていた。それは確か。LIVEでののっちは本当
にかっこいい。あ~ちゃんもかしゆかも普段目にするよりずっとずっと素晴らしい。
だからかも知れないがその空間で、その時の彼女達しか出せないもの、あるの
かなって思う。
LIVEで3人はどんな場面でもしっかりと「歌って」いる。あの「edge」で画面に
向かっている時でも歌うことはやめていない。そこに歌うことへの思いを感じ
ている。

他の場所でPerfumeはArtだと表現したことがある。あ~ちゃん、のっち、かしゆか、
中田さん、MIKIKO先生、関さん、PerfumeチームのみなさんがPerfume工房で制作
する未完の芸術。「Perfume」は未完であっても楽曲はその時に完成されたもので、
そうあり続けることが正しいのか。そこで通りかかる人達に様々な印象を投げ掛ける
けれども、その時、そこに凝集された質量は変えようもない。
それを変わらずに表現する方法、更にアップデートした魅力をパフォーマンスで添加
できるのが今のスタイルなのか、と思う。



スポンサーサイト
トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントluvzawa | URL | 2009-05-25-Mon 22:19 [編集]
>PerfumeはArt
果てしなく制作が続いていく。だから、誰も、果てが知れない。
そうとう前衛的作品ですね。

ヴェネチアビエンナーレの日本館にでも出しちゃえ。
RE:luvzawaさん
コメントakira | URL | 2009-05-25-Mon 23:21 [編集]
コメントありがとうございますm(_ _)m

イメージしたのはルーベンスやファンダイクのようなバロック
時代の画家たち。一個の強烈な個性にさりげなく主張
をする工房の弟子たち。サグラダファミリアのように完成せ
ずともその美は観る者を圧倒する。

ビエンナーレ、どれで出ちゃおう?音楽?舞踊?それとも
「edge」で演劇部門??
コメントホットジャム | URL | 2009-05-26-Tue 01:46 [編集]
自分もそうでした、何か自分にも出来ないかと?
結果、駄文を書き連ねるだけでしたがw

以前、リップシンクについて書き散らしたのを思い出しました^^
(私は、)
17歳の時の声だろうが、さっき録られた声だろうが
二つと無い、今のPerfumeを感じれたら
そんな事は、どうでもイイと^^・・・。
RE:ホットジャムさん
コメントakira | URL | 2009-05-26-Tue 02:05 [編集]
いつもコメントありがとうございます♪

もう仰る通りだと思います。それでいい、それで
満足です。それもまた唯一無二。

何でしょうね、こねくり回してみたいのです。最高
のグループ「Perfume」でいろいろ想ってみたい。
だから「ひっかかる」んです。何かに。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。