アイコンとして稀有な存在・Perfumeを応援する日々の記録
cheer for perfume
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
打ち上げ公演「海パーン!!!」@宜野湾海浜公園屋外劇場・後編①
2012-05-31-Thu  CATEGORY: perfume
立て続けに5曲。遠き海に日は落ちて、いよいよ夏は夜その時に近づく。

MCを挟んでいる間に少しずつスモークが噴出されている。屋外でレーザー
を飛ばすなら少し多めがちょうど良い。

本公演中はThe Openingから一気呵成の流れ、空間に充満するレーザービーム
に酔いしれた。屋外のレーザービーム、レーザーに隠れた3人の眼差しが心を
突き刺してくるようだ。
私が初めてPerfumeのライブに足を運んだ時からすでにライブは大仕掛けだった。
しかしそれ以前は今日のように、彼女達が彼女達だけの姿で躍動していたのだろ
う。彼女達との距離が近いこともあり、より一層感じるものがあった。

多分インターバルは無かったように思う。

彼女達を知ることになった曲。因みに発売日は愛車のナンバーにした。

「前向きな気持ちは巡り、巡らす!」

何とも彼女らしい言葉で本公演中は歌い出していた。その言葉通り充分に巡った
のだろう。彼女は一言だけしか言わなかった。

「飛ぶよ!」

ツアーも中盤から客席を見ることが多くなった。特にこの曲では会場を見ている
ことが多い。Perfumeを見て、踊って笑ってするファンの幸せそうな顔がとにか
く嬉しい。今日も会場中に笑顔が咲いている。彼女達に大きなチャンスを与えて
くれた曲、私に彼女達を教えてくれた曲。素直に沁みた。

客席全体から拍手が嵐のように沸き起こる中、最早定番4つ打ちのリズム。

P.T.A.のコーナー。

声出し、歯磨き、夏色のナンシーから広島?以来のBody&Soul、survival dAnce
→ultra soul。


そして更に声を出させて煽った末のこの一言。


「踊れ!! FAKE IT!!!」

体は条件反射で動き出す。明滅するバックライトに照らし出された3人の表情は
恍惚とした中に怜悧な色を帯び、美しい。
回数を重ねれば重ねるほどに放出する熱量が増してくるように、観客の熱狂を燃料
にして輝きを増す3人。熱気に酔いしれるのっち、辺りを払うように睥睨するかし
ゆか、もっともっとと煽るあ~ちゃん。

追加公演までその勢いは減じることなく、ただただ増していった。

狂乱から覚める暇なくエレクトロワールド。

それもSingle Ver.

彼女達にもかなりの負荷がかかるデス・リストを作ってきたようだ。イントロ
無しで踊り続ける彼女達に会場からは怒号のような声が掛けられ、力んだ拳が
何度も空を突き上げた。
あっという間に汗が噴出してくるがそれは彼女達も同じこと。汗が光り、髪が
乱れ、少し息も上がっているがその下では何とも良い表情が浮かぶ。彼女達の
表情はきっと観客を映しているのだろう。

会場は見渡す限り、同じ表情が並んでいる。


そしてP.T.A.のコーナーで練習した親指、人差し指と中指を立てて前へ出す
ポーズ。

ついにその曲がやってきた。

⊿ツアー以来のお目見え。PSPSといい、このセラミックガールといい、観客の
動きが見える選曲をしているようだ。久しぶりの披露にも関わらず観客のシンクロ
率が異常に高い。初Perfume、初ライブの方も結構いらした気がするが是非楽しん
でもらいたい。この異常ともいえるシンクロ率を作り出すのが彼女達なのだ。

恐らくラストへ向かって一気に進むのだろう。

チョコレイト・ディスコ、この曲が来るとラストも間近かな、と思うのはもう条件反射。
またステージサイドの高台に登っては観客を煽りに煽る3人。

「もっと声をちょうだい!!」

楽しそうに笑いながらコールを要求するあ~ちゃん。彼女の笑顔を見ていると何だか
全てを受容してもいいような気持ちになってくる。こんな表情を彼女にさせられる観客
の皆さんは素晴らしい。彼女達に向けて、観客全体に向けてコールは盛大に鳴り響き、
ダンスフロアは揺れに揺れ、胸一杯に幸せが充満する。



気が付けば三日月が中天に上がり、空はすっかり晴れ渡っている。

トラックバック1 コメント2
打ち上げ公演「海パーン!!!」@宜野湾海浜公園屋外劇場・中編②
2012-05-30-Wed  CATEGORY: perfume
滑り出し最高の4曲を終え、光る汗を拭いながらのっちがMCの口火を切る。
今日も安定の噛み具合、うみぶぼうって何だろう。

TVサイズでは納まり切らないのっちの魅力はライブ会場で満開となる。

こどものような無邪気さで声を出し、ケタケタと笑い、時にドキッとする
ほど艶かしい。本当の君を知りたいならライブ会場に足を運ぶべきだろう。

のっちが安定の噛み様状態で顕現している間、かしゆかは後方でほつれた
髪の毛を梳かしている。かしゆか派はのっちの話もそこそこにかしゆかの
後ろ姿を追っている。

袖に降りていたあ~ちゃんも戻り、打ち上げ公演タイトル「海パーン!!!」
を高らかに唱和。

飢餓感すら漂う観客にとって呼吸を合わせるなど造作もないこと。一挙一動
狂いのない同調を見せて3人を喜ばせる。

今日結婚記念日を迎えたというファンとの話の流れからなめらかな歌声で
「バタフライ」、「Can You Celebrate?」を歌うあ~ちゃん。
きっと上記2曲程は浸透しないだろうが、時の針はそんなシーンに相応しい
曲であろう。

そうこうする内にライブは進行する。

鮮やかな桃色の靴裏、優美なデザインのヒールをコツコツと鳴らしながら
弾む心と楽しげな情景を描き出すHave a Stroll。

ステージを真横に見る自分の目に飛び込んでくる3人の可愛らしいライン
ダンス。後方からの照明を受けて眩しいことこの上もない。

楽しげな漫ろ歩きの一幕を終え、次曲のイントロが流れた瞬間の嘆息。

親指と小指を立てた手が一斉に空を突いた。

これはまさしく彼女達の為の曲。ただでさえ感傷を呼ぶ夕暮れ時にこの曲
を持ってくるとは何とも心憎い。

パーフェクトスター・パーフェクトスタイル。

宜野湾海浜公園を渡る涼やかな潮風に乗ったメロディはきっと様々な感傷を
持ってそれぞれの胸に響いたろう。

「こんなに昔の曲なのに…。」

あ~ちゃんは言った。

リリースされてから6年の歳月が流れている。

Complete Best。この曲が収録されたアルバムは初めてにしてベスト盤。

埋もれてしまう可能性すらあった当時の彼女達に中田氏が贈った
最大のオマージュと言われるこの曲はどうにも心を切なくさせる。

また少しステージが滲んだ。

恐らくかなりのファンが感傷を胸に浸っているところへ新曲を続ける
なんて上手なリストを考えたもの。


カンロ・PureグミのCM曲である「コミュニケーション」。

グミの不可思議な歯触り、お菓子の持つ馥郁たる香りを連想させる曲は
その印象に比して運動量のあるダンス。随所に可愛らしさを添加する
Perfume、そのダンスの真骨頂を魅せる。

感傷を洗い流し、しっかりとチェンジオブペースが完了。

日中の暑さが未だ残る会場にステージからそよ風が送られる。声を合わせ
挙動を合わせ、点と点を繋いでいく。彼女達の魅力の一つ、それは間違い
なく「声」なんだと思わせる一曲。VOICEはそれを再認識させてくれる。

日は暮れかけ、夜は帳を下ろしかける時分。

そこへ響き渡る劇的と表現して差し支えないイントロ。

3人の動きが連鎖するように流れ、タメと揺らぎが随所に見えるこの曲は
ぼーっと見とれてしまう程に美しい。和楽器の音色が作り出す軽妙なリズム
に辺りを払うかのような強い眼差しはピリリと辛いスパイス。

一振りで会場は静まり返る。

トラックバック1 コメント0
打ち上げ公演「海パーン!!!」@宜野湾海浜公園屋外劇場・中編
2012-05-29-Tue  CATEGORY: perfume
声援が消えては起き、指笛が独特のリズムを奏で、待ちきれないファン達が
席を立って手拍子を送り出す。

やがてそれが会場中に充満し始める頃、場内に注意事項を伝えるアナウンスが
入る。皆声を揃えて確認し、アナウンス終了と共に万雷の拍手はその最大音量
をステージに放つ。

半円形のステージには3本のマイク、水、タオル。3台の昇降台と小机。

今日もステージにはそれしかない。

ドームすらSold out にする3人。それでもステージはやはり3人には広い。

今日はこのステージをどうやって使うのか。

そんな取りとめもないことを考えていると前方のファンから歓声が聞こえる。
どうやら袖に3人が待機しているようだ。

あと少し。


と、思った刹那、会場に響き渡る高らかなイントロ。

次いで左右に吊られたアレイスピーカーから地響きのような轟音。

瞬間体を揺さぶられて眩んだ目に飛び込む鮮やかな3人。

会場に満面の笑顔を向け、すぐに静謐へ戻る。

ステージに差した残照は3人の輝く笑顔をキラキラと照らし出す。
祈るような姿から一転、一糸乱れぬ精妙なステップ。

あ~ちゃん、少し泣いている。

かしゆか、柔らかい笑顔だ。

のっち、満足そうに頬を緩めた。

三者三様のGLITTERは獰猛に会場を揺らし続ける。

憑かれたように踊り狂う会場、通常・追加公演中はずっとライブの要を勤めた
曲が一曲目。息が続くのだろうかという心配を他所に、3人の環は光を今日は
覆いのない空へと送り出していく。

鳴り響く拍手。溢れる歓喜の奔流を爽やかな笑顔で受け流す3人。
その表情はまだまだこれからと言わんばかりに輝いている。


ツアー中に発表された新曲。それは今の彼女達を象徴し、弾むような
イントロから流麗なメロディを奏でる。

音と歌詞をモチーフに魅せる彼女達の春は、シンプルなステージにこれ
以上ない彩を広げていく。笑顔は更に冴え渡るようだ。

たった2曲で会場中の意識を集めきった3人は更にギアを上げていく。

ねぇ、今日はどこに行こうかな。

まだ少し堅さを残す部分を開放するように軽やかに、ピンヒールの
ステップは心を外側へ誘い出す。

そして投下されるワンルームディスコ。

少しずつ夕暮れの迫る空へ、高らかに響くあ~ちゃんの絶叫。

体の隅々まで送られた熱狂はその温度に等しい声量で呼応する。

掴みの4曲、一段飛ばしのような選曲に早くも汗ばむ体を、心地よい
潮風が薙いでいく。

そんな最高の空気の中、いつも通りの深い深いお辞儀。今日はもう
既に感極まっているような様子の3人。笑顔の中にも万感の想いが
見え隠れしている。

それはこちらも同じこと。何度となく見上げた空が少し滲んでいた。

トラックバック1 コメント0
打ち上げ公演「海パーン!!!」@宜野湾海浜公園屋外劇場・前編
2012-05-29-Tue  CATEGORY: perfume
KIRINチューハイ氷結Presents Perfume 3rd Tour JPN 、ついに
表題の打ち上げ公演をもって全公演を終了しました。

2010年:うたの日コンサート、2011年:ONE OK LOCK 対バンツアー、
そしてついに沖縄での初野外ワンマン。


今回もそれはそれは素晴らしいステージが展開されました。

以下はJPN Tourを縦断し、沖縄で打ち上がった男の独り言です。



今年で3年目の沖縄。学生時代に何度となく挑戦し、台風に弾き返されて
来た念願の土地。

そこにはいつも抱きすくめられるような空気と、音楽が充満している。

南国特有の人懐っこさと気安さ、表面からは窺い知れない深遠な感情。
そんなものを内包するこの土地、兎角Perfumeとの相性は抜群。


2年前は娘のように愛でられ、昨年は同士としてお互いを鼓舞し合い、今年は
3人だけでステージに立つ。

溢れる期待を胸に今年もやってきた。

毎年梅雨の開け切らぬ季節柄、肌にまとわりつくような大気に迎えられるの
だが今年は暑さも爽やかな素晴らしい気候。

昼下がりからの雨も上がり、会場からほど近いビーチは東シナ海に暮れかけの
夕日で徐々に赤く染め上げられていく。

そんな絶妙の時間に合わせた会場時刻。

様々な想いを胸に集まったファン達。

近く、遠く、その発地こそまちまちだが皆一様に笑顔を携えてやってくる。
どこかに寂しさを添加させた顔もちらほらと見えるがそれもまたライブの
スパイスとなるのだろう。

発散される期待感は同じかそれ以上に見受けられる。

彼女達のファン全体からすればほんの一握り、その幸せな人の波は整然と
会場へ向かう。


語らう声、滾る声援、全てを包む笑い声。

開演までのこのひと時もまた愛しい時間、それを満喫する人達の柔らかな空気は、
それでも少しずつ近づくその時を感じて熱量を増していく。

終わりの始まり。


そして新たな始まりへの扉。


全てが見えるまで、あとわずか。





トラックバック1 コメント0
今更ですがツアー通常日程終了!
2012-04-28-Sat  CATEGORY: perfume
備忘録も兼ねて始めたはずのブログに蜘蛛の巣が張っております。

今年に入ってから怒涛のような毎日でした。

というのも今年は持てる力の全てを使ってPerfumeのライブツアー

「KIRIN氷結Presents Perfume 3rd tour JPN」

に参加していたからです。


1月14日(土)、神戸ワールド記念ホールを皮切りにスタートした今ツアーは
先週4月21日(土)真駒内アイスアリーナ公演をもって11都市17公演を数えた
通常日程が終了しております。

2年半前に行われた2nd Tourの時よりは若干多く、日程は少し緩やかに
組んだせいか、各地の風土を楽しみながらツアーを満喫することができま
した。

前回のツアーから2年半、それまではTVの公開収録、フェス、そして10周年
の祝祭・東京ドームとライブを体感することはできていました。

ただツアーというのはやはり別格です。

一発勝負のライブには独特の緊張感があり、お互いがお互いを逃したくない
思いがあるからか大変濃密に、そしてちょこっと空回りするくらいの熱さが
存在します。

対してツアーはと言えば、基本的には同じ内容です。傍から見れば、「同じ
ライブ」だと思います。そこは間違いありません。場所こそ違え、大抵はセット
リストも変わらないです。
けれど、例えばツアー初日に上述した一発勝負のライブのような緊張感を楽しみ、
以降回を追うにつれて完成度が増し一体感が増し、会場が一つの有機物のように
なっていく様というのはツアーでしかお目にかかれません。

これはとても大きな差異です。

当然演者であるPerfumeとチームの皆さんは同じライブを同じようにこなして
いくことは出来ないし、そんな気もまたないでしょう。
事実2回公演の1回目と2回目では例えば音響、ステージングのバランス、トーク
の尺などは確実に違う。これは必ず「良く」なります。
人によって意見は変わるでしょうが同公演でも一回だけでなく二回、更に別の
公演地を踏まえて見るとそれは着実に改善されています。

そしてそれは見る(する)側にしても同じです。

驚きと共に体験したライブを消化し、次にはもっと楽しむ工夫をするし、もっと
楽しんでもらえるような工夫をします。

お互いが楽しみたい!という思いを共有できた時、そのライブがもたらす充実感
は最高潮に達すると思います。


2年半前に熱に浮かされたような状態で駆け抜けたツアーは私にとって色んな意味で
初の体験を含んでいました。五感の全てに新鮮な感覚が記憶されています。

それを踏まえての今ツアー、今できる全力で楽しめたと思っています。



そんなツアーが進む中で沢山の発表がありました。


レコード会社の移籍、ニューシングルの発表、世界へ開かれた扉。


その一つ一つを私は好意的に受け取っています。


ライブを体感しながら今が最高潮、まさに人生の春、という思いがありました。

終演を迎えた後も去りがたく、いつまでもこの余韻に浸っていたいと思いました。
今も思っています。

けれどそれ以上に遥か先を目指して進む彼女達を見たい。

今を一瞬で過去に置き去りにしてしまうくらいの速度で進む彼女達の、その一瞬一瞬
をできる限り記憶のページに留めておきたい。

だからこそ、これからも彼女達を応援したいと思う次第です。

沢山の会場、沢山のファン、沢山の思い出と感激と感謝。

それはそれぞれの胸に確かに綴じられ、そのページを捲る度に笑顔を運んでくれる
でしょう。

とても素敵な体験ができました。


そんな体験をくれた彼女達に、彼女達がいつも示してくれるものと同じ、深い感謝を
私も贈りたいと思います。


Team Perfume、本当にありがとう。




そしてまだ、その衝撃を知らない方々へ。

「J」oin 「P」erfume 「N」ation !!

トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 cheer for perfume. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。